今すぐ-1.5キロ!?着やせテクで夏をおしゃれに乗り切るコーデ術

ダイエットは頑張っているけど、ここぞというとき「さらに-1.5キロ」できたらうれしいですよね。じつはコーデを工夫すれば、あっという間に-1.5キロの痩せスタイルになれちゃうんです!着やせコーデには幾つかの約束事があるので、それを踏まえて、猛暑でもさわやかに細く長く見せてくれるアイテムをご紹介します。
pbook 2016.07.20

ポイント1:ストライプのパンツで着やせ効果

縦ラインを強調すると簡単に着やせコーデになります。縦ラインを視覚に訴えるストライプ柄で、細く長くを実現しましょう。

着やせ

出典元:WEAR

ワイドパンツが流行りだけど、太く見えないか心配、という方にはストライプ柄がおすすめです。黒のストライプが太めではっきりしているので、着やせ効果も抜群です。夏アイテムのノースリーブと合わせて縦ラインを強調しましょう。腕時計で手首にアクセントを置くのを忘れずに。

着やせ

出典元:WEAR

腕の太さが気になる方は、袖の長さで細身シルエットを叶えましょう。ヒジのあたりは細くなっているので、肘上サイズの袖にするか、手首がしっかり見えるくらいの七分袖を選ぶのがポイントです。スキッパーのシャツをラフに着ることで、首周りをすっきりキレイに見せてくれます。

着やせ

出典元:WEAR

ネイビーは黒に並んで着やせカラーの一つです。トップスはノースリーブで縦ラインを強調し、パンツはクロップド丈で足首をキレイに見せていて、着やせのお手本のようなコーデです。足元はヌーディーなベージュのサンダルを選ぶことで、肌なじみがよく、足が長く見えます。

着やせ

出典元:WEAR

アンクル丈のパンツは足首を細く見せてくれます。細く薄いストライプにすると主張せず、こっそり着やせしたいときに便利です。襟の詰まったトップスの時はロングネックレスで縦ラインを強調しましょう。色は全体に薄めで夏らしいコーデに。

ポイント2:センタープレスで着やせ効果

センタープレスパンツとはパンツの中央にアイロンをかけて、折り目をつけたもののことをいいます。きちんと感がでますし、折り目が縦長効果を発揮してくれます。

着やせ

出典元:WEAR

夏に着たいフェミニンな白のふんわりブラウスですが、白は膨張色なので太って見えそう。でも、パンツをアンクル丈のセンタープレスにすることですっきりとコーデすることができます。腰の高い位置でリボンを結ぶことでウエストマークでき、脚長効果も。

着やせ

出典元:WEAR

白のブラウスもノースリーブなら縦長ラインを狙えます。カーキは引き締めカラーなので、カーキのセンタープレスをチョイスして、細身シルエットを実現しましょう。アクセントの黒を、ハットとサンダルのストラップに入れてコントラストをだし、引き締まった印象に。

着やせ

出典元:WEAR

美脚パンツもセンタープレスなら、更に着やせ効果抜群。ベージュで合わせたパンプスで脚長シルエットもプラスの美人スタイルです。ネイビーのトップスはVネックにすることで、首周りに抜け感がでて、垢抜けた印象になっています。

着やせ

出典元:WEAR

白のトップスは絶対無理!って思っているかたは、Vネックとのレイヤードですっきり着やせコーデに。ふんわり感がでないように、素材は重めのコットンニットにするのがポイント。グレーのセンタープレスはきちんと感を出してくれるので、オフィススタイルにもバッチリです。

ポイント3:ロングシャツで着やせ効果

濃い色のロングシャツを羽織ると、体型が隠せるほか、中央に縦ラインができるので、着やせ効果があります。

着やせ

出典元:WEAR


※画像情報※

出典元:WEAR


インディゴはトレンドカラーでもあり、ブルーは引き締める色なので、夏の着やせコーデにぜひ取り入れたいですね。Tシャツはタックインしてハイウェストにすると脚長効果もあります。デニムはロールアップして足首をだし、抜け感をプラスしましょう。太めのバンクルは手首に視線を集中させるので、腕を細く見せてくれます。

着やせ

出典元:WEARt

モノトーンのチェックシャツをスタイリッシュに着こなしたカジュアルスタイル。濃い色のロングシャツと白いTシャツとのコントラストで上半身を細くタイトに見えます。しっかりとベルトでウエストマークして、ハイウェストを印象づけます。スキニーなカーキのパンツも引き締め効果抜群です。

着やせ

出典元:WEAR

ネイビーのノースリーブチェックシャツを、マニッシュに着こなしています。一番太く見えがちなお尻や太もものサイド部分をうまく隠せていて、尚且つ丈がそれほど長くないので、身長が低い方にも真似しやすいスタイルです。

ポイント4:ベルトでウエストマークして着やせ効果

しっかりとベルトをすることで、コーデのアクセントにもなりますし、腰を高い位置に印象づけることができ、脚長効果もあります。また、ウエストのくびれは女性らしさをアピールするポイントにもなります。

着やせ

出典元:WEAR

ネイビーのノースリーブは着やせアイテムですが、夏は印象が重くなりがち。そこで、アクセントになるベルトをプラスして、キュートさをプラスしましょう。ウエストマークすることで、くびれも強調できます。

着やせ

出典元:WEAR

ネイビーに赤の細ベルトは相性抜群です。スカーフをプラスして縦長効果を活かしましょう。パンツはコントラストを付けるために白のクロップド丈で。

この記事のキーワード

関連記事