名古屋の定番土産はコレ!絶対買っちゃう昔からある人気のお土産10選

名古屋は独自の個性的な食文化のある街で知られていますが、そんな名古屋でも定番といわれるお土産が沢山存在しています。新しいものもいいけれど、昔からある歴史と伝統のつまった定番人気のお土産は実は・・・。お土産にしたら絶対に喜ばれ、自分用にもつい買っちゃう選りすぐりの人気お土産10選をご紹介します。
pbook 2017.05.01

名古屋deお土産はコレ

 

名古屋でのお土産は定番の品々に加え、新しく、珍しいものがどんどん増えています。どれにしようか迷ってしまうお土産ですが、ルーツをたどると全て老舗に帰っていくような気がしませんか?

そんな名古屋の歴史深い老舗に守り続けられてきた味から、発想を変えてきた品々まで選りすぐりの人気お土産10選をご紹介します。

 

1.ナカモ「つけてみそかけてみそ」|味噌ダレが家庭で食べれるお手軽万能アイテム

 

日本の伝統の味を守りながら、常に新たな可能性に挑戦することを理念とするナカモ。1830年(天保元年)から180余年、麹屋から味噌を作りだした長い歴史があります。

大ヒット商品の「つけてみそかけてみそ」は、どんなものにかけても名古屋の味に替えられる万能アイテムです。じっくり寝かせたコクのある赤だしをベースに、上品な甘さに仕上げた調理みそです。

 

 

味噌カツ、みそ田楽、焼きナス、お好み焼き、名古屋人の食卓には絶対にかかせない名古屋の万能調味料で人気のお土産品です。

スーパーやコンビニで手軽に300円前後から購入できるのも魅力のひとつではないでしょうか。名古屋の伝統の味を是非ご賞味ください。

 

◆ほかのナカモ人気商品はコレ

つけてみそかけてみそPuremium

 

従来の「つけてみそかけてみそ」と比べて、減塩20%で九重本みりんを使用、化学調味料を使わず金胡麻使用の甘みを落とした大人の味に仕上がっています。

かけるだけでなく、炒め物料理などの味付けにも使いやすい商品です。ほか、マイルドやゆず味もあります。
【会社情報】
・住所:清州市西枇杷島町十軒裏3番地
・TEL:052-501-62111
・HP:ナカモ

 

2.大和屋守口漬総本家「守口漬」|なが~い守口大根を使った魅惑の粕漬

 

大和屋のロゴにもなっている木曽川湖畔で収穫された守口大根で独自に練り合わせた極上の粕に漬けこまれている「守口漬」。手間と時間をかけて熟成された名古屋の味です。

 

 

上品な粕の芳醇な香りとカリカリとした歯ごたえが特徴の「守口漬」。琥珀色の仕上がりになるまで店頭に並ばず、完成までに3年かかるこだわりの漬物です。

そのまま食べても、みじん切りにして炊きたてのご飯と一緒に食べたり、お茶漬けやおにぎり、チーズとあえるのも人気の食べ方です。

 

◆ほかの大和屋守口漬総本家人気商品はコレ

チーズ味噌粕漬

 

クリームチーズと大和屋特製の味醂粕・酒粕・信州みそをブレンドして漬けられています。ワインやお酒にピッタリのあてとしても大人気です。

ほか、「チーズ味醂粕漬」、「きざみ守口漬」や「守口漬生ふりかけ」も食べきりサイズでお手軽なのでとても人気があります。

 

 

【会社情報】
・住所:名古屋市中区栄3丁目15番1号
・TEL:052-251-0431
・HP:大和屋守口漬総本家

 

3. 千寿「天むす」| 誰もが病みつきになるさっぱり上品な味

 

今では名古屋名物のひとつ「天むす」。千寿の「天むす」は、さっぱりとしたいい塩梅の塩加減と海老天の配分がちょうどよく、また添え物の濃い味のきゃらぶきが上品な「天むす」に良く合っています。

つまんで食べられる一口サイズの気軽さも人気で、お土産としても、道中のお弁当としても大変親しまれている人気の高いおむすびで、食べだしたらとまらなくなります。

 

 

初代が忙しい夫に栄養をとらせようと車エビの天ぷらを握って食べさせたことから発祥した「天むす」。これを名物に育てると言う決意からあえて濁点をとり、「めいふつ」と名付けられました。

そんな千寿の「天むす」はこの地方でしか手に入りません。名古屋ではエスカ・近鉄駅構内などでも手軽に購入できるのは嬉しいかぎりですね。

【店舗情報】
・住所:名古屋市中村区名駅1-2-2 近鉄パッセB1F
・TEL:052-561-7426
・営業時間:10:00-20:30
・定休日:不定休(近鉄に準ずる)

この記事のキーワード

関連記事