この夏はちょい派手がキーワード♪さりげなく華やかな大人の夏コーデ

梅雨があければもう夏本番。夏コーデの準備はもう終わりましたか?自然とシンプルな着こなしが増える夏は、コーデがマンネリしがち。そんなときは「ちょい派手アイテム」を投入して、さりげなく華やかな着こなしを楽しんでみて♪今回はそんな、シンプル一辺倒にならない、夏コーデのマンネリを打破できる大人のちょい派手コーデをご紹介します。

ちょっぴり派手なアイテムで夏コーデを華やかに

夏本番に向けて、段々とシンプルな装いが多くなるこの時期。
毎日シンプルな着こなしばかりでは、さすがに飽きが出てきてしまいますよね。

そんなときは、ちょっぴり派手なカラーや柄アイテムを取り入れるのがおすすめ!普段見慣れたアイテムも、派手アイテムを合わせるだけで、ぐっと新鮮な着こなしに格上げできます。

そこで今回は、大人女子のコーデマンネリにおすすめのちょい派手コーデをご紹介します♪

お日様カラーでシンプルを格上げ

スカートはマキシ丈でリラクシーに

カラースカート

出典元:Pinterest

夏にカラーアイテムを取り入れるなら、コーデがぱっと明るくなり、ちょい派手が叶う「赤」や「オレンジ」などの鮮やかなお日様カラーがおすすめ。

初めては似合う似合わないを左右しにくいボトムスで。
ロングスカートなら、Tシャツに合わせるだけで夏らしい、リラクシーコーデが完成します。

合わせるTシャツはオレンジスカートを引き立てる、黒が正解。全体的にインパクトが強い分、肌馴染みの良いベージュ系小物で、中和させて柔らかな着こなしに。

トップスはノースリーブですっきりと

カラーニットコーデ

出典元:Pinterest

トップスで取り入れる場合は、素肌感が出てヘルシーに着こなせるノースリーブをチョイス。

首が詰まったデザインなら洗練された印象で、垢抜けたシンプルコーデが叶います。こなれた印象を味方にできるニット素材だとさらにGood!

赤は一歩間違うと幼い印象になってしまうので、デニムの場合は落ち着いたダークカラーやノンウォッシュの1本を合わせるのがおすすめです。

リゾートライクな柄ボトムスで華やかに

アースカラーで柄スカートを引き立てて

柄スカートコーデ

出典元:Pinterest

お日様カラー同様、取り入れるだけで簡単に「ちょい派手」が叶う、柄ボトムス。夏本番に向けて投入するなら、シーズンムード溢れるリゾートライクなパターンが正解!

白ベースで柄自体が華やかな場合は、肌馴染みの良いアースカラーのトップスで大人の落ち着いたムードを演出。昨年からトレンドが続くテラコッタなら、絶妙なこなれ感を味方にできます。

柄パンツはカラートップスで華やかに

柄パンツコーデ

出典元:Pinterest

逆にダークカラーがベースの柄ボトムスの場合は、柄デザインを引き立てつつ、華やかさをプラスできるカラートップスを合わせて。

Vネックのシルエットを選べば、ゆるっとしたワイドパンツもすっきりと洗練された着こなしに。コーデの印象がしつこくなりすぎないよう、白小物で抜け感を演出するのがおすすめです。

メタリックな素材でラグジュアリーに

オーロラプリーツスカートで女性らしく

メタリックスカート

出典元:Pinterest

シンプルな着こなしが多くなる夏こそ、普段はトライしにくいアイテムにトライできるチャンス。

ゴールドなメタリックカラーを着るアイテムで投入することで、ラグジュアリーな大人の着こなしを演出できます。

初めてトライするなら女性らしく着こなせるプリーツスカートで。
オーロラ加工の1枚を選べば、動くたびに繊細な煌めきで、表情溢れるコーデに。

ブラウンやキャメルなど、落ち着いたカラーでゴールドを引き立てると絶妙なバランスが完成します。

スカートはマキシ丈でリラクシーに

メタリックトップス

出典元:Pinterest

トップスで取り入れる場合は、断然ニットアイテムがおすすめ。
繊細にラメを織り込んだ1枚なら、やりすぎ感のない煌めきで、大人女子も抵抗感なくトライできます。

トップス以外を全て黒で揃えれば、ラグジュアリーな大人カジュアルに。
バブリー感が出ないようパンツにハットをプラスして、ハンサムな着こなしに仕上げるのがポイントです。

カテゴリー