滋賀のカフェならココ!日常をリセットできる自然派カフェ10選 | PALETTE 私を彩る
公開日:2019年8月2日 / 

滋賀のカフェならココ!日常をリセットできる自然派カフェ10選

琵琶湖や比叡山、伊吹山など滋賀県は自然がとても豊か。車や電車で足をのばせば絶景スポットがたくさんあります。そんな滋賀県には眺めのいいカフェや居心地のいいカフェが点在しています。日常をリセットするのにぴったりなおすすめカフェをご紹介。プチ旅気分でぜひ訪れてみてくださいね。
pbook 2019.08.02

1. What's The Life Style | バカンス気分を味わえる、フォトジェニックなカフェレストラン

大津市内から車で約30分。電車の場合はJR・おごと温泉駅から北東に徒歩約25分。

「衣川緑地」の北側にあるのが「ワッツ ザ ライフスタイル」。

自然にかこまれた開放感あるカフェレストランです。

店内にはナチュラル感たっぷりのフロア、キッズスペースがあるファミリーフロア、センスのよいアートフロアと趣向をこらしたスペースが。

カップルや女子会、家族づれなど多くの人が楽しめる雰囲気に満ちています。

スイーツやドリンクは終日楽しめ、まったり過ごすのにぴったりです。

ふわっとした食感の「マラサダプレート」でハワイアン気分を楽しむのもおすすめ。

店内のいたるところがフォトジェニック。インスタ映えする写真をたくさん撮ってみてくださいね。

 

「What's The Life Style」を食べログでチェック!

2. 立木音楽堂 | 瀬田川の景色が絵画のよう、瀬田川河畔の小さな音楽堂

大津市内から車で約30分。

瀬田川沿いののどかな場所にあるのが「立木音楽堂」。

クラッシックを中心に演奏会が開かれる小さな音楽ホールです。

瀬田川の美しい景色を借景したホールはすばらしいのひと言。

景色はもちろん、音がよく響き独特の世界観を楽しめます。

カフェはコンサートのない土日のみの営業ですが、日常をリセットするのにぴったりです。

「フレンチトースト」や「カフェオレ」などをおともにぜひ。

ゆっくりと過ぎる時間を楽しんでみてください。

 

「立木音楽堂」を食べログでチェック!

3. Rcafe at Marina | ハワイアンテイスト満載、ヨットハーバーにあるカフェレストラン

大津市内から電車で約40分。電車の場合はJR・堅田駅から東に徒歩約20分。

「レイクウエストヨットクラブ」の2階にあるのが「アールカフェ アット マリーナ」。

ヨットクラブ利用者以外も気軽に入れるハワイアンレストランです。

ハワイの海沿いの雑貨店をイメージした店内からは琵琶湖の景色が。

近くにはヨットハーバーがあり散策するのもおすすめです。

11時から15時はランチメニュー、15時からはカフェメニューを楽しめます。

自慢のスイーツはパンケーキ。3種類あるフレーバーの中でも「ベリー&ベリーのパンケーキ」が人気。

甘いクリームとさわなかなベリー類の組み合わせは誰もが大好きな味わいです。

 

「Rcafe at Marina」を食べログでチェック!

4. Gallery & Cafe ENSOU | すてきなうつわも楽しみたい、窯元のギャラリーカフェ

大津市内から車で約45分。電車を利用の場合は信楽高原鉄道・紫香楽宮跡駅から南西に徒歩約5分。

国道307号線沿いにあるのが「ギャラリー&カフェ エンソウ」。

京都・清水で4代にわたり茶道具や器を創作する窯元のギャラリーカフェです。

広大な敷地内、森の中にたたずむ日本家屋内にカフェがあります。

木のぬくもりあふれるスタイリッシュな店内からは森の緑を楽しめます。

メニューは「季節のタルト」とコーヒー各種と紅)のみ。

旬のフルーツがふんだんに使われたタルトは美しく食べるのがもったいないくらい。

すてきな器も窯元で焼かれたもの。ギャラリーでお気に入りを見つけたら購入もできます。

 

「Gallery & Cafe ENSOU」を食べログでチェック!

5. びわ湖テラス | 山頂からの琵琶湖は絶景、標高約1,100メートルにある天空カフェ

大津市内から車で約1時間。電車の場合はJR・志賀駅からバスで約10分。

標高約1,100メートルにあるスキー場「びわ湖バレイ」にあるのが「びわ湖テラス」。

山頂から琵琶湖を一望できる絶景カフェです。

テラス席からの眺めがこちら。空と湖をひとりじめしているような気分にひたれます。

薪ストーブが置かれた店内もとてもおしゃれ。窓際席からも絶景をながめられます。

「近江和紅茶」や滋賀県竜王町にある古株牧場の「ジェラート」など地元食材を使ったメニューがおすすめ。

大人気のカフェなので休日はにぎわいますが、この絶景は見る価値あり。

空と湖をバックにインスタ映えする写真を撮るのも定番です。

 

「びわ湖テラス」を食べログでチェック!

6. ラ・コリーナ近江八幡 | 広大な公園に来たみたい、自然を感じる「たねや」のコンセプトショップ

大津市内から車で約1時間。電車の場合はJR・近江八幡駅からバスで約10分。

八幡山のふもとにあるのが「ラ・コリーナ近江八幡」。

和菓子の老舗「たねや」が展開する、人と自然が共存する世界を体感できるコンセプトショップです。

カフェは草屋根でおおわれたメインショップ2階。

建築家・建築史家の藤森照信氏が手がけた店内は、自然のぬくもりを感じるおしゃれな空間になっています。

「焼きたてバームクーヘンセット」は必ず食べたい人気メニュー。

クラブハリエのおいしいバームクーヘンができたての状態でいただけます。

「ラ・コリーナ近江八幡」の広大な敷地には緑がたくさん。散策もぜひ楽しんでみてください。

 

「ラ・コリーナ近江八幡」を食べログでチェック!

7. シャーレ水ヶ浜 | 琵琶湖に浮かぶような感覚、湖畔の高台にある老舗カフェ

大津市内から車で約1時間。電車の場合はJR・近江八幡駅からバスで約30分。

琵琶湖東岸、県道25号線沿いにあるのが「シャーレ水ヶ浜」。

1981年から愛されている老舗の湖畔カフェです。

湖岸ぎりぎりの高台にカフェがあるのでテラス席は湖の上にいるような感覚。

ログハウスの店内も木のぬくもりがたっぷりで落ち着きます。

カフェでゆっくり過ごすなら「ケーキセット」がおすすめ。

自家製ケーキはやさしい甘さ、地下水をくみ上げていれるコーヒーもおいしいです。

昼はもちろん夕暮れの景色も最高、日没近くに訪れるのもすてきです。

 

「シャーレ水ヶ浜」を食べログでチェック!

8. Vokko | 静かにのんびりすごしたい、琵琶湖東岸にある小さなカフェ

大津市内から車で約1時間10分。電車の場合はJR・稲枝駅からタクシーで約15分。

湖岸緑地公園沿いにあるのが「ヴォッコ」。

北欧のヴィンテージアイテムをあつかう大人気の雑貨屋カフェです。

小さな雑貨店の奥には8席のカフェスペースが。窓からは公園の緑を眺められます。

小さなカフェゆえ5名以上の団体客はお断りしているそうです。

メニューはコーヒーやフレーバーティ、ジュースのドリンクとケーキのみです。

甘みと酸味のバランスのいい「チーズケーキ」とあっさりめの「vokkoブレンド」など、お好きな組み合わせでどうぞ。

使われている食器も北欧柄のかわいいものばかり。ゆっくりと時間を過ごしたくなります。

 

「Vokko」を食べログでチェック!

9. CLUB HARIE J'oublie le temps | パン好きに大人気、琵琶湖を望むブランジュリー

大津市内から車で約2時間。電車の場合はJR・彦根駅からタクシーで約15分。

琵琶湖の東岸にあるのが「クラブハリエ ジュブリルタン」。

バームクーヘンで有名な「クラブハリエ」グループの大人気ブランジュリーです。

1階はブランジュリー、2階がカフェになっています。

カフェ入口にはデッキがあり、琵琶湖をながめながらカフェタイムを過ごせます。

「フレンチトースト」や「抹茶のクラッシックショコラ」など定番スイーツのほか、季節のデザートもラインナップ。

春はいちごの「季節のあじわいシフォン」など旬の味を楽しめます。

ラテアートがかわいい「カプチーノ」などバリスタが入れるコーヒーも絶品です。

 

「CLUB HARIE J'oublie le temps」を食べログでチェック!

10. Ruwam | どこかの国に迷い込んだよう、異国感たっぷりのヴィーガンカフェ

 

大津市内から車で約1時間20分。電車の場合は近江鉄道・豊郷駅からタクシーで約10分。

「愛荘町立秦荘中学校」の近くにあるのが「ルワン」。

世界各国のコーヒーや紅茶とベジタリアンスイーツを楽しめるヴィーガンカフェです。

倉庫をリノベーションした店内はエスニック風で非日常の空間。

ハンモックの特等席や異国を感じる雑貨など、滋賀にいるのを忘れてしまいそうです。

全粒小麦や地元で作られた豆腐、無農薬のドライフルーツなどを使ったケーキはどれも素朴な味わい。
オーナーが世界旅行で出会ったお茶やコーヒーも約40種類と異国の味を楽しめます。

 

「Ruwam」を食べログでチェック!

滋賀県内にはとっておきのカフェが点在

大津市内から車で1時間半程度で行けるとっておきのカフェをご紹介しました。どのカフェも景色がすばらしく日常をリセットするのにぴったり、リフレッシュできると思います。電車を利用の場合は駅から遠いところが多いのでバスやタクシーを利用して、旅気分を味わいながら道中も楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事のキーワード

関連記事