【美しい竹林と恋愛成就のお寺】鎌倉の癒しスポット「報国寺」の楽しみ方

さまざまな歴史的名所がある鎌倉エリアの中でも、ぜひ訪れておきたいのが報国寺です。美しい竹林が広がり、恋愛成就のご利益があることから女性を中心に大人気。神秘的でロマンチックな時間を過ごせると評判です。そんな報国寺の散策ポイント・楽しみ方をご紹介します。

鎌倉観光の必見スポット!「報国寺」とは?

報国寺の歴史

報国寺正面

出典元:Instagram

1334年、天岸慧広(てんがん えこう)により開山された報国寺。足利尊氏(あしかが たかうじ)の祖父である足利家時(あしかがいえとき)が寺を建てる際の開基(かいき:スポンサー)であったことから、足利家と深い関わりのあるお寺として知られています。永享の乱で敗れた足利持氏(あしかがもちうじ)と嫡子の義久が自刃したことでも有名。戦後には川端康成や林房雄といった著名な小説家が領内に住み、川端康成はここで「山の音」という小説を書きました。報国寺の美しい景観と神秘的な雰囲気は、芸術家たちも引き寄せる魅力であふれているのです。

女性に大人気!恋愛成就のお寺

お地蔵様

出典元:Instagram

報国寺は、恋愛成就のパワースポットとしても知られています。恋愛成就に関する建造物があるというわけではないのですが、このお寺を訪れたカップルは交際が順調に進み、結婚後も幸せに暮らせるようになるという噂が広がったことから、女性の間で高い人気を呼ぶようになりました。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三ツ星に

竹林

出典元:Instagram

報国寺の裏側には見事な竹林が広がり、美しい景観を楽しめるようになっています。この美しさはミシュラン・グリーンガイド・ジャポンにも認められ、三ツ星を獲得。外国人観光客も多く訪れるようになりました。カップルで竹林の中をゆったりと歩けば、2人の距離も自然と縮まりそうですね。報国寺が恋愛成就のお寺と言われるようになったのは、この美しい竹林が大きな役割を果たしていそうです。もちろん竹林以外にも、報国寺には見所が満載。報国寺を100%楽しむためのポイントを見ていきましょう!

まずは巡っておきたい、竹林以外の見所

本堂 | 鎌倉市の重要文化財に指定された本尊

報国寺でまず訪れておきたいのが本堂。鎌倉の重要文化財に指定された御本尊「釈迦牟尼佛」(しゃかにょらい)が祀られています。報国寺散策をはじめる前に、御本尊に挨拶しておきたいですね。本堂の右手には「迦葉堂」(かしょうどう)、左手には「鐘楼」を見ることができます。どちらも歴史的価値のある建造物。報国寺の歴史を知るために、ぜひチェックしておきましょう。

枯山水 | 日本古来の美しい庭園

枯山水

出典元:Instagram

本堂の裏手に広がるのが枯山水。砂により水の流れを表現した、日本古来の庭園様式です。日本ならではの「わび寂」を感じられるのが魅力。ただ見ているだけで、ほっと癒されそうです。しばらく時間を忘れて鑑賞を楽しんでみたいですね。

足利家のやぐら墓 | 戦によって散った悲しい歴史を知る

報国寺を語る上で欠かせないのが、足利家の存在。鎌倉幕府が台頭し始めたころに起こった「永享の乱」で足利家は敗北。足利持氏と当時10歳の嫡子・足利義久は、自害することとなりました。そんな足利家を悼んでつくられたのが、こちらの「やぐら墓」。岩の中にひっそりと建つお墓を見ていると、夢半ばに倒れた足利家の悲しみを感じられます。

いよいよ最大の見所、竹林へ

神秘的な雰囲気を満喫

竹林

出典元:Instagram

それでは、いよいよ竹林へ行ってみましょう。まっすぐに伸びる青々とした竹林は、圧巻の景観。竹の間から差し込む柔らかな日差しが美しく、神秘的な気持ちに浸れます。目にもやさしい竹の色は、高いヒーリング効果があるのもポイント。その場にいるだけで、癒しの時間を過ごせます。

苔の生息地としても評判

苔の生息地

出典元:Instagram

ついつい上ばかり見てしまいがちですが、下にも注目してみましょう。報国寺では数十種類の苔が育てられ、美しい景観を楽しめるようになっています。岩や灯籠についた苔の様子は、自然の趣を感じられる日本ならではの風景。まるで神秘的な物語の世界へ入り込んだような気分を楽しめます。

茶室で竹林を目の前にほっと一息

茶室

出典元:Instagram

竹林の散策を楽しんだ後は、茶室で抹茶とお菓子をいただいてみてはいかがですか。目の前には竹林が広がり、ほっと一息つくことができるようになっています。恋人や友人と語らいながら、ゆったりとした時間を過ごしましょう。

四季折々の花々も楽しもう

梅雨の時期はアジサイ鑑賞

アジサイ

出典元:Instagram

報国寺には、竹林や苔以外にもさまざまな植物が植えられています。四季によって移り変わる花々の美しさを楽しむのも、報国寺散策のだいご味。梅雨の時期には鎌倉の代名詞でもあるアジサイが咲き誇ります。青やピンク、紫など、さまざまな色のアジサイが並び、とてもカラフル。歴史的な建造物とのコントラストが美しいと評判です。

オオデマリの花も必見

アジサイと同じくらいの時期には、オオデマリの花も咲きます。可憐な白い花が竹林の間に咲き、とても素敵。華やかなアジサイと共に、繊細なオオデマリの花もぜひチェックしてみてはいかがですか。

関連するキーワード

カテゴリー