露出度が決め手!デニムオンデニムをスタイリッシュに着こなすコーデ12選

デニムオンデニムをスタイリッシュに着こなすのって難しいですよね。海外セレブの真似ではイタいとおもわれそうだし、コーデをしっかり作りこむと昭和っぽくなりそう。そんなデニムオンデニムを垢抜けた印象にしてくれるのは、ズバリ露出度です!適度に露出した腕や脚、襟元で抜け感をだすと、スタイリッシュに着こなせてしまうんです。

デニムのノースリーブで腕を露出して細身コーデ!

デニムオンデニム

出典元:ZOZOTOWN

ブーツカットデニムはライトブルーをチョイスして爽やかにコーデ。トップスをノースリーブにすることでしっかり露出し、抜け感をだしましょう。ボリュームのあるブーツカットデニムは重点が低くなり、重たい印象になるので、白のハットで高い位置にアクセントを置きましょう。

デニムオンデニム

出典元:WEAR

ノースリーブのデニムシャツは腕と襟元に抜け感を出せるので、デニムオンデニムにうってつけのアイテムです。ワンウォッシュのデニムはネイビーが引き締まって見えるので、着やせ効果もあります。デニムをワントーンでコーデするときは、足元は鮮やかな色を差し色としてプラスするとバランスよくまとまります。

デニムオンデニム

出典元:WEAR

ミッドブルーのデニムオンデニムは、トップスにトレンドのフリンジ付きをチョイスして、かわいらしさをプラスしましょう。裾のカッティングが独特なデザインなので、コーデのポイントにもなります。パンツは少しトーンを落とすと、落ち着いた感じのキレイめカジュアルになります。

デニムオンデニム

出典元:WEAR

ストレートのストーンウォッシュデニムはカジュアルベースですが、カットオフのフリンジノースリーブと合わせることでおしゃれ感が増します。ボヘミアン風なアクセサリーで統一感を出して、キュートなストリートコーデに。

オフショで肩を露出してキレイめコーデ♡

デニムオンデニム

出典元:WEAR

袖や肩の落ち感が魅力的なオフショコーデ。腕を出していないぶん、肩を出して露出度を調整しましょう。ふんわりタイプのトップスは、スキニーなパンツで印象を引き締めるのがポイントです。ネイビーにはきちんと感があるので、パンプスを合わせてキレイめに仕上げましょう。

デニムオンデニム

出典元:WEAR

デニムオンデニムはワントーンだけではありません。白デニムとブルーのデニムを組み合わせると、さわやかでかわいい雰囲気になります。ライトブルーのオフショを、オーバーオールに合わせて、ガーリーなデニムスタイルに。足元はコンフォートサンダルでハズすのがトレンドです。

デニムオンデニム

出典元:WEAR

ベルトの代わりにスカーフでウエストマークする、キュートなアイデアが光るコーデです。ふんわりオフショをタックインして、タイトに着こなしています。また、オフショで肩を露出することで、垢抜けた印象になります。色は揃えず、自由な組み合わせのデニムオンデニムで、こなれた感じをだしましょう。

短パンで脚を露出してクールビューティコーデ☆

デニムオンデニム

出典元:WEAR

露出が多いほど、デニムの面積が小さくなるので、デニムオンデニムはコーデしやすくなります。ショートのデニムパンツに白いTシャツとGジャンを合わせた、ボーイッシュコーデには、女性らしいアクセサリーをプラスすると、クールビューティな印象に。

デニムオンデニム

出典元:WEAR

デニムオンデニムはGジャンとデニムパンツのセットアップだけでなく、レイヤードにするとまとまりやすく、よりファッショナブルに着こなすことができます。薄手のエスニックロングカーディガンやブーツをプラスして、ラフに着こなすとボヘミアンな印象に。

シャツでデコルテを露出してウィメンズコーデ♪

デニムオンデニム

出典元:WEAR

シャツは襟元を大きく開けて、デコルテを露出することで、垢抜けた感じがだせます。シャツはラフにタックインしてスタイリッシュに着こなしましょう。デニムパンツはアンクル丈のスリムなものに、しっかり感のあるベルトをプラスしてウィメンズスタイルに。

デニムオンデニム

出典元:WEAR

大きく開いた胸元がコケティッシュなワントーンコーデです。シャツは大きめのサイズをルーズに着ることで、こなれた感じがでています。ハードなダメージを施したデニムパンツを厚めに折り返して、色にコントラストを付けることで、デニムオンデニムのアクセントになっています。

デニムオンデニム

出典元:WEAR

シャツをざっくりルーズに着崩したメンズライクなコーデですが、ダメージデニムの切り口から見える肌がセクシーで、レディなテイストをプラスしています。差し色パンプスや細めのアクセサリーをコーデして華奢な部分を強調しましょう。

カテゴリー