やってみたくなるよ。おしゃれ&便利な手ぬぐいの活用9選

日本で古くから使われ続けている「手ぬぐい」。最近、その魅力が再発見され、おしゃれでかわいい柄がたくさん出回っています。今回はそんな手ぬぐいの特性を生かした、便利すぎる活用術をまとめてみました。定番のお弁当包みから、アレンジした可愛い洋服まで手ぬぐいの可能性をチェックしていきましょう。手ぬぐいの便利さを知ると、まとめ買いしたくなる衝動に駆られますよ!
pbook 2016.07.22

買いたい気持ちが止まらない

手ぬぐい

出典元:Instagram

かわいくて、おしゃれな柄が特徴的な「手ぬぐい」。持っていますか?  ただの布切れとあなどってはいけません。

手ぬぐいには魅力と可能性がたくさん詰まっています。いろいろな用途に使えて便利すぎる! と大好評の手ぬぐいのとっておきの活用術をまとめてみました。

一枚だけでは足りない、衝動買いが止まらない手ぬぐいは、特性を活かすと、どんな場面でも使えます。さっそくおすすめの使い方を見ていきましょう。

すぐ洗えるから食べ物周りで使える

1. 定番の弁当包みとして

手ぬぐい

出典元:Instagram

綿100%で作られている手ぬぐいは、痛みにくく汚れがついてもすぐに手洗いでキレイにすることができます。何度洗っても丈夫な生地だから、毎日のお弁当包みとして大活躍しますよ。

最近では個性的な柄の手ぬぐいもたくさん出ているので、1週間分違う柄を用意して日替わりで使うのも楽しいですよね。使ったらすぐ手洗いして乾かすことができるので、とっても使い勝手がいいです。

 

2. 前掛けとしても使える

手ぬぐい

出典元:Instagram

汚れてもすぐ洗えるという特徴を活かして、前掛けとして使ってみるのはどうでしょうか?

ご飯を食べると必ず洋服を汚してしまう子ども用に使ってもいいですが、柄をシンプルなものやデザイン性のあるものにすれば大人だって気軽に使えます。

お気に入りの洋服は、とくに汚れが付くと落ち込んでしまうもの......。すぐに洗えてすぐに乾く手ぬぐいなら、気軽に前掛けとして使え、大事な洋服をシミや汚れから守ってくれます。

 

3. 箸入れは手ぬぐいがいい

手ぬぐい

出典元:Instagram

お弁当用のプラスチック製の箸入れが主流ですが、容器がプラスチック製だとなかなかすっきりと洗えないのが難点です。

食器洗剤でしっかり洗ってもなんだかまだヌメヌメが残っている......。なんてことありませんか?手ぬぐいを箸入れとして使うのがおすすめですよ!

箸を布でくるっと巻いて紐やリボンなどで結んでおくだけで箸入れができます。必ず洗うものだから、手ぬぐいのようにささっと洗って乾かせるととっても便利です。

 

吸収性があるから蒸し暑い日本の夏にぴったり

1. 汗拭きとして活躍する

手ぬぐい

出典元:Instagram

外をちょっと歩いただけでも、汗がどっと出る日本の夏。お出かけの際はタオルが必須になりますよね。でもタオルなどの厚めの生地は汗を吸収しにくく、なかなか思うように使えないのがマイナス点です。

吸収性に優れている手ぬぐいは、だらだら流れ落ちる汗だって、すっと吸収してくれます。この夏はスカーフのように首に巻いて外出してみましょう。

汗だくになりつらい夏の外出が、いつもより快適になりますよ。

 

2. 湿らせてペットの体温調節

手ぬぐい

出典元:Instagram

暑くてたまらない夏の外は、ペットたちも大変です。とくに毛皮をまとっている犬には夏の日差しはとってもつらいですよね。夏のお散歩には湿らせた手ぬぐいをわんちゃんの首に巻いて、体温調節をしてあげましょう。

ペットだけでなく、子どもや大人だって、少し湿らせた手ぬぐいを首に巻いておくだけで十分な体温調節ができ涼しく感じることができますよ。

 

3. テーブルには手ぬぐいをふきん代わりにして

手ぬぐい

出典元:Instagram

水をさっと吸収してくれる手ぬぐいは、ふきんとしても大活躍します。いつも清潔にしておきたいテーブルやデスクには手ぬぐいを一枚、いつも置いておきましょう。

こぼしてしまったドリンクや、汁物だってさっと吸収してくれます。柄がとってもおしゃれなので、置いておくだけで部屋がパッと華やかになりますよ。

普通のふきんのように生活感が出ないのが嬉しいです。

 

シンプルな生地はアレンジも自由

1. 子ども服が作れる

手ぬぐい

出典元:Instagram

無駄な装飾がついていない、シンプルな手ぬぐい。柄は華やかで個性的なものが多いですがもともとは布なので、自由にアレンジしたりリメイクしたりできます。

こちらは、手ぬぐい一枚で作った子ども服! こんなに可愛いデザインのワンピースが作れるとは、手ぬぐい恐るべしですね。

サイズが頻繁に変わる子ども服はできるだけ節約したい......。

でもせっかくだから可愛いお洋服を着せてあげたいところ。そんなときは値段もお手ごろな手ぬぐいで洋服を縫ってあげると子どもも喜びますよ。

 

2. クッションカバーも

手ぬぐい

出典元:Instagram

特徴的でおしゃれな柄が多い手ぬぐいは、クッションカバーとしてリメイクだってできます。お好みの柄を見つけて大きめサイズの手ぬぐいを使えば、わざわざクッションカバーを探さなくてもすぐに手作りできちゃうんです。

汚れたらカバーだけ洗うこともできるのでとっても使い勝手がいいですよね。何枚かまとめてカバーを作って気分で柄を変えても楽しそうです。

 

3. ご祝儀袋もこれ一枚

手ぬぐい

出典元:Instagram

なんと、ご祝儀袋だって手ぬぐいで作れちゃうんですよ。おめでたい場だからこそ、気持ちを込めたご祝儀は相手にとっても喜ばれます。

紙のご祝儀袋だともらうだけで終わりですが、こんなにおしゃれな手ぬぐいで作られているご祝儀袋をもらったらずっと取っておきたくなりますよね。

 

この記事のキーワード

関連記事