キッチン美人になろう。3種のキッチンクロスは用途別に使うんだ

毎日使うキッチン必需品と言えば、「キッチンクロス」ですよね。どんなものを使っていますか? 汚れや水滴を拭き取るのに便利なキッチンクロスはその素材もさまざま。タイプ別にキッチンクロスを使い分けると、雑菌の繁殖を抑えつつ、いつでも清潔な台所を保つことができるんですよ。今回は用途別で見るキッチンクロスの選び方を学んでいきましょう。

キッチンクロスは、素材が大事

出典元:Instagram

出典元:Instagram

汚れたテーブルやストーブ周りをキレイにしたり、洗った食器を乾燥させるときに使ったりする「キッチンクロス」。

最近はいろいろな素材のクロスが出ていますが、一番気軽に手に入るものと言えば綿のキッチンクロスではないでしょうか?

コットンタイプは使いやすく洗いやすいので重宝しますが、特に蒸し暑い夏の日は、濡れると乾きにくく雑菌が繁殖しやすくなります。

使うたびに洗っても、あのいやーな臭いが残っていたりしませんか?  今回は、そんな綿キッチンクロスにはうんざり!という方向けの、素材別・用途別で見るキッチンクロスの選び方をまとめてみました。

 

1. 汚れがひどい場所には使い捨てのキッチンクロスを

使い捨てには「キッチンダスター」が便利

布巾

出典元:Instagram

「キッチンダスター」をご存知ですか?  使い捨てできるキッチンクロスのことで、よくレストランなどで使われています。

素材はポリエステルで、紙でできているキッチンペーパーのと同じ感覚で使うことでできます。無印やスーパーなどキッチン用品を扱っているお店で買えます。

魅力はなんといってもこの容量! たいてい100枚から300枚入りのパックでまとめて買うことができ、一枚あたり約14円から20円くらいです。

一枚あたりの値段がやすいので、使って少し汚れたら心気なく捨てれますよね。

 

オススメ用途: 特に汚れるコンロ周りに使うのがオススメ

布巾

出典元:Instagram

調理中にこぼしたソースや、お肉を焼いたときにはねた油など、汚れる率の高いキッチンコンロ周りは毎日と言っていいほどキッチンクロスが必要ですよね。

特にクロスが汚れやすいところには、使い捨てできるキッチンダスターが大活躍しますよ。キッチンペーパーよりも、丈夫でごしごしこすっても破れないので1日たっぷり使って汚れが目立つときはそのまま捨ててしまいましょう。

朝ごはんを使ったあとに新しいのを使い、夜ごはん時までしっかり使えるので便利です。布巾をそのまま捨ててしまうことで、面倒な消毒や乾かしもなくいつもの家事が楽になります。

 

2. シンク周りは吸収性ばつぐんなスポンジタイプのキッチンクロス

見た目がかわいい「スポンジワイプ」

布巾

出典元:Instagram

北欧雑貨好きの方に今大人気の「スポンジワイプ」ご存知でしょうか?

セルロースとコットンで作られているキッチンクロスですが、その吸収性と見た目が大人気のアイテムです。乾いている時は固く紙のような肌触りですが、水に濡らすと柔らかくなります。

スポンジと言えど大きく膨らむことはないので、普段のキッチンクロスと同様に使えますよ。北欧雑貨らしい華やかで個性的な柄がまとめ買いしたくなります。

オススメ用途: 吸収力を活かしてシンク周りで大活躍

布巾

出典元:Instagram

とにかく吸収性のいいスポンジワイプ。例えばちょっと食器を洗ったときに乾いた状態のスポンジワイプを敷いておけば食器用ふきんとしても使えます。食物繊維のセルロースは小さな穴がたくさん空いているため水浸しになったシンク周りだって、あっと言う間に全てふき取ってくれます。

布巾

出典元:Instagram

たっぷりと水分を吸収しても、すぐ乾くのがスポンジワイプの魅力です。

繊維がしっかりしているので見た目とは裏腹にゴシゴシこすったり、ギュッと絞っても丈夫なんですよ。可愛らしい柄がデザインされているので、こうやって乾かすときは干して見せて収納するのもいいですよ。

 

除菌は煮洗いでしっかりと

布巾

出典元:Instagram

いつも乾かしていても、やっぱり気になる雑菌の繁殖。毎日水回りで使うキッチンクロスは特にこめまな除菌が必要です。

なんとこのスポンジワイプ、お湯を沸騰させて除菌する煮洗いができるんです。昔ながらの沸騰消毒は簡単ながらとっても効果的。

定期的に消毒することでスポンジワイプは長く丈夫に使えますよ。気になるふきんの臭いもなくなります。

 

3. 食器ふきんには丈夫なリネンタイプのキッチンクロス

「リネンクロス」はキッチンの救世主

布巾

出典元:Instagram

丈夫で長持ちすることから、長年キッチンでの必需品とされる「リネンクロス」。なんと吸水性は綿の4倍!使い始めはゴワゴワな肌触りですが、使っていくうちに柔らかくなっていきます。

さらにリネンにはペクチンという成分が含まれていて、その成分が汚れを繊維の奥まで入り込むのを防いでくれるため、布巾にありがちな嫌な匂いや面倒な消毒も他のキッチンクロスと比べると断然少なくて済みます。

 

オススメ用途: すぐ乾くから、食器ふきんとして大活躍

布巾

出典元:Instagram

濡れてもコットンの布巾のようにべちゃっとならないので、食器ふきんとしてとても重宝します。そのあともすぐに乾くので、臭くならないのが魅力です。

丈夫で長持ちするリネンクロスは、上手に使うとだいたい2-3年たっぷり使うことができますよ。

洗濯でゴシゴシ洗っても痛みにくく、さらにクロスについた汚れもすっと落ちるのでまさにキッチンで使うにはぴったりのクロスなんです。

 

関連するキーワード

カテゴリー