1ポイントにぴったり。大人女子のバレッタを使ったヘアアレンジ20選

シンプルだけれど使いやすいヘアアクセサリー、バレッタ。そんなバレッタを使った、誰でも真似できちゃうおしゃれなヘアスタイルをご紹介。バレッタはいろいろなデザインがあるので、自分の好きなデザインを見つけてヘアアレンジに挑戦してみましょう♪

ヘアアレンジ

出典元:Instagram


ハーフアップでシンプルに
ヘアアレンジ

出典元:Instagram

ハーフアップにバレッタは王道の組み合わせ。ハーフアップの清楚感も、バレッタによって雰囲気が変わってしまうんです。いろいろな組み合わせを楽しんでみてくださいね。

ゴールドバレッタで大人っぽく

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

ねじり編みをしたハーフアップに、ゴールドバレッタをつけることで一気に大人っぽく仕上がります。模様のない、無地のバレッタがおしゃれで素敵ですね。

ふわふわアレンジにワンポイントを

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

ふわふわの髪の毛に編み込みでハーフアップをした凝ったアレンジに、バレッタでワンポイントを。アレンジなしでも十分おしゃれな髪形ですが、アクセントがつくことでさらにおしゃれ感が増していますね。

短めの髪にハートがキュート

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

短めの髪をハーフアップにして、ハートのバレッタをつけたスタイル。短めの髪もハーフアップにするとかわいさが増します。珍しいデザインのハートのバレッタもとってもキュートですね♪

まとめ髪のワンポイントに

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

バレッタはまとめ髪のワンポイントにも便利!ガラリと印象が変わります。また、まとめ髪がうまくいかなかった部分を隠すこともできちゃうんです。

リーフバレッタでおしゃれに

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

キュッとまとまったまとめ髪のサイドにリーフバレッタを。シルバーの硬い感じもおしゃれ度をアップさせています。リーフデザインは今流行りなので、押さえておいて間違いはないです。

大人っぽいまとめ髪に

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

きちんと感のある、大人っぽいまとめ髪にもバレッタは便利です。かわいらしいデザインのバレッタを選ぶことで、大人っぽさの中にもかわいさがちらり。

ざっくりまとめ髪にも

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

ざっくりとした雰囲気のまとめ髪にも、バレッタひとつ加えることできちんと感が出ます。編み込みをとめた部分を隠し、髪の毛をきっちりとめてくれる効果もありますね。珍しいデザインのバレッタがとってもかわいいです。

ひとつ結びもバレッタで

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

簡単にできるシンプルなひとつ結びも、バレッタを加えればおしゃれな髪型に早変わり。結び目だけでなく、とめる位置にもポイントがあります!

結び目隠しに

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

まずは基本の形、結び目にとめてゴムを隠してしまう使い方です。パパッとできちゃう簡単ヘア。クリアな感じのバレッタはかわいらしさと共に個性もあっていいですね。

ざっくりアレンジにワンポイントで

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

ざっくりとしたひとつ結びのアレンジは、くるりんぱをうまく使ったおしゃれな髪型です。明るめの茶色の髪に、茶色いクリアなバレッタで、目立ちすぎずにおしゃれさをアップ。ポイントになっていて素敵です。

サイドのバレッタでおしゃれに

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

ルーズなひとつ結びの結び目は毛束で隠し、バレッタはサイドにとめて。目立つ位置にとめることでおしゃれ感も増しますね。他人からよく見える位置なので、バレッタのデザインにもこだわるといいでしょう。

おだんごにバレッタを

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

おだんごにバレッタを加えることで、その表情も大きく変わります。おだんごだとバレッタをとめる位置も少し難しそうですが、意外にどこにとめてもしっくりくるんですよ。

おだんごの下にとめてさりげなく

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

おだんごの下にバレッタをとめて、さりげないおしゃれアピールを。よく見ないと気づかない、上級者なおしゃれです。

おだんごの前にとめて目立つかわいさ

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

おだんごの前、頭のてっぺんにバレッタをとめることで、どこから見ても目立つかわいいヘアアレンジになります。あえて髪の毛と同系色の、馴染む色を使っているところがおしゃれでいいですね。

派手なバレッタも主張しすぎず

ヘアアレンジ

出典元:Instagram

派手めなバレッタ2つは、主張しすぎないおだんご下に合わせてとめましょう。目立ちすぎず、おしゃれさをアピールできます。寒色系と暖色系、2色合わせているところが素敵ですね。

カテゴリー