レトロな雰囲気がかわいい!老舗のパンのパッケージ5選

かわいい雰囲気がより興味を引く、レトロなパンのパッケージ。老舗の味として受け継がれているパン自体はもちろん、買うのも楽しくなるかわいいパッケージには、さまざまな思いやメッセージが込められています。そんなパッケージも人気な昔ながらのパン屋さんを紹介します。


福岡県久留米市・キムラヤ|ホットドック

1926年の創業以来、防腐剤や添加物を使用せずに作られてきたキムラヤのパンは、九州エリアで多くの人に親しまれています。看板商品として親しまれているアンパンと同様に、人気商品の一つであるホットドックは、そのパッケージにも定評があります。赤と緑と白のシンプルなラインに、昭和を思わせる字体で書かれた「ホットドック」の文字が、レトロな雰囲気を一気に醸し出しています。キャンディのように包まれた包装紙も今では馴染みがないかもしれませんが、少し前までは一般的にみられたスタイル、それがまた懐かしさを感じさせるのかもしれません。また、多くの人が驚くのが、キムラヤのホットドックにはウインナーは挟まれておらず、プレスハムが代りに挟まれています。昔から馴染みのある方以外は一口食べて驚かずにはいられない商品です。

沖縄県・ぐしけんパン|なかよしパン

ぐしけんパンは、沖縄で親しまれているパン屋さんです。店舗を構えているほか、スーパーなどにもパンを卸しているので、沖縄県民には馴染み深いパンでしょう。

そんなぐしけんパンの販売する「なかよしパン」、ココア風味のパンにサンドされているバタークリーム、想像しただけでも懐かしさを感じるような気がしますが、そのパッケージもまた、どこか懐かしさを感じさせます。

なかよしパンと、縁取りされた文字に、カエルが寝そべってウィンクをしているだけのパッケージですが、そのシンプルさが懐かしさを感じさせます。

また、そのカエルもどこかで見たことあるような、昔の漫画の一コマに出てきそうな出で立ちで多くの人が親しみを感じることでしょう。

群馬県・新田パン|栄養パンなど

群馬県にある新田パン、是非、群馬県に行った際には立ち寄ってほしいパン屋さんです。昔の駄菓子屋を連想させる新田パンの店舗は、入り口は木でできた引き戸となっており、パンはガラスケースに袋に入って並べられています。

その空間に入ると昭和の香りを感じずにはいられないでしょう。パンに描かれている文字も昭和の頃の漫画に使われているような字体、そして手書き風の星マーク、新田パンのロゴはその頃の新聞の字体で書かれています。

シンプルなそのパッケージは多くの人が親しみやすく、手に取りやすい商品になっています。また、新田パンでは、こだわりの昔懐かしいパンのほか、プレミアムパンという、最近パン屋さんでも目にすることが多い馴染みの商品が多数あり、とても幅広いラインナップとなっています。

取り寄せをすることも可能なので、興味がある方は注文してみてはいかがでしょうか。

福岡県久留米市・東京堂製パン屋|ホットドック

ホットドックのコーナーが特に人気があると聞く、東京堂製パン屋は、福岡県にあるパン屋さんです。

そのホットドックのパッケージは各商品名が書かれており、ちょっとしたホットドックの絵が描いてあるシンプルなもの、それ故、とても分かりやすく、また、そのシンプルさが何処か懐かしいレトロな雰囲気をだしています。

さらに、商品ごとに色分けもされており、なお分かりやすい。白地に赤い文字で書かれているホットドック野菜については雑誌などで見たことがある昔懐かしお菓子シリーズなどにも出てきそうなパッケージです。

関連するキーワード

カテゴリー