手づくりの優しさに包まれて。KINTOのテーブルウェアとコーヒーウェア

KINTO(キントー)の代表作ともいえるペーパーフィルターのいらないコーヒーウェアは、コーヒー好きな方はきっと一度は見たことがあるはず。KINTOは、滋賀県彦根市に本社を置き、テーブルウェア・キッチンインテリア雑貨の企画開発や販売を手がけるメーカーです。「こころ満たされる豊かな日常を生み出すために」をコンセプトに、商品を手にする人の身体や心に優しさを与えてくれる商品を、ひとつひとつ丁寧に手づくりしています。優しさを形にするKINTOというメーカー。彼らは、これまでにどんな商品を生み出してきたのでしょうか。

作り手の思いがこめられた、唯一無二の生活道具たち

KINTOの商品は、たとえばひとつのカップを生み出すにも、必ず目的とする機能やテーマが存在しています。そのテーマごとにブランドやシリーズが展開されていますが、すべてに共通するのは「使い心地」と「佇まい」、ふたつの調和をとても大切にしているということ。

テーブルウェアやキッチン・インテリア雑貨は、衣食住の「食」を彩り、私たちの毎日を豊かにしてくれます。同じ空間で日々ともに過ごす生活道具たちだからこそ、開発者の思いが大きく影響を与えるツールと言えるでしょう。

今回は、KINTOの世界観をより深く感じられるブランドやシリーズ展開と、彼らの生み出した「生活道具」をご紹介します。

1. SLOW COFFEE STYLE

スローという贅沢を味わうためのコーヒーウェアシリーズ。まずは革新的なデザインのこちら。シャープな円錐形のステンレスフィルターを、透明かつ流線型のカラフェがすっぽりと包みこむデザインは、たっぷりゆったり、なんとも満たされた気分を与えてくれます。

少しずつお湯を注ぎながら、円錐の先端からぽたりぽたりとコーヒーが落ちるのを眺める時間…なんと贅沢なひととき!オーソドックスなブリューワーもありますが、こちらはこちらでほっこりころんとした温もりのあるデザインが魅力的。

ペーパーフィルターとステンレスフィルターのどちらもセットできます。このシリーズでは、ケトル、キャニスター、メジャースプーン、フィルタースタンド、マグカップに到るまで、スローなコーヒータイムを完成させるべくアクセサリーも揃っています。

見るも美しく扱いやすいコーヒーウェアがあれば、毎日何度でもご褒美タイムを味わいたくなっちゃいますね♪

2. atelier tete

こちらは職人の手仕事を一番感じることができるブランドです。ロゴマークには「手から手へ」「手作業の痕跡」という思いがこめられているんだそう。ブランド内で、5つのシリーズが展開されています。また、こちらもブランドサイトがあるので、ぜひのぞいてみてください。

●ブランドサイトはこちら

ひとつひとつ丁寧に職人の手で形づくり、釉薬で色をつけ、仕上げていく…もはや作品ともいえるテーブルウェア。とはいえ、気取らないおおらかなデザインだから、気がねなくリラックスして使えます。

手作業だからこそ生まれる形のゆらぎや、透明感のある発色に、見るたび心が洗われるようです。食事に使われるものだから、縁の口当たりにもこだわってくれているのが嬉しい!唯一無二の生活道具として誕生し、どんな料理もいきいきと包みこほんでくれます。

では、展開されている5つのシリーズを簡単にご紹介します。

①Dune

釉薬による透明感のあるカラートーンが特徴的なシリーズです。食卓をキャンバスにして、大胆で彩り豊かなアートを楽しんでみませんか?

②Strata

和洋のテイストにこだわらない、自然体の存在。なんと口縁は革でなめしており、やわらかな口当たりに仕上げられています。

③Grotto

ゆらぎのあるやわらかなフォルム、ハンドペイントが醸しだすあたたかな雰囲気が、ほのぼのと心に語りかけてくるようなマグシリーズです。

④Terra

赤土で作られたおおらかなフォルムとコクのある色味が、食卓にぬくもりを演出します。たっぷりとした深さに包容力を感じるデザインです。

⑤Aritsan

波佐見の陶工がひとつひとつ手仕事で仕上げた、2色の釉薬が鮮やかに重なるマグシリーズです。これぞ唯一無二、手にした瞬間から愛着が深まります。

3. Ceramic lab.

無骨な繊細さが魅力のこちらのシリーズ。細かくざらりとした土の感触が、あなたの手になんとも離れがたいぬくもりを伝えてくるでしょう。長崎県波佐見町の陶工とプランナーが、伝承の知恵と工夫を生かしながら作っています。人と人とが何人も何度も携わり、たくさんのストーリーを持って生まれた生活道具です。なんだかもう愛着がわいてきた気がしませんか?

こちらのブランドも、次のようなシリーズ展開があります。

①CLK-151

硬度な磁土を使用したタフなスタッキングマグのシリーズ。スマートなフォルムと落ち着いた色味、土の手触りが合わさって、静かだけれど確かな存在感を放つ粋なデザインです。

②CLK-152

しっかりとした厚みやほどよい重さのある、使い勝手を追究した器のシリーズ。潔い形と時代に負けないモノトーンの色味が、シンプルな手料理をぐっと引き立てます。

③CLK-153

スタッキング可能なボウルと蓋がセットになったシリーズ。蓋は、プレートとして使ってもデザインとしてきちんと成立します。スタッキングしたまま冷蔵庫で保存できるのでデイリーユースに向いています。

カテゴリー