おしゃ見え度倍増。大人のこなれカジュアルはベルトが命!

シンプルな服や同じ服でコーディネートしていてもこなれていてお洒落に見える人いますよね。みんなと変わらないのになぜかこなれて見える、そのヒミツは小物使いかもしれません。大人カジュアルなスタイルには取り入れやすいベルトがおすすめ。今回はスタイリングのアクセントになるベルト使ったコーディネートをご紹介します。
pbook 2016.08.08

ベルトを結んでコーディネートのアクセントに

ここ最近人気のある余裕のあるボトムスと相性がいいベルト。ワイドパンツやロングスカートにプラスするとウエストがきゅっとみえてスタイルが引き締まります。また、定番のデニムやスカートにはベルトをクルッと返して結ぶと、アレンジを加えるとぐっとこなれた印象に。ベルトをポイント使いして、こなれカジュアルにスタイリングしましょう。

スカート×ベルト編

ベルトをクルッと返してこなれた印象に

※画像情報※

出典元:WEAR

ノースリーブのトップスにスカートを合わせたコーディネートです。スカートにプラスしたベルトがアクセントになってこなれた印象に。ベルトを普通に結ばずにクルッと結んだアレンジがとってもお洒落です。さらさらとした素材が増える夏。部屋着っぽく見える問題をベルトが解消してくれます。小物の色を統一するとコーディネートが纏まってシックです。

外しアイテムに太めベルトをプラス

※画像情報※

出典元:WEAR

ボーダーのTシャツにカーキのスカートを合わせたコーディネートです。子供っぽくなりがちな組み合わせですが、ウエストにプラスしたベルトで大人っぽくスタイルアップ。フェミニンな印象のコーディネートの中に、太めの茶ベルトがいい外しアイテムになっています。ショルダーバッグとベルトの位置の具合で脚が長く見える効果はいろんなコーディネートで応用可能。うまく使いこなしたいですね。

ベルトをコーディネートのつなぎ役に

※画像情報※

出典元:WEAR

夏らしい柄のトップスにプリーツスカートを合わせたコーディネートです。雰囲気の異なる二つのアイテムがベルトでうまく繋がっています。手持ちのアイテムをいろいろな組み合わせで着回したい時に使えるテクニックです。手持ちアイテムをとにかくいろいろと組み合わせてベルトをプラスするだけ。コーディネートの幅がぐっと広がりますよ。

デニム×ベルト編

ウエストマークで女性らしく

※画像情報※

出典元:WEAR

夏らしいトップスにデニムを合わせたコーディネートです。ゆったりとしたトップスをデニムにインしてシティールックにコーディネート。ベルトを使ってウエスト周りのもたつきをすっきり見せましょう。ベルトをクルッと巻いてこなれた雰囲気に。

ヌーディーなカラーのベルトで大人っぽく

※画像情報※

出典元:WEAR

白いTシャツにデニムを合わせたシンプルなコーディネートです。Tシャツからベルトをちらっと見えるようにスタイリングしてこなれた印象に。ヌーディーなカラーのベルトで大人っぽく合わせましょう。

ロングスカート×ベルト編

細ベルトで華奢なウエストに

※画像情報※

出典元:WEAR

黒のノースリーブのトップスとロングスカートのコーディネートです。靴やバッグと色を揃えたベージュのベルトがポイントになってウエストにメリハリが効いていますね。白のロングスカートは全体がぼやっとしがちなので、ベルトできゅっと引き締めるのが効果的。また、トップスとインして着たときに気になるウエストのもたつきもスッキリと見せてくれます。

ベルト使いでメリハリをプラス

※画像情報※

出典元:WEAR

サマーニットと水色のロングスカートと合わせた爽やかなコーディネートです。トップスのサマーニットがざっくりとしてそのまま着るとダボッとなるところがウエストのベルトでメリハリスタイルに仕上がっています。トップスのボリュームに合わせて太めのベルトにしているのでバランスもGOOD。ペタンコ靴でも足がすらっと長く見えますね。

この記事のキーワード

関連記事