白パンツの賢い着こなし方は?大人のスタイルアップコーデ10選

ワンアイテム投入するだけで、すっかり垢抜けが叶う白パンツ。大人コーデの強い味方です。でも、いざコーデに取り入れるとなると膨張色だという理由で遠ざけたくなるもの。そんなときは着こなしを工夫してみましょう。お悩み解決のための、おすすめ着こなし方法をご紹介します。
pbook 2016.08.02

白パンツはどう着こなすのが正解?

すっきり爽やかな印象を演出できる、白パンツ。コーデに取り入れたくてもキレイに着こなせるかどうか不安が残ってしまうものです。そこで、合わせるアイテムを少しだけ工夫することで、すんなりスタイルアップが叶う着こなしをご紹介します。どれも手持ちのアイテムを使ってできる着こなしばかりです。大人の白パンツコーデに役立ててください。

羽織りものプラスでヒップを隠す

白パンツを履くと、腰からヒップにかけてのラインが膨張して見えるのが気になります。だったら、ヒップを丸ごとすっぽり隠してしまえる羽織りものを投入するのはいかがでしょうか?羽織りといってもアウター的な要素は少なく、軽めの素材感やデザインのものを選べばとても素敵に着こなせます。

ロングベストを羽織ってマニッシュに

コーデ

出典元:WEAR

ボーイフレンドデニムなどのカジュアルな白パンツは、幅広いテイストで使えるアイテムです。ゆるさのあるシルエットが魅力ですが、そのぶん太って見えるというリスクがあって敬遠するかたも多いでしょう。そんなときにはロング丈のベストなど、今ならスリーブレストレンチなどを羽織れば、ヒップラインがすっぽり隠れますので気になりません。トレンチタイプのカッチリしたスタイルなら、落ち感もあってすっきりとした着こなしが叶います。

長めのカーデをさらりと羽織って

カーデのコーデ

出典元:WEAR

白パンツでも、テーパードシルエットのタイプを選べば足首まですらりとキレイに見せてくれます。格子柄やストライプといった細見えが叶う柄ものをチョイスするのもおすすめ。そして、ヒップラインまでの丈のカーデなどを羽織ると、ヒップのボリュームもカバーできるのでさらにスタイルアップ。

腰巻きテクでお腹まわりをカバー

お腹ぽっこりが気になるときは、定番の腰巻きテクがおすすめです。カジュアルめにするならチェックシャツを、キレイめならパステルカラーのカーデなどもしっくりきます。ボーダー柄もコーデのアクセントになってまとまりがでやすいです。

ボーダーカーデを腰巻き

ボーダーカーデ

出典元:WEAR

細身の白パンツは、すっきりした大人コーデの強い味方。足首を露出させれば、ほどよい抜け感も出て、とてもこなれて見える着こなしになります。足は細見えが叶いますが、お腹まわりはどうしても気になりますよね。そんなときは、腰巻きテクでカバーしましょう。ボーダー柄なら、キレイめコーデにもしっくりきます。

チェックシャツでカジュアルな着こなし

チェックシャツ

出典元:WEAR

フェミニンすぎないカジュアルさがかわいい、ホワイトデニム。白パンツのなかでも一番使えるアイテムです。デニム素材の良さは、厚みのある生地感がカラダのラインをしっかりホールドしてくれること。そんなデニムパンツに、チェックシャツを腰巻きすると、カジュアル感もプラスされて軽快でかわいい大人コーデに仕上がります。足元にはスニーカー、そしてニットキャップやかごバッグなど、ラフなアイテムを配置して大人カジュアルな着こなしを。

トップスに明るめカラーを投入して視線を上に

白パンツをむしろ抜け要素として使うなら、トップスに明るめカラーを投入しましょう。すると、ボトムスの存在感が薄れて、バランスの良い着こなしに。視線を散らす効果もあり、顔色をキレイに見せてくれるなど、明るめトップスは大人コーデに使えるアイテムです。

大柄のインパクトトップス

大柄トップス

出典元:WEAR

スカートのようにも見えるスカーチョやガウチョパンツ。そんな女性らしいボトムスで白パンツを投入するなら、白の面積が自ずと大きくなります。そんな白の存在感を減じるためには、トップスに明るめカラーをもってくること。ボタニカル柄などの、大柄を使うのもおすすめ。目線が自然とトップスに流れますので、ボトムスがそれほど気になりません。ハットや、クラッチバッグで視線をあちこちに散らすのも合わせて使いたい着こなしテクです。

ギンガムチェックでカジュアルに

ギンガムチェック

出典元:WEAR

エアリーなワイドパンツは、白パンツのなかではもっともフェミニンなアイテム。ふんわりとしたギャザー感がかわいいのですが、いっぽうで膨張見えしてしまうというリスクも大。そんなボトムに合わせたいのは、カラーがキレイなトップス。ブルーなら、ほどよくキレイで目立つ色なので、取り入れやすいですね。フレンチ袖のフリルといったディテールも、視線を集めるのでおすすめ。

この記事のキーワード

関連記事