収納美人になろう!キッチンの食器収納は3つのポイントを抑えよう | PALLET私を彩る

収納美人になろう!キッチンの食器収納は3つのポイントを抑えよう

好きだとどんどん増えていく「食器」。みなさんはどのように収納していますか? 形もサイズも違う食器たちを上手に収納するのって結構大変ですよね。今回はそんな悩める食器の収納が楽しくなる、賢い食器の収納術をまとめてみました。簡単にできる収納術から、DIYでつくる食器スペースまでチェックしていきましょう!
sicc 2019.07.01

食器は増えていくもの

一目惚れしてまとめ買いした食器たち、ギフトでお友達からもらった食器たち......。キッチンが食器で溢れているお家って結構ありますよね。
集めても集めても、やっぱり新しく揃えたくなる食器は増えるばかり。気づいたら棚いっぱいに食器が.....なんてことありませんか?
今回はそんな収納場所に悩む食器の上手な収納術をご紹介します。食器収納はその配置と収納する棚が大事! さっそく賢い収納術をチェックしてキッチンをすっきりさせましょう。

1. いかに食器を用途別に収納できるかが大事

ほっておくと、みるみると増えていく食器たち。ずっと使えるものだからこそ新しい食器を買ったからといってもそう簡単には手放すことはできないですよね。
食器収納は、いかに使うもの・使わないものを分けて収納できるかがポイントです。さっそくちょっとした工夫で食器がすっきり片付く収納術をみていきましょう。

①よく使うものは手が届く場所に

基本的に毎日使うようなお茶碗・取り皿やマグカップにグラスなどはすぐにてが届く一番下の棚や中間の棚に収納しましょう。
最近では棚の中にさらにもう一層棚をつくることができる食器用の仕切りも簡単に手に入るので、こうやって空間を無駄にしない収納を心がけるのがおすすめです。

②余分にある食器や使わないものはボックスに収納

毎日使う必要がない余分なプレートなどは収納ボックスに入れて収納してしまいましょう。滅多に使わない食器はとくに一番上のすぐ手の届かないスペースに収納してしまうのが便利です。
逆に食器い以外でもすぐ取り出したいポットやお鍋などのキッチン用品は、簡単に手が届く範囲に収納しておきたいですね。

③重ねて収納できる食器を選んでスペースを確保

とくにスペースを取るマグカップ。重ねて収納するのが難しい食器たちは食器棚に収納するのには困りますよね。
次に買い足すマグカップは、もともと重ねて収納ができるようなデザインのものを買う!と決めておけば今後食器の収納にスペースがない!と困ることも少なくなります。
すでにマグカップがありすぎる!というおうちは、マグカップをフックにかけて見せて収納するという手もありますよ!

2. 食器収納は置く場所にこだわるべし!

こだわって買った食器は、引き出しはキャビネットにしまっておくだけではもったいないですよね。せっかく揃えたおしゃれな食器たちは、収納するときも置く場所にこだわってみましょう。
ここでは置き方でよりキッチンがおしゃれに見える食器の収納術をチェックしていきましょう。

①見せる収納でディスプレイを楽しむ

海外ではとくに定番のこちらの食器棚。プレート一枚一枚を個別に立てて収納することができます。横に重ねて収納するのとは違って取り出しやすいのが魅力です。
こんなにおしゃれな食器棚なら、こだわりの食器を飾ってみたくなりますよね。

②ガラス戸のキャビネットはキッチンのイメージを決める

ガラス戸がついた食器棚はとくにキッチンのイメージをガラっと変えます。中の食器もきれいにみえるので、ここはショーケースのようにお気に入りの食器たちをおもいっきり見せびらかしちゃいましょう。
重ねて収納がしづらい食器や、謝って割りたくない大事な食器などはこういったキャビネットに収納しておくのがおすすめです。

③食器を食器らしく置かない

食器をインテリアの一部として飾るのもステキですよ。手作りの陶器や、一点物の大事な食器などはとくにこうやって個別に棚を仕切ってインテリアとして飾っちゃいましょう。

3. 食器収納のスペースがないなら作ろう

きちんと用途別に分けて収納していても、やっぱりスペースが足りない......。そんなときは自作で食器用の棚を作ってしまうのもひとつ。
自分でつくる食器棚は、今持っている食器に合わせて高さや幅を調節できるので、とっても便利なんです。

①DIYで食器用の収納棚を作ろう

食器用の棚はいたってシンプル。サポートの板さえしっかり設計しておけばDIY初心者さんでも意外と簡単につくることができますよ。
重ねて収納できるプレートやお椀の棚は少し狭目に、高さが必要なカップや、ボウルなどの食器の棚は大きめにスペースをとったりと自由にカスタマイズしながら作れるのが魅力のひとつです。

最近では、棚の高さだけ自由にカスタマイズできるユニットシェルフも気軽に購入することができます。これならいちから自分でつくる必要なく、もっている食器に合わせて高さを調節しながら収納することができますよ。

②壁に取り付けて見せる食器棚

こだわりの食器や、重ねて収納できる食器が溢れているときは、壁に取り付けられるような飾り棚をつくってもいいですね。
壁なら、キッチンのスペースを有効活用しつつ食器を収納できるのでとっても便利! カスタマイズしてフックを取り付けたり、ボックスタイプの棚をつけてディスプレイを楽しみましょう。

③隙間スペースを使った棚収納

オープンキッチンやキッチンカウンターのあるおうちにおすすめは、隙き間スペースをとことん活用したカスタマイズの食器棚。このようにキッチンカウンター下のスペースをおもいっきり活用して、長い食器棚も作れちゃいますね。
これなら見せる収納を楽しみつつ、食器も必要なときにすぐに取り出せるので便利です。
これで食器が増えても安心収納

いかがでしたか? スペースがないとわかっていても、ついつい増えてしまうお気に入りの食器たち。料理好きな方やキッチン雑貨好きな方ならとくに経験したことがあるのではないでしょうか?
まずおすすめしたいのは、使う食器使わない食器をきちんと整理すること。どのように食器を配置するのか、収納ボックスにまとめて収納した方がいいのかを考えながら棚に置いていきましょう。
それでもスペースが足りないときは、見せる収納棚でキッチンの空間を広げてみてくださいね!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事のキーワード

関連記事