自然の中で心と体を癒そう!栃木のおすすめ日帰り温泉8選

栃木県は都内からのアクセスもよく、日光国立公園など観光スポットが多くあります。また、那須塩原や鬼怒川など有名な温泉郷も多くあります。観光、ハイキング、スキーなどに訪れた際にはぜひ温泉にもお立ち寄りください。このエリアには日帰り入浴できる施設が数多くありますが、ここでは露天風呂を持つ入浴施設をご紹介しいたいと思います。自然の中で日頃の疲れをゆっくりと癒してください!
pbook 2016.08.01

 1. 道の駅うつのみや ろまんちっく村 湯処あぐり

道の駅ろまんちっく村

出典元:Instagram

東京ドーム6個分もの広さを持つ「道の駅うつのみや ろまんちっく村」。ここに温泉施設「湯処あぐり」があります。露天風呂からは鞍掛山、古賀志山、赤岩山の雄大な山並みを楽しむことができます。

マッサージも利用できるので、日ごろの疲れをゆっくりと癒して下さいね。またプール温泉の「アグリスパ」には、25mの変形プール(屋内)、サウナ、ジャグジーなども揃っています。夏季には円形の屋外プールもオープンします。ご家族やお友達と一緒にお楽しみ下さい!

「道の駅うつのみや ろまんちっく村」には、そのほか牧場、直売所、ドッグラン、宿泊施設などの施設があります。四季折々の風景を楽しみながら、ゆっくりとおくつろぎください。東北自動車道「宇都宮」ICから5分とアクセスもいいですよ。

 
【情報】
住所:栃木県宇都宮市新里町丙254
TEL: 028-665-8181
営業時間:10:00~21:00
定休日:第2火曜 (祝日の場合は翌日)
公式HP:湯処あぐり

2. ほたるの里 梵天の湯

ほたるの里 梵天の湯

出典元:Instagram

上河内地区は「ほたるの里」として知られています。ここに湧出する温泉は1分間に276リットルと豊富。源泉かけ流しの露天風呂と内風呂を楽しめます。露天風呂からは、宇都宮市の北端にそびえる羽黒山を眺めることができます。

ほたるの里 梵天の湯

出典元:Instagram

砂風呂も有名です。体が芯まで温まり、健康増進、疲労回復、美容に効果があります。ゆったりと寝そべることにより、心も休まるそうですよ。

そのほか、館内にはサウナ、浅い浴槽で手足を伸ばせる寝湯、貸切風呂などがあります。レストランもあり、定食や麺類などのお食事もいただけます。オリジナルの「ゆずソフトクリーム」も人気です!

 
【情報】
住所:栃木県宇都宮市今里町18-4
TEL: 028-674-8963
営業時間:10:00~21:00
定休日: 第1・3木曜(祝日の場合は翌日)
公式HP: ほたるの里梵天の湯

3. 四季の湯

四季の湯

出典元:Instagram

川俣温泉へ通じる県道沿いにある日帰り温泉施設です。男女別に分かれた露天風呂があり、開放感あふれる大自然の中で入浴を楽しめます。アルカリ度が強い源泉かけ流しの湯で、肌がツルツルになると評判です。隣接して民宿「栗山観光ドライブイン」があり、お食事もいただけます。

四季の湯

出典元:Instagram

四季の湯のそばには、土呂部川という清らかな流れがあり、マイナスイオンをたっぷりと浴びることができます!また、樹木の香りを楽しんだり、四季折々の風景を眺めたりと心も体も休めることができます。なお、四季の湯は1月~3月の冬季はお休みとなります。

 
【情報】
住所:栃木県日光市黒部21
TEL: 0288-97-1269
営業時間:8:00~21:00
定休日: 無休
公式HP:  四季の湯

 

4. 鬼怒川仁王尊プラザ

仁王尊プラザ

出典元:Instagram

鬼怒川温泉の南端近くにあります。敷地内には、入浴施設のほか、宿泊施設、釣り堀、バーベキュー場などもあり、1日ゆっくりと遊ぶことができます。断崖にある湯小屋には、屋形船の形をした露天風呂があり人気を呼んでいます。この屋形船は、鬼怒川のライン下りに使われていたものだそうです! また、春~秋には水着着用の男女混浴の露天風呂があり、眼下に鬼怒川を眺めながら入浴することができます。水着がない方は、湯あみ着(有料)も用意されています

仁王尊プラザ

出典元:Instagram

風呂上りには庭園の散策もお楽しみ下さい。大きな仁王像があり、参拝すると子宝や金運に恵まれるそうです。宿泊施設もあり、リゾートマンション型の和洋室が用意されています。また、大きな釣り堀ではマスやイワナ釣りが楽しめます。釣った魚はその場で塩焼きにして食べることもできます!

 
【情報】
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原371-1
TEL: 0288-76-2721
営業時間:9:00~21:00
定休日: 不定休
公式HP:鬼怒川仁王尊プラザ

この記事のキーワード

関連記事