体にやさしい特別なコーヒー。こだわりが詰まった蔵前のカフェ「SOL'S COFFEE ROASTERY」

昭和モダンな雰囲気を今に残す蔵前。そんな蔵前で高い人気を集めているカフェが「SOL'S COFFEE ROASTERY(ソルズコーヒーロースタリー)」です。「体にやさしいコーヒー」をコンセプトに、毎日飲んでも胃の負担にならないこだわりのコーヒーをいただけると評判。オーナーの熱い思いが詰まったコーヒーを堪能しませんか?
pbook 2016.08.09

昭和モダンな町、蔵前で愛されるコーヒーショップ

ソルズコーヒー

出典元:Instagram

東京都台東区に位置する蔵前は、昭和モダンの雰囲気を感じられる落ち着いたエリア。おしゃれな雑貨店やグルメスポットなどが立ち並び、休日の散歩にぴったりの場所です。

そんな蔵前には多くの人から愛されているコーヒーショップ「SOL'S COFFEE ROASTERY(ソルズコーヒーロースタリー)」があります。「SOL'S COFFEE」と書かれた木の看板とガラス張りの開放的な外観が目印。はじめて訪れる方でも入りやすい空間になっています。

ソルズコーヒー

出典元:Instagram

店内に一歩入ると、豊かなコーヒーの香りがお出迎え。カウンターの奥にある黒板には、その日に飲めるコーヒーをはじめとしたドリンクメニューが書かれています。

まるで外国のコーヒーショップを訪れたかのようなおしゃれ感を楽しめるのも「SOL'S COFFEE ROASTERY」の魅力。コーヒーに詳しいスタッフが常勤しているので、どのようなコーヒーを飲もうか迷ったときも相談にのってくれます。アットホームで落ち着いた雰囲気の中で、楽しいコーヒータイムを過ごしてみてはいかがですか。

胃の負担にならないやさしいコーヒー&フード

ソルズコーヒー

出典元:Instagram

このお店のコンセプトは「毎日飲んでも胃が痛くならない体にやさしいコーヒーを提供すること」。そのコンセプトを実現するために最もこだわっているのが焙煎方法。もちろん、お店の焙煎機を使った自家焙煎を行っています。

まずは豆に混じっている小石などの不純物をハンドピッキングで取り除いてから焙煎。豆を一晩寝かせてから再び焦げた豆や形の悪い豆をハンドピッキング。通常は1回行うハンドピッキングを2回行うことにより良質なコーヒーを提供しています。

ソルズコーヒー

出典元:Instagram

焙煎過程でなるべく酸化を起こさないようにしているのもポイント。コーヒー豆の酸化が進むと飲み口が悪くなるのと同時に体への負担も増えてしまいます。酸化を防ぐことで、毎日飲んでも負担にならないすっきりとした味わいに。

ラテ系のコーヒーには、かわいらいしラテアート付きなのも魅力。愛らしい表情のクマや季節をモチーフにしたデザインなど、いろいろなラテアートを作ってくれます。訪れるたびにどんなラテアートが出てくるのがワクワク楽しみになりますね。

ソルズコーヒー

出典元:Instagram

コーヒーと相性ばっちりなフードメニューも要チェック。バターや砂糖を極力使わずにつくるサンドイッチは女性からの人気がとても高いと評判です。「海老とアボカドのサンドイッチ」や「スパムと卵のサンドイッチ」などバリエーションも豊か。ボリュームがありながらもヘルシーな味わいを楽しめます。

ソルズコーヒー

出典元:Instagram

サンドイッチ以外にも、さまざまなフードメニューがそろっています。その日のおすすめ商品がカウンターの上にずらり。スコーン・パウンドケーキ・マフィンなど、ちょっと甘いものが欲しいときに嬉しいスイーツ系も充実しています。

ソル(SOL)=思いがけない幸福を偶然発見する能力

ソルズコーヒー

出典元:Instagram

「SOL'S COFFEE ROASTERY」の「SOL」とは「Serendipity(セレンディピティ)」の略。セレンディピティは「思いがけない幸福を発見できる能力」という意味を持つ言葉です。

日常の中の幸福にコーヒーがなれたら……という気持ちがこめられた「SOL」という店名。そうしたところからも、コーヒーやお客さんに寄せるお店の思いを感じられます。

代表・荒井 利枝子さんの熱い思い

ソルズコーヒー

出典元:Instagram

このお店を切り盛りしているのは代表の荒井 利枝子(あらい りえこ)さん。大学を卒業した2009年に起業して「SOL’S COFFEE」をオープン。コーヒーの移動販売からはじめたところ徐々に評判を呼び、現在は江戸川店、蔵前店といった計4店舗を運営しています。

ソルズコーヒー

出典元:Instagram

蔵前は荒井さんにとって特別な町。起業したてで右も左も分からないころから同じ経営者として支えてくれた仲間がたくさんいると言います。

そんな仲間達に支えられながら、「家族や恋人からも認められる会社」になることが荒井さんの目標。お客さんだけでなく、スタッフ全員が楽しく幸せに生活できるような会社作りに熱い思いを抱いています。

この記事のキーワード

関連記事