手土産にも、自分用にも。東京で買える老舗の最中おすすめ10選

東京の銘菓として羊羹やどら焼きはよく知られていますが、実は同じくらい人気のお菓子に最中があります。東京の最中には長く愛されている名店の味から、斬新な一風変わったものまで本当にさまざまなものがあり、手土産としてどこに持って行っても重宝されます。今回はそんな最中の中でも東京の新定番と言っても過言ではない、大人気の最中10選をご紹介しましょう。
pbook 2016.08.09

1. 空也 | 伝説の最中として知られている超人気最中のお店

東京 最中

出典元:Instagram

予約するか朝一でお店に並ばないと買えない、伝説の最中として知られているお店が「空也」。何十年も前から必ず最中はここで買うという人がいるくらい人気の和菓子店です。

小ぶりでかわいい見た目の最中は、皮が香ばしくサクッとした食感を楽しむことができます。添加物などを一切使用しないで作られた餡は、水分少な目で皮との相性が良く素朴な味わいが癖になります。

 

【店舗情報】

・住所:東京都中央区銀座6-7-19
・TEL:03-3571-3304
・営業時間:月~金10:00~17:00 土10:00~16:00
・定休日:日祝日
・参考元:食べログ

2. 新正堂 | 見た目も名前もインパクト大な最中のお店

東京 最中

出典元:Instagram

大正元年より創業している、雑誌やテレビなどでもおなじみのお店といえば「新正堂」。この新正堂の看板商品の最中は、見た目も名前もインパクト大なその名も「切腹最中」と言われるもの。

切腹最中は店主の住んでいた家が浅野内匠頭の切腹の場所だったことにちなんで作られたもので、謝罪の際の手土産としてや切腹する気持ちで頑張るという前向きな意図を込めて結婚式や卒業式にも用いられたりします。

小さな最中の皮の中に、これでもかというくらいたっぷり詰められた中の餡は、最中の口を大きく開けたように詰められて、まさに腹を切った切腹そのもの。甘さ控えめで非常に上品な味わいとユニークな発想で大人気です。

 

【店舗情報】

・住所:東京都港区新橋4-27-2
・TEL:03-3431-2512
・営業時間:平日9:00~20:00 土9:00~17:00
・定休日:日祝日
・HP:新正堂

3. 小ざさ | 行列のできる人気羊羹店の隠れヒット商品

東京 最中

出典元:Instagram

1日150本限定で販売される羊羹を求めて真夜中から並ぶ人もいる人気和菓子店として有名な「小ざさ」。その小ざさで販売されているもう一つの人気商品が最中です。

羊羹が1日150本限定で作られるのに対し、最中はなんと1日1万個以上、繁盛時には最高で1日4万個も売り上げる驚きのアイテム。その味は小豆本来の味わいを活かすように作られた、口当たりの柔らかい餡と、それを包み込む香ばしい皮のバランスが絶妙な味わいです。

 

【店舗情報】

・住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8
・TEL:0422-22-7230
・営業時間:10:00~19:30
・定休日:火曜日
・HP:小ざさ

4. 中里菓子店 | 一風変わった揚げ最中で有名なお店

東京 最中

出典元:Instagram

明治6年に創業した歴史あるお店が「中里菓子店」。その中里の3代目が昭和初期に考案し、今なお人気を博しているのが看板商品である「揚最中」です。最中の皮を上質なゴマ油で揚げる一風変わった最中は、風味が非常に強く練り上げた小倉餡と上品に絡み合います。

そのおいしさは衝撃を覚えるほどで、一度食べ始めると止まることなく食べ続けられてしまうほど。リピート確実な逸品です。

 

【店舗情報】

・住所:東京都北区中里1-6-11 中里SUZUKIBLD
・TEL:03-3823-2571
・営業時間:10:00~18:00 土祝日10:00~17:00
・定休日:日曜日
・HP:中里菓子店

この記事のキーワード

関連記事