バターがもっとおいしくなる。1つもっておきたい、優秀バターケース6選

食卓にかかせない「バター」の保存。皆さんはどうしていますか? 常温で保存するのが一番最適なバターですが、お住まいの地域によっては常温保存が難しい方も......。今回は温度に左右されやすいバターを、常温でも冷蔵庫の中でもしっかり保存してくれる万能な「バターケース」をまとめてみました。あなたのキッチンにあったバターケース、見つけてみましょう!
pbook 2016.08.16

保存方法でバターの味が変わる?

butter

出典元:Instagram

食卓に必ずと言っていいほど置いてある「バター」。皆さんはどのように保存・使用していますか?

バターは実は、室温や保存方法によっては味が落ちてしまいやすい食材なんです。

スーパーから買ってきたバターは銀紙に包んで販売されているものがほとんど。そのまま冷蔵庫にしまっている方もいるのではないでしょうか? でもその保存方法ではせっかくおいしいバターを買ってきても酸化しやすく、味が変わってしまうこともあるんです。

バターは「バターケース」に入れよう

butter

出典元:Instagram

おいしいバターの味をいつも保つには、「バターケース」がおすすめです。最近では機能性だけではなくて、見た目もかわいいものがたくさんあるんですよ!

今回はそんな室温と空気に敏感なバターの保存にぴったりな、バターケースの特徴の魅力をご紹介します。常温保存や冷蔵庫での保存にぴったりなバターケースをチェックしていきましょう。

バターケースってどんなものがあるの?

常温保存が一番おいしい

butterdish

出典元:Instagram

ほどよく柔らかいバターを、アツアツのトーストに乗せて食べる朝食は幸せですよね。湿気が少なく、それほど気温が上がらない海外の地域では、バター冷蔵庫に入れず常温保存するのが定番です。

バターケースに入れておけば、密閉性もあり酸化しにくいので、バターを買ってきたらすぐにケースに移して保存します。いつでも程よい固さのバターが使えるバターケースは、とっても便利なんですよ。

定番のガラス製バターケース

butterdish

出典元:Instagram

こちらは定番デザインのガラス製バターケース。バターディッシュとも呼ばれまさにプレートにバターを乗せたまま保存することができます。

ガラス製だとふたを開けずにバターの状態もチェックできるのも便利なポイント。光があたりやすいので、日光が当たりにくい場所で保存するのが最適です。

バターがいつもの倍美味しく見えるステンレス製バターケース

butter

出典元:Instagram

こちらはステンレス製のなんとも豪華なバターケース。まるでホテルのレストランにあるようなおしゃれなアンティークデザインですよね。ステンレス製は丈夫なうえにバターの鮮度も保ってくれるのでおすすめです。

水で保存するバターケースもある!

butterdish

出典元:Instagram

こちらはなんと水をいれた容器にバターを保存する、ユニークなバターケース。海外では、やわらかくてベストなバターが食べれると評判になり揃える方が増えてきています。

上に乗せているおわん型の容器にバターを詰めて、片方の容器には水を入れます。お椀を逆さにしてふたをするように沈めることでバターの表面が水で密封され、空気が入らなくなるので酸化防止になるんです。

いつでもクリーミーなほどよい柔らかさのバターが食べられるのはいいですよね! ちなみに日本では通販サイトなどでこのバターケースを購入することができるそうですよ。

日本ではやっぱり常温保存は不安......

butterdish

出典元:Instagram

常温保存が一番理想だと言っても、湿度や気温が高くなる日本では常温保存はちょっと心配ですよね。

バターを痛めてしまうこともそうですが、気温や湿気が高すぎるとせっかくバターケースに入れていたバターもドロドロに溶けてしまうことも......。バターの融点は約28度といわれているので、特に暑い夏の日には常温での保存は難しいところです。

常温での保存よりもやっぱり冷蔵庫で保存したい!そんなときに便利な、冷蔵庫保存で鮮度とおいしさを保ってくれるバターケースをまとめてみました。

見た目も使いやすさも満点な「ホーローバターケース」

butterdish

出典元:Instagram

シンプルでナチュラルな見た目が、なんともかわいらしいホーロー製のバターケース。匂いを吸収しやすいバターは、入れる容器によって味が変わってしまうこともあります。ホーローなら、もともと容器自体が匂いのつきにくい性質なのでバターを保存しても安心。ちなみにこちらのバターケースは逆さまにして開けることで、木製のふたがトレイ代わりになるんですよ。

ホーローは熱伝導もいいので、バターを使う少し前に容器を取り出しておけば、室温でほどよくバターが柔らかくなります。バターを使い切った後、洗い物がしやすいのも魅力のひとつですよね。

冷蔵庫保存だからなせる技! 「バターカッター」

butterdish

出典元:Instagram

こちらはなんとバターケースにカッターが付いているアイテム。バターを常温で保存しているとできないのが、あらかじめスライスしておいたバターを使うこと。トーストやお菓子作りをするときにはカットしておいたバターが使いやすく便利です。

買ってきたバターをケースに入れてすぐにカットしておけば、冷蔵庫で保存することで程よい固さになります。シリコンがケースのふちに取り付けてあるものを選んで密閉性を高めましょう。

冷蔵庫の中でも適温をキープ「木製バターケース」

butterdish

出典元:Instagram

最近じわじわと人気を上げてきているのがこちらの木製のバターケース。こんなおしゃれな木箱にバターを保存するなんて、なんだか粋ですよね。木でできているので、他のバターケースと比べると容器の中の温度を高すぎず低すぎずな適温で保つことができます。

また、実際にバターを使うときもテーブルに置いておくだけでおしゃれに決まるのも人気のひとつです。香りのいい木製のバターケースのおかげで、バターを使うときにはほんのり木の香りがしますよ。

この記事のキーワード

関連記事