オセアニア風カフェ。清澄白河のiki ESPRESSO TOKYOの魅力

アメリカ発のサードウェーブコーヒーショップ「ブルーボトル コーヒー」日本第一号店がオープンし、下町のアートエリア・清澄白河がコーヒーの街として定着して早1年。そろそろ落ち着いて来たかと思われる2016年1月にオープンしたのが「iki ESPRESSO TOKYO」です。オセアニアンスタイルのカフェとして清澄白河で独自の路線を歩むカフェの魅力を掘り下げます。
pbook 2016.08.16

コーヒースタンドのメッカ・清澄白河で営むオセアニアスタイルのカフェ

iki ESPRESSO

出典元:Instagram

「イキ エスプレッソ」のオーナー原瀬輝久さんはニュージーランドのコーヒー会社「オールプレス・エスプレッソ」の日本法人社長として清澄白河に「オールプレス・エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェ」をオープンさせた立役者。「ブルーボトルコーヒー」が上陸する10ヶ月も前にこの地にコーヒーショップをオープンさせた先見の明の持ち主です。

その後、オセアニアのカフェ文化をもっと日本に浸透させたいという思いから社長を退きます。自らのカフェの準備を進めていたところ、茅ヶ崎でエスプレッソとライフスタイルを融合した「iki ESPRESSO」を営んでいた小林修人と意気投合して清澄白河に新生「iki ESPRESSO」をオープンすることになったのです。

iki ESPRESSO

出典元:Instagram

エスプレッソとライフスタイルのコンセプトはそのままに、そこにオセアニアスタイルの食文化のエッセンスをプラスした「iki ESPRESSO TOKYO」。オシャレだけれど肩の力の抜けた居心地の良い空間とおいしいコーヒーとフードが評判を呼び、地元の人を始めとした多くの人で賑わっています。

コーヒーはもちろん、フードメニューも美味しいと評判

iki ESPRESSO

出典元:Instagram

「iki ESPRESSO TOKYO」で提供されるコーヒーは、原瀬さんが所属していた「オールプレス・エスプレッソ」の豆を使用。ツウに好まれる豆を使い、専用のバリスタが美味しいコーヒーに仕上げてくれます。ジュースや自家製レモネードやスムージーなどもあり、子連れファミリーでも入りやすいもの生活に根付くカフェならでは。

iki ESPRESSO

出典元:Instagram

また、こちらのカフェが他とひと味違うところはフードにあります。何しろシェフとパティシエが専属で勤務しているので、フード乃美味しさに定評ありなんです。グルメバーガーやパスタ、オムレツなど、コーヒーと合わせて食べたいメニューが目白押し。経験豊富なシェフが作ることもあり、どれも専門店のような味と評判が高いのも特徴です。

iki ESPRESSO

出典元:Instagram

焼き菓子やキッシュ、ケーキにもグルメな人も思わずうなるメニューがずらり。都内のケーキショップで10年以上勤めた細川シェフはオリジナルメニュー作りにも余念がなく、訪れる度に新しいメニューに出合えそうです。

元工場をリノベーションした心地良い空間

iki ESPRESSO

出典元:Instagram

元工場をリノベーションしたお店の外観はとてもシンプル。古い建物の雰囲気を壊すことなく下町の雰囲気に溶け込んでいます。むき出しのコンクリートと白壁、そしてブラックのシンプルなロゴのコントラストはシンプルながら目を引きます。スタイリッシュでおしゃれな印象ですね。

iki ESPRESSO

出典元:Instagram

入り口から入って細長い店内をまっすぐ奥に進むとカウンターがあります。こちらにはキッシュやタルトなどが並び、そのおいしそうな見た目に惹かれてついつい一緒に注文してしまうこと間違いなしです。

iki ESPRESSO

出典元:Instagram

外観からは想像できないほど店内に入ると開放的な雰囲気です。細長い店舗にありがちな光が入りにくいという部分を、入り口をフルオープンにして光を取り入れることで解消しています。友人や恋人、そして家族と。誰と行っても会話が弾みそうな明るい店内ですね。

展示会会場にもなる多目的スペースも完備

iki ESPRESSO

出典元:Instagram

カフェの横には多目的スペース「iki STYLE」も併設しています。こちらではアパレルの展示会やアーティストがギャラリーとして利用したりとさまざまな使い方で楽しむことができます。カフェにDMを置いてくれたりプロモーションの手伝いもしてくれるので、あまりギャラリーの利用に慣れていない人にも利用する価値大です。

iki ESPRESSO

出典元:Instagram

過去にはスケートショップやアパレル展示会、サングラスの販売などが行われました。アーティストによる販売会なども行われているので、おいしいコーヒーを飲みながら気軽にお気に入りの作品を見付けることができます。

iki ESPRESSO

出典元:Instagram

変わり種でいうと2016年7月には香川のうどん屋の名店「純手打うどん よしや」が1日限定で店前でオープンし、大盛況となりました。うどんとコーヒーという異色のコラボですが、ライフスタイルカフェという観点からいうと日本のカフェならうどんがあってもいいじゃない、っていうことかもしれません。

この記事のキーワード

関連記事