超地元密着型。清澄白河のカフェARISE COFFEE ROASTERSの魅力

下町のアートエリア・清澄白河がコーヒーの街としてすっかり定着しましたが、その中でも異色の存在なのが今回紹介する「アライズコーヒー ロータス」。子供からお年寄りまで老若男女問わずお店には常連さんが訪れ、時には海外からの訪問客で店内に英語が飛び交うことも。そんなボーダレスなお店を作り上げるオーナーとお店の魅力をお届けします。
pbook 2016.08.13

コーヒー界の裏方として支えた元焙煎士オーナーのこだわり

アライズコーヒー

出典元:Instagram

老舗焙煎会社で10年間焙煎士として働いたオーナーの林大樹さん。その後、清澄白河にあるコーヒーショップ「ザ クリーム オブ  ザ クロップ コーヒー」が自宅近所にオープンすることを知り、働くことになりました。

今まで裏方としてコーヒー界を支えて来たところから一転、前面に出てお客さんと接する楽しさを知り、1年半程で独立してオープンさせたのが「アライズコーヒー ロースターズ」でした。

 

アライズコーヒー

出典元:Instagram

なぜ清澄白河だったのか、という答えが中学時代から夢見ていたスケボー通勤が可能な場所だったからというユニークな発想の持ち主の林さん。

元勤務先の「ザ クリーム オブ  ザ クロップ コーヒー」も同じ理由で選んだということからもその気持ちに偽りなしということが良く分かります。

林さんのユニークで飾らない人柄を慕う人はとても多く、常連さんも小さな子供からお年寄りまで様々。

時間がある時は近所の子供と遊んだりペット連れのお客さんのペットとたわむれたりとオーナーと客の境界線の低さはピカイチ。そんな空気に心地良さを感じて常連になる人が後を断たないのです。

また、海外からわざわざやってくるお客さんも多く、店内に英語が飛び交うこともしばしば見られる光景です。

コーヒー&フードメニューについて

アライズコーヒー

出典元:Instagram

店の雰囲気も抜群だけれど、焙煎士というだけあって味にももちろんな並々ならぬこだわりがあります。常時5種類以上の豆が瓶詰めにされて並べられていて、どれにするか選ぶと一杯ずつドーナツドリッパーで抽出してくれるんです。

自分だけの一杯を淹れてくれるこの贅沢な時間はコーヒー好きならずとも嬉しくなりますよ。オーナーの一番のオススメコーヒーはドミニカ/プリンセサ。

個性が立ち過ぎていない分、どんなシーンでもおいしく飲めるのがこの豆のポイントです。さらには、お店で唯一切らしたことのない定番メニューでもあるとのこと。

初めて行ってどれにしようか迷ったらまずはこちらを頼むことをオススメします。ちなみにアイスは1種類なので、その日セレクトされた豆を味わってください。

 

アライズコーヒー

出典元:Instagram

コーヒーにこだわりがあるのでフードは外注がメイン。とはいえ、こだわってます。場所を同じく江東区内にある「手作りパンと焼き菓子の店コトリパン」から、毎日コーヒーにぴったりとハマるパンと焼き菓子が届けられています。

軽い昼食やオヤツタイムにはぴったりです。下町らしい低価格で絶品パンが食べられると人気のお店なので、本店で品切れとなっていることもしばしば。

地元民の間では、売り切れちゃったら「アライズコーヒー ロースターズ」行こうなんて言われる穴場にもなっています。

 

地元の人に愛されるなんとも愛嬌のある佇まいのお店

アライズコーヒー

出典元:Instagram

清澄白河で最近増えているコーヒースタンドと比べるととっても庶民的な外観ですが、それがまた地元民から愛されるポイント。交差点に位置するお店の前にはロードバイクがあるかと思えば子供乗せ自転車が停まっていたりと、客層の広さを感じさせてくれます。

店内は座って飲める場所も限られているため、店外にある椅子に座って中の人達と会話している姿も「アライズコーヒー ロースターズ」の風物詩となっています。

 

アライズコーヒー

出典元:Instagram

店内には壁一面スケートボードが飾られていて、その前にドドンと焙煎機がスタンバイ。オーナーの林さんにとって焙煎もスケボーも趣味ではなく日常のひとつ。

なくてはならないものということであまり広くはない店内(失礼!)で視覚的には大部分がこの2つが占めています。

 

アライズコーヒー

出典元:Instagram

界隈のコーヒー店が軒並みシンプルなロゴを使っている中で、ちょっと昭和を感じさせる可愛らしさも「アライズコーヒー ロースターズ」の特徴のひとつです。

自宅での再現性の高さを目指したテイクアウトの豆が魅力

アライズコーヒー

出典元:Instagram

焙煎所ですからもちろんテイクアウトも可能です。林さんはおいしいコーヒーを家で同じようにおいしく飲めるよう、再現性にこだわって焙煎をしています。そのこだわりの豆をぜひ自宅でも味わってみてください。

 

アライズコーヒー

出典元:Instagram

この無骨なんだけれどオシャレにも見える絶妙なパッケージが人気です。男女問わずセンスのあるコーヒー好きな相手へのプレゼントにもぴったりです。

 

アライズコーヒー

出典元:Instagram

裏側には購入した豆の詳細が大胆に手書きされています。家に帰ってからもオーナーの人柄を思い出して暖かい気持ちになれそうです。

この記事のキーワード

関連記事