和食がもっと好きになる。東屋食器で揃える日本の食卓

「東屋」の和食器をごぞんじですか? 日本の食卓には欠かせない日本食のための食器を揃えている老舗の器屋さんです。今回はそんな昔ながらの使いやすい無駄なのない東屋食器シリーズをまとめてみました。ずっと使い続けられるデザインが好評な、おすすめアイテムをご紹介します。お気に入りの和食器を揃えてみましょう。

日本の食卓には和食器が似合う。

日本の食卓には欠かせない、お味噌汁や白ご飯にお漬物など……和食にぴったりな食器で盛り付けられたらいつもの食卓がもっとおいしく見えますよね。全体の彩りやバランスが大事な和食にはとくにこだわりある食器を使いたいものです。

国内外の日用品を扱う「東屋」。その中でもこだわりぬいた東屋オリジナルの和食器が今食器好きな方の間で大人気なんですよ。

東屋の食器が美しい理由

plate

出典元:Instagram

東屋では、使いやすくて飽きのこない日用品を取り扱っていますが、お店の8割は東屋オリジナルのものなんだとか……。無駄のない、飾らないシンプルな日用品にこだわる東屋の和食器。みているだけで一式揃えてみたくなるくらい素敵なものばかりなんですよ。

飽きのこない模様

東屋の魅力は、先年も使える日用品が揃っていること。そこまで長く使える丈夫なものという意味ではなく、ずっと長く飽きずに使えるものが揃っているということ。

東屋オリジナルの食器には、日本らしい伝統模様をモダン化したものが数多くあります。どこか懐かしさや奥ゆかさもありつつ、どんな料理も使えそうな色合いと柄が魅力なんです。

「ずっと使える」にこだわった食器

東屋で作られているオリジナル商品は、東屋で製造されているわけではありません。デザイナーと職人との間に東屋がはいることで、スムーズに製造する役割を担っています。

職人さんやデザイナー以上に、使いやすさと飽きのこないデザインを追求している東屋食器は、ずっと使っていきたい食器が揃っているんですよ。

和食に合わせたい東屋の食器たち

肌触りが癖になるご飯茶碗

和食器の中でも必須なアイテムといえば「ご飯茶碗」。和食を食べるなら必ず使うと言ってもいいほど重要な食器のひとつですよね。日本でとれる素材である伊賀の土を使い、伊賀の釉薬で仕上げたこのお茶碗は、持った時の肌触りと使い心地が抜群です。

左上の白ご飯が引き立つ「黒飴」はつるっとした肌触りが特徴です。比べて右下の淡い白が魅力の「志野」はマットな肌触りが魅力。ほんのりグレーな「石灰」と土の色がぬくもりを与えてくれる「松灰」と4つのお茶碗それぞれ違う魅力のあるアイテムです。

収納しやすく、使いやすい印判小皿

 

plate

出典元:Instagram

東屋の小皿は、和を感じられる日本伝統の印半小皿。模様を手作業で転写し小皿をデザインしていく手法でつくられています。

そんな昔ながらの手法を使いながらも、模様はどこかシンプルでモダン。どんな料理にも盛り付けやすい小皿は、食卓のいろいろな場面で大活躍します。

その使いやすさは料理好きの方から大好評。重ねて収納しても邪魔にならないほどよい薄さなのでお気に入りの柄をまとめ買いするのがオススメです。

ソースやお醤油だって入れられます。ほどよい縁の高さのおかげで、取り皿としてだけでなくソース皿から小鉢などの受け皿にまで幅広く使えます。

どんなものも「和」に変えてしまう東屋の魅力

運びやすさにこだわった「お盆」

もともとはイタリアのバールでよく使われている「バール盆」カラフルで装飾が付いているイタリアのお盆とは対照的なのが、形は同じにしたまま素材と持ち運びやすさをプラスしたこの深型アルミ盆。

海外で親しまれているお盆の形を残しつつ、軽くて持ち運びやすいこのお盆は、使った食器を運ぶのにぴったりなんですよ。

普通のお盆と比べて底が深いので、飲み物やソースが溢れても大丈夫。食器をどんどんお盆に乗せて運べます。使った後はそのままお盆をゴシゴシ洗えるのも使いやすいポイントなんです。

バターが使うのが楽しくなる「バターナイフ」

plate

出典元:Instagram

鮮度と保存方法が大事なバター。湿気や気温の高い日本では冷蔵保存がいいと言われています。冷蔵庫から出してすぐのバターって固くてなかなか使いにくいですよね。

東屋のバターナイフは、普通のバターナイフと比べると刃先がうすく固いバターも楽に薄く削げる優れもの。バターだけでなくチーズなどのナイフでは切りにくい食材もスッと切ることができます。

洋食やおかし作りによく使うバターも、日本製の粋なバターナイフでどこか和を感じられます。

キッチンに飾っておきたくなる「果汁搾り器」

plate

出典元:Instagram

東屋では食器だけでなく、便利なキッチン雑貨も展開しています。ころんとした形がかわいらしいジューサーは、レモンなど果物を絞るときに力を入れずにスッと果汁が絞れるのが魅力。

ちょっとした力でたっぷり果汁が絞れるジューサーは使いやすさにとことんこだわったデザイン。手作りでひとつひとつ作られているのも嬉しいですよね。

関連するキーワード

カテゴリー