大人モードを手に入れる。今からできる大人のモノトーンコーデ集

皆さん、大人コーデを楽しんでますか?大人コーデを完成させたいなら、今すぐモノトーンを取り入れてください。大人モードなファッションを楽しめますよ。ということで、今回は、モノトーンで作る大人モードコーデをご紹介したいと思います!
結子良川 2016.08.24

大人モードは、モノトーンで手に入る

モノトーンコーデ

出典元:WEAR

大人コーデって何だかつまらないコーデになってしまいませんか?単なるシンプルになったり、無難コーデになったり。それじゃファッションは楽しくない。大人になっても、エッジの効いたクールでおしゃれなファッションを楽しみたいですよね。つまり、大人モードとは、大人のシンプルコーデににこなれ感やクールさをプラスしたコーデのことです。そんな大人モードは、モノトーンなら簡単に取り入れられるんです。ということで、大人モードなコーデにまいりましょう!

 

ラフさでこなれ感を演出。カジュアルモノトーンコーデ

シンプルなホワイトシャツにはレトロなサングラスをプラス

モノトーンコーデ

出典元:WEAR

白シャツにジョガーパンツのシンプルなカジュアルコーデ。このコーデがおしゃれに見えるのは、小物使いが上手だから。とくに、サングラスにレトロなアイテムを持ってきていますよね。少し、癖のあるアイテムをプラスすることにより、大人モードなコーデに更新されちゃいます。

ロゴTは黒文字がベスト

モノトーンコーデ

出典元:WEAR

ロゴTはつい派手なものを選びがちですが、シンプルで控えめな黒文字のロゴTをチョイス。今年はハイウエストのパンツと合わせるのがマスト。少し野暮ったいマムジーンズなんかもおしゃれですよ。足元には秋トレンドのファーサンダル。大人モードなので、色は控えめなグレーをチョイスです。

 

ベージュを使いこなして”こなれ感”を

モノトーンコーデ

出典元:WEAR

ベージュなのかグレーなのか微妙なニュートラルなカラーの大きめTシャツ。大きめのTシャツに合わせるなら、レギンスかスキニーがマストです。でもこれだけでは、普通のリラックスなカジュアルコーデになってしまう。そこで、ハットが登場。ブラックのハットでクール感をプラスして。

リラクシーな大人モードコーデ

ゆったり感が肝!ワイドパンツコーデ

モノトーンコーデ

出典元:WEAR

大人モードで攻略してほしいのが、リラクシーなコーデ。ゆったりしたサイズ感が大人の余裕を醸し出してくれます。オールブラックのワイドパンツコーデも普通じゃ物足りない。なら、ボトムスに柄を取り入れてみましょう。難しい柄コーデもボトムスからなら、抵抗感が和らぐかも。オフショルは、大人はブラックをチョイス。品あるセクシーを演出して。

長く、長く。ロングを意識

モノトーンコーデ

出典元:WEAR

今年の秋はロング丈を意識したコーデを取り入れると、オシャ見えします。モノトーン、特にブラックで全体をロングにまとめると重たくなりがちに。そんなときの救世主は柄ストール。同系色のストールを長く垂らすことによってコーデに立体感がプラスされます。ピアスもタッセルでロングをとことん意識して。

リラックスパンツは半袖ニットと合わせるのが正解

モノトーンコーデ

出典元:WEAR

ピタッとした半袖ニットにゆったり感がおしゃれなワイドパンツ。この上下のギャップがスタイルアップして見えるポイント。リラクシーなコーデを忘れないように足元はサンダルで調整。ヘアスタイルはクルーネックやタートルネックに合わせてアップにまとめると、すっきりした印象に。

大人モードも、ときにはエッジィに攻める

ヘアバンドに丸サングラス。小物はエッジさを引き出してくれる

モノトーンコーデ

出典元:WEAR

みなさんご存知のように、秋コーデを今から取り入れるなら、カラーから取り入れるのがマストです。ブラックとグレーのモノトーンなら秋見え確実です。トップスとボトムスのフィット感のギャップを意識して。エッジィなコーデに挑戦したいなら、ヘアバンドや丸サングラスなど小物で調整。小物を取り入れるだけで断然おしゃれに見えますよ。

エッジさをプラスするならレザージャケットが簡単

モノトーンコーデ

出典元:WEAR

秋素材のグレージャンプスーツ。その上に羽織るのはレザージャケットです。足元は、ローファーでトレンドを意識。マニッシュなコーデに女性らしさをプラスしたいなら、胸元はすっきり魅せるのがポイント。

少しの肌見せもときには必要

モノトーンコーデ

出典元:WEAR

アラサーになったから、肌見せは厳禁。そんな常識、たまには忘れましょう!思いっきりファッションを楽しむなら、たまには肌見せも必要。お腹見せするなら、上にはロングカーデを羽織って肌見せ具合を調整。大人の女性らしい適度な肌見せなら、おしゃれに見えるのは間違い無しです。ちょびっと見せるのがコツです。

この記事のキーワード

関連記事