マイナス5歳も夢じゃない!「アンチエイジングカラー」コーデ特集

アラサー超えたらアンチエイジングカラーを積極的に取り入れて。色を味方にすると、女はどんどん美しくなる。なんとなく敬遠しがちな色でも、着こなし次第では俄然大人っぽくなります。たくさんのカラーと遊んで、ココロもカラダも若々しく♡ファッションは楽しむものです。

アンチエイジングカラーとは?

色はそれぞれパワーがあり、効果もさまざま。ファッションにもその力を使ってみない?ピンクはホルモン分泌を促進させる効果があり、気分が自然と上向きに。お肌のくすみやたるみを目立たせません。黄色は、希望、元気、明るさをイメージさせる色で、表情に輝きとハツラツさを加えます。緑は聡明さ、透明感をイメージさせ、お肌に潤いを。そんな優秀カラーの着こなし方を色別に紹介します。

「ピンク」で女性ホルモンを活性化!

×黒で大人かわいいを独り占め

出典元:WEAR

大人レディは愛らしいピンクをあえて黒でクールダウン。ピンクTシャツと黒パンツでラクチンコーデに仕上げます。人気ブランド converse のスニーカーでカジュアルさも忘れずに。顔周りが華やかになる、男女問わずウケのいいコーディネートです。

ボトムスにピンクを。×グレーで落ち着いた印象に

出典元:ZOZOTOWN

トップスがピンクに抵抗があるなら、ボトムスに挑戦。くすんだピンクベージュのパンツなら、やりすぎ感がなく、こなれて見えます。グレーのトップスと合わせて、落ち着きのあるコーデに仕上げてみて。

ハズレなしの王道モテコーデ

 

 

出典元:WEAR

ピンク×白は究極の女らしい組み合わせ。甘々のモテコーデはこれで間違いなしです。バッグや靴に辛めカラー黒を持ってきてバランスを整えて。

小物にピンクを

出典元:Pinterest

モノトーンコーデにピンクストールをさりげなく添えて。夏から秋にかけて今すぐ真似できるおすすめコーデの一つです。

この秋はビビットピンクで新鮮味を

出典元:ZOZOTOWN

今季は辛口大人パンクな着こなしがキテます。女度がグンと上がるビビットピンクのトップスにダメージ付きの白デニムを合わせてみて。ピンクはかわいらしさだけじゃない。スパイシーなピンクコーデもあるのです。

ビタミンカラー「黄色」を着こなす

まずはプリーツスカートから

出典元:WEAR

淡い黄色のプリーツスカートをさらりと着ると、健康的で爽やかな印象に。白のトップスとサンダルで爽快感をさらにアップ。耳元に大振りの緑色を持ってきて全体を引き締めるとGOOD。プリーツスカートは黄色初心者にもおすすめです。夏の終わりに一度は着たいおすすめコーディネートです。

ここぞ!の時は、黒と合わせて

出典元:WEAR

今日は目立ちたいのに!ってことありますよね?そんな時は遠慮せずに目立っちゃいましょう。黒のトップスを鮮やかな黄色のフレアスカートにインしてウエスト周りをマーク。スタイルアップ効果を期待して。黒×黄色のミックスは踏切などで使われる通り、人間が無意識に注意がいくもの。特別な1日は誰よりも多く、目を奪って。

×ギンガムチェック

 

出典元:Pinterest

こちらは黄色のニットに黒のギンガムチェックのパンツをチョイスしたコーディネートです。大人かわいく着こなせて、さらに秋を感じさせるスペシャルなコンビです。マイナス3歳は間違いなし!

くすんだイエローも今っぽい

出典元:WEAR

暗め寒色系のトップスにちょっぴりくすんだ黄色のスカートを合わせたコーディネート。スモーキーイエローはアラサー・アラフォーでも気軽に挑戦できるおすすめアイテム。トップスを変えると何通りもコーディネートできるので、一枚持ってて損はなし!

お肌の透明感アップ!「緑」が似合う女になる♡

ワンピーススタイル

出典元:WEAR

こちらは白のTシャツに鮮やかな緑のロング丈ワンピースをさらりと合わせたレイヤードスタイル。爽やかさ、透明感満載のコーディネートです。

×ホワイトの安定感

出典元:WEAR

白のVネックトップスに深みのある緑のミモレ丈スカートをカジュアルに着たコーディネート。肌見せ具合が絶妙でいやらしくない大人スタイル。髪型もラフに抜け感があると素敵に仕上がります。

×ネイビーでおしゃれ度アップ

出典元:Pinterest

こちらは薄いブルーのシャツの上からネイビーのジャケットを羽織って、濃い緑のタイトスカートでキレイめに決めたコーディネート。鉄板色あわせコーデから少しズラすことで、おしゃれ度がアップする着こなしです。タイトスカートを履くときはヒールはマスト。脚のシルエットを美しくしてくれます。

アクセントカラーとして攻略

出典元:Pinterest

爽やかな白シャツにギンガムチェックのパンツを合わせて。幼く見えがちなギンガムチェックですが、シンプルコーディネートなら文句なし。緑のカーディガンをアクセントカラーとして腰に巻いてみて。黒のバッグで引き締めつつ、パールのネックレスで華やかさを。

関連するキーワード

カテゴリー