ワンポイントで元気になれる♪ビタミンカラーコーデ特集

華やかなオレンジやイエロー、グリーンといったビタミンカラーは、コーディネートに一つあると、アクセントになり全体をパッと明るくしてくれるアイテム。今回は、そんなビタミンカラーをさりげなく取り入れたスタイリングや、コツなどをご紹介したいと思います。

さりげなくがポイント!華やかにビタミンカラーを取り入れよう♪

着ている自分だけでなく、周りすらも爽やかにしてくれるビタミンカラーは、さりげなく取り入れるのが基本です。バッグやサンダルなどの小物で合わせたり、カーディガンやシャツなどを肩掛けや腰巻きにしてコーディネートのアクセントに使うと、こなれ感のある着こなしが楽しめるようです。もちろんトップスやパンツなど、ビタミンカラーをメインアイテムとして使うときのポイントなどもまとめてみましたので、チェックしてみてくださいね!

① カーディガンでビタミンカラー

肩掛けがさりげない

kana.さんの「Shark sole Lace‐up Roundtoe flat shoes(シャークソールレースアップラウンドトゥフラットシューズ)(MAMIAN)」を使ったコーディネート

出店元:WEAR

白シャツにデニムスキニーというカジュアルでシンプルなコーディネートに、イエローのパキッとした色味が映えるスタイリングです。ビタミンカラーは白シャツとの相性は抜群で、肩に掛けることで、よりさりげなく爽やかな印象を演出することができそうですね。

ネイビーに映える

JOURNAL STANDARD Lady's バイヤーさんの「エアリーテンジク Vネックカーディガン#(JOURNAL STANDARD)」を使ったコーディネート

出店元:WEAR

今年らしいワイドシルエットのオールインワンに、肩掛けしたオレンジのカーディガンが映えます。オレンジはネイビーとの相性もよく、深い色と鮮やかな色のコントラストが、グッとオシャレな着こなしにグレードアップさせてくれますよ。よく見るとサンダルにもオレンジを取り入れていて、小物の色を統一したまとまりのあるスタイルになっています。

②バッグなら挑戦しやすい

グレーコーディにイエロー

m.yさんの「ジョーゼットノースリーブブラウス(N.(N. Natural Beauty Basic))」を使ったコーディネート

出店元:WEAR

とろみのある素材がエレガントなトップスと、キチンと感のあるキレイなワイドパンツの色をグレーでまとめたコーディネートに、鮮やかなイエローのバッグが存在感のあるスタイルです。コーディネート全体の色味を押さえることで、ビタミンカラーのアイテムも大人な印象で取り入れることができそうですね。

モノトーンコーデにオレンジ

kana.さんの「Pointedtoe Sidecut Pumps(ポインテッドトゥサイドカットパンプス)(MAMIAN)」を使ったコーディネート

出店元:WEAR

ストライプとボーダーの組み合わせが素敵なぺプラムトップスと、真っ白のスキニーパンツのコーディネートに、オレンジのクラッチバッグを合わせたスタイリッシュなスタイリングです。モノトーンでまとめた色合いにビタミンカラーはよく似合いますね。スッキリとしたキレイ目なコーディネートはオフィスなどのシーンでもマネできそうですね。

③足元にビタミンカラー

デニムコーデに合わせる

kana.さんの「本革:Deck Shoes(本革スエードデッキシューズ)(MAMIAN)」を使ったコーディネート

出店元:WEAR

イエローの色味が珍しい、スエードのデッキシューズは足元から爽やかな印象です。ロールアップしたデニムも涼しげで、薄い色合いがイエローの色味とよく合いますね。さりげなく肩掛けしたボーダーのカーディガンや、クラッチバッグと相まって夏らしいコーディネートに仕上がっています。

カジュアルスタイルに

たろ☺︎さんの「【adicolor】オリジナルス スタンスミス [STAN SMITH TONAL REF](adidas)」を使ったコーディネート

出店元:WEAR

ホワイトの色味がさわやかなロングシャツを、デニムパンツに少しだけインしたカジュアルスタイルに、オレンジ色が珍しいスニーカーを合わせた、こなれコーデ。ハイウエストに履いたデニムパンツは、ロールアップしてスニーカーのシルエットと足首の見える着こなしがオシャレです。

サンダルにオレンジ

YUKIさんの「プラットフォームサンダル(FOREVER 21)」を使ったコーディネート

出店元:WEAR

ネイビーのサロペットとグレーボーダーのオフショルトップスを合わせた今年らしい着こなしに、オレンジのサンダルがよく映えるコーディネートです。風に揺れるようなパンツから、歩くたびに見えるサンダルの鮮やかな色が爽やかなスタイルですね。

カテゴリー