カメラ好き女子の皆さんへ。nadowaのバッグは使いやすい工夫がいっぱい

カメラバッグといえば、堅苦しくてかわいいデザインがなくて、男の人が使っているというイメージばかり。未だ好きなデザインのカメラバッグに巡り会えていない方も多いのでは?そんな方にこそ見て欲しいのが「nadowa」のバッグ。今回はカメラ好き女子の皆さん必見、かわいいのに優秀なnadowaのバッグをご紹介します。
pbook 2016.08.26

nadowaってどんなブランド?

ナドワバッグ

出典元:Instagram

「nadowa」とは、とある二人のフォトグラファーによって創られたブランド。「カメラも入るトートバッグ」を始め、カメラや写真に関するアイテムを続々と生み出しています。創立者のお二人は欲しいカメラバッグがなかなか見つからず、だったら…と自分たちで作ってしまったのが始まり。そして出来上がったのが、洗濯ができて、保護性も十分、カラフルでファッショナブルなカメラバッグ。そんなnadowaのカメラバッグは、現時点で3種類ほど展開されています。ピンとくるカメラバッグが見つからなかった方も、もしかしたら今日が運命のバッグに出会えるその日かもしれません。

大きめトートの「Campagne」

カンパーニュ

出典元:Pinterest

小旅行やピクニックをイメージして作られたというCampagne(カンパーニュ)は、「田舎」という意味。上の部分がくるくると折りたためるようになっています。荷物が多い時は折りたたまず、そのまま伸ばして使うことも可能。A3サイズがすっぽりと収納できる大ぶりサイズで、1泊、2泊くらいの旅行ならこれ一つで過ごすことができます。

また、nadowaのバッグには全ての製品に底部分のインナーケースが付属しています。カンパーニュは大きめのサイズなので、中のインナーケースも大きめ。カメラのボディ、飲み物、更にはお菓子まで、バッグの中で遊んでしまうことなく安全に持ち運ぶことができます。

使いやすいカラー展開

カンパーニュ

出典元:Pinterest

カラー展開は、合わせやすい定番のブラック、明るめの色味がかわいいライトグレー、フレンチな雰囲気のパキっとしたレッドの3色。どれもかわいくて使いやすいカラーなので迷ってしまいそうです。

過去の限定色バッグにも注目

カンパーニュ

出典元:Pinterest

実は過去にはグリーン、マスタード、ブルーの3色も限定色として販売されていました。ベーシックな3色に比べ、まるでおもちゃ箱をひっくり返したようにカラフルでかわいいこちらの3色。現在は販売されていませんが、もしかしたら再販される可能性も今後あるかもしれませんので、狙っている方は見逃さないよう、アンテナを高くして待っていましょう!

ショルダータイプの「Vélo」

ヴェロ

出典元:Instagram

「自転車」という意味のVélo(ヴェロ)は、その名の通りサイクリングにぴったりなショルダータイプ。ショルダーバッグにありがちな、あの当たると痛い金具がついていません。両手が空き、必要な時にさっと取り出せるデザインなので、街中でのスナップなどにもぴったり。外側にはポケットが3つ付いているので、鍵やペンなどのちょっとした小物も迷子にならず収納することができます。

底部分のインナーケースには可動式の仕切りが一つ付属しているので、入れる小物のサイズに合わせてしっかりと固定することが可能。インナーケースの色は明るいベージュで、暗いブラックのバッグの中でも見やすいよう工夫されています。また、ノートや雑誌類はバッグとインナーケースとの間にすっぽり収まるようになっているので、ページが折れてしまう心配もありません。

サイズは普通のショルダーバッグより少しだけ大きめ。たくさんの物をすっきりと収納して持ち運べるので、小さな子どもを持つママのマザーズバッグとしても重宝します。両手も空くのでベビーカーを押すときや、レジャーなどのお出かけの際にぴったり。こちらもカンパーニュと同じ3色の展開です。

デイリー使いには「Ville」

ヴィル

出典元:楽天

こちらはA4サイズのトートがすっぽり入る、トートタイプのVille(ヴィル)。「都市」という意味のこのバッグは、デイリー使いや会社への通勤バッグなどにぴったりのカジュアルデザインです。開け口の真ん中はハトメがついており、革ひもやキーチェーンなどを通してアレンジできるようになっています。

 

一見普通のトートにしか見えないヴィラですが、nadowaのバッグなのでやっぱり機能性は充実。カメラや小物を守ってくれるインナーケースがしっかり付属しています。「お散歩がてら草花を撮りに行こうかな」「会社帰りにイルミネーションでも撮っていこうかな」と、いつもの毎日をちょっぴりアクティブにしてくれそうです。

カラーは他の種類と同じ3色展開。自由度の高いデザインなので、アレンジが自由自在です。マザーズバッグとして使用するなら、テディベアなどぬいぐるみのマスコットなどをつけてみてもいいですね。

この記事のキーワード

関連記事