クローゼットを広々使おう!おすすめのアイディア収納術10選

ついついあれこれ押し込んでしまいがちなクローゼット。気付いたときにはぱんぱん…なんてこと、ありますよね。そこで今回は、クローゼットを広々使う収納アイデアから、衣類の分別方法、クローゼット以外の収納術まで盛りだくさんでご紹介していきます。さっそくチェックして、上手に収納を楽しみましょう!
pbook 2016.08.26

うちのクローゼットは狭い!

お気に入りの洋服って、着尽くしてもなかなか捨てられずにクローゼットにそのまま......なんてことありませんか?

洋服って結構収納が大変ですよね。
クローゼットのスペースが限られている場合はさらに収納の仕方に苦労します。

そんな収納泣かせなクローゼット、みなさんはどのように活用していますか?

今回は、狭いクローゼットでもすっきりと洋服が片付けられるアイディア満載の洋服収納術をまとめてみました。

思いきって断捨離するのもひとつですが、好きな洋服はなかなか捨てられないもの。ちょっとしたアイディアでできるだけ多くお気に入りの洋服たちをキープしてあげましょう。

まずはここから!カテゴリー分けの方法4選

スペースが限られているクローゼットは、いかにカテゴリー別に収納するかがポイントです。

クローゼットに収納するときの洋服のカテゴリー分けはいくつかありますよ。あなたにあったカテゴリー分けをしてみましょう。

①使う頻度で分けてみる

洋服がすっきり収納できて、さらに毎日の洋服選びに困らないカテゴリー分けは、「使用頻度別」に収納すること。

どんなにたくさんアイテムを持っていても、お気に入りの洋服はなんとなく決まっていませんか?

いつもコーデに使うジーンズやレギンスなどはすぐに手の届くところにおいたり、お気に入りのトップスはハンガーにかけて収納したり、クローゼットがすっきりする方法だけなく毎日の洋服選びが快適になるような収納を心がけましょう。

②アイテム別に分ける

とにかく洋服の数が多いという方には、「アイテム別」に収納するのが一番おすすめです。

かさばりがちなTシャツや、ニットものなどはできるだけまとめて同じ場所に収納しておきましょう。アイテム別に収納するだけで、狭いクローゼットも意外にスペースを確保することができますよ。

[amazonjs asin="B00IR4DJF4" locale="JP" title="キングジム 収納箱 ニュートラルボックス XL 白 4058シロ"]

③アイテムのカラーで分ける

クローゼットにまだ少しスペースがある!という方には「カラー別」での収納がおすすめ。

ハンガーでの収納は特にこうやって洋服の色に合わせてしまっておくと、見た目もすっきりしてなんだかお店でお買い物しているような気分にもしてくれます。

なるべくアイテム別に分けてからさらに色別に分けて収納するとより使いやすいクローゼットになりそうです。

④丈の長さで分ける

とりあえずハンガーにかけて収納……そんな人も多いのではないでしょうか。とくにクローゼットの数が少ないと、同じ場所にコートやワンピース、トップスなど詰め込みがちです。

そんな人はまず、アイテムの丈を揃えてみましょう。丈の長さに合わせて配置を換えるだけで、見やすく取り出しやすいレイアウトになりますよ。

狭くても快適!クローゼットの収納アイデア10選

大好きな洋服たちを、自分なりにカテゴリー分けしたら次にとりかかるのは収納スペースの確保!

スペースが限られているクローゼットだって、ちょっとしたアイディアですっきりときれいに洋服が収納できるんですよ。

さっそくアイディア満載なクローゼットを拝見していきましょう。

①縦長の収納にこだわる

スペースが限られているクローゼットに洋服を収納するときは、できるだけ天井に向かって縦に長く収納スペースを作るようにしましょう。

横のスペースを全て使ってしまうより、縦に長い収納棚に半分スペースを使い、さまざまなタイプの洋服にあった収納ができるように心がけるのがポイントです。

 

賃貸ではないお家の場合は、思いきってクロゼットシステムをDIYするのもいいですね。

天井近くまで届くような収納棚やハンガーラックで縦に収納していくと、よりたくさんの洋服を収納することができます。

②奥行きのあるクローゼットはつっぱり棒でハンガーラックを追加!

クローゼットに奥行きがある場合、ハンガーラック1本だとスペースが余ってしまうことも。

そんなときは、つっぱり棒を活用してもう1本ハンガーラックを追加しちゃいましょう!

少しずらした位置につっぱり棒を設置することで、2段階で収納ができますよ。

 

[amazonjs asin="B00I0N3Z60" locale="JP" title="平安伸銅工業 強力太タイプの突っ張り棒 バネ入り ホワイト 耐荷重50~40kg 取付寸法50~75cm RTW-50"]

③ハンガーにかけた方が収納スペースが広がる

クローゼットが浅く狭い場合、畳んで棚や引き出しに収納するよりも、ハンガーにかけて収納した方がより多くの洋服をすっきりとしまえます。

例えばハンガーラックを横半分に分けて二つ取り付けると、Tシャツやトップスのような短めの丈のアイテムをまとめて収納可能。

引き出しや棚を余分にクローゼットに取り付ける必要もなくなりますね!

④ハンガーラックの下に引き出し収納の空間を作る

下着類やハンガーにかけたくないニット類は、引き出しやボックスに収納しておきたいもの。

そんなときは、ハンガーにかけるアイテムを調節してスペースを確保しましょう。

短い丈のトップスやジャケットなどは、ハンガーにかけても下部分に十分スペースができるので、そこに引き出しや棚を取り付けてスペースを有効活用するのがポイントですよ。

また、おすすめはmiwaハンガーです。すっきりと収納することができます♪

 

[amazonjs asin="B000J6ZFFU" locale="JP" title="MAWA すべり落ちないマワハンガー カットソー アンサンブル用 人体ハンガー Mサイズ 10本組 ブラック 3120"]

⑤ジーンズはかけて収納してみよう

ジーンズやパンツ類は、ハンガー収納に向いています。こうやってS字フックをズボンにひっかけることで、かさばらずすっきりと収納できるんですよ。

ズボンが楽々ハンガー収納できるパンツクリップを用意して、こんな風に収納するのもおすすめです。

横に長く収納していくのではなく、クローゼットの奥行きを活用した賢いハンガー収納です。

 

[amazonjs asin="B0011EVW6A" locale="JP" title="シンコハンガー ボトムクリッパー ブラック"]

⑥小物入れを使ってデッドスペースをなくそう!

クローゼットに収納するとどうしても生まれてしまうデッドスペース。

そんな時はバスケットや小物入れを使って無駄なスペースをなくしましょう。

フタ付きのタイプなら重ねて置けるのでとっても便利!タイピンやヘアアクセサリーなど、ちょっとした小物もスッキリ収納できます。

 

[amazonjs asin="B008CLKEKA" locale="JP" title="CD収納 小物入れ フタ付きバスケット(レース) ナチュラル Sサイズ"]

⑦ハンガーはできるだけ薄い軽いものをチョイス

洋服の厚みは変えられませんが、ハンガーそのものを薄く軽いものにすることで、ハンガーラックのスペースをより確保することができます。

スチール製のシンプルなハンガーの方が、収納スペースが限られたクローゼットには向いていますよ。

⑧低めのドレッサーでテーブルスペースを作る

クローゼットはいかに収納スペースを有効に使っていくかがポイント。

例えば引き出しを低めに設定して横長に取り付ければ、引き出しの上にシューズを置いて収納したり、ちょっとしたアクセサリーを飾って収納することができます。

⑨ドアの内側も収納スペースに早変わり

クローゼット 収納

出典元:Pinterest

クローゼットの中で意外と場所を取りがちなのがバッグです。かさばりやすく、収納に困りますよね。

そんな時は、クローゼットのドアを有効活用しましょう!

ドアに引っ掛けて取り付けるタイプのフックが販売されているので、それを内側に設置。吊るして収納できるので型崩れの心配もなく、場所も取りません。

これならベルトやスカーフ、マフラーなども一緒に収納できちゃいます。

 

[amazonjs asin="B00G1Y0TKK" locale="JP" title="山崎実業 ドアハンガー スマート ロング ブラック 7646"]

⑩専用のキャリーで取り出しやすく

クローゼット 収納

出典元:Pinterest

クローゼットといっても、収納するのは衣類だけではありません。たまにしか使わないミシンやアイロン台、季節外れの加湿器など、ついつい奥に押し込んでいませんか?

奥行きがあるからといってどんどん詰め込めば、当然取り出すのは至難のワザ。そんな人におすすめなのがニトリから販売されている押入れ収納キャリーです。

名前は「押入れ」ですが、もちろんクローゼットでも使えます!

重たいアイテムや使う頻度の少ないものをこれに載せて収納しておけば、取り出すときにとっても楽チン。収納するものが多い人はぜひ使ってみてくださいね。

クローゼットだけが収納場所じゃない!そのほかの収納アイデア6選

洋服はクローゼットの中に収納しておくもの......なんてことはないんですよ!

わざと見せて収納することで、クローゼットにしまうよりもっとおしゃれに収納が楽しめちゃいます!

①ジーンズ好きにおすすめ!見せるジーンズ収納

ジーンズを集めるのが好きなおしゃれさんにおすすめは、お気に入りのコレクションをわざとしっかり見せる棚収納。爽やかなジーンズのブルーがお部屋全体を華やかな印象にしてくれます。

着たいアイテムをすっと取り出すことができるのも魅力ですよ。

②木箱を使ってDIYクローゼット

組み合わせやスタッキングができる木箱は、クローゼット代わりとしていろいろな使い方ができます。靴箱のかわりにお気に入りのシューズやヒールを重ねておいた木箱に収納してもいいですよね。

合わせて木の板をつかったコートハンガーも意外に簡単に手作りできちゃうので、靴箱とコートハンガーのコーナーを部屋の一角に設けてもステキです。

③お気に入りのハットはフックで大事に収納

お気に入りのハットたちは収納の仕方によっては型崩れしていまうことも。そんなときはラックにS字フックを取り付けて帽子を収納しちゃいましょう。

部屋のスペースも取られることがない上に簡単に取り付けることができるので小物の収納にとっても便利なんですよ。

④ファッションラックでブティック風収納

クローゼットに洋服を全て収納できないときは、ファッションラックを部屋にひとつおいておくと便利ですよ。

このようにお気に入りのアイテムやクローゼットの中でスペースを取りすぎるコートやジャケットをラックにかけて見せて収納してみましょう。

お気に入りの洋服たちを部屋のデコレーションとしてつかっているおしゃれな洋服収納術ですね。

⑤ウォールシェルフを使って棚収納

ホームセンターなどで購入できるウォールシェルフを使うのもおすすめ!

最近ではサイズや種類も豊富なので、好みのシェルフを壁に設置するだけでおしゃれな洋服棚が完成します。

これなら洋服のほかにもシューズやバッグ、アクセサリーなども置けますね。

 

[amazonjs asin="B01BBQ3OAY" locale="JP" title="ウォールシェルフ 壁掛け 収納 ウォールラック おしゃれ Wall Box B-900 長方形 幅90cmタイプ ナチュラル"]

⑥チェストを使う

クローゼット 収納

出典元:Pinterest

リビングや自室などの収納で、意外な忘れられがちなのが、チェストです。

大きいものが多いので購入を迷ってしまいがちですが、最近はとってもおしゃれなものも多く部屋のイメージを損ないません。

また、上にはインテリアを飾ったり、テレビを設置してテレビラックとして使ったりでもき万能なんですよ!

クローゼット 収納

出典元:Pinterest

ほかにも、写真のようなベンチタイプのチェストもあります。

横に長いものから高さのあるものまで種類が豊富なので、用途や場所に合わせて選んでみてくださいね。

 

[amazonjs asin="B01C8B15VG" locale="JP" title="チェスト 収納 木製 天然木 タモ材 スチール脚 フルスライドレール 引き出し 幅88cm ブラウン"]

この記事のキーワード

関連記事