海がみえる美術館。休日に葉山の神奈川県立近代美術館にいってみませんか?

神奈川県の葉山といえば、海と山を一度に満喫できる大人気スポット。この葉山にある人々の憩いの場所が神奈川県立近代美術館です。神奈川県立近代美術館は2003年に開館した美術館で、鎌倉館、鎌倉別館、葉山館と3つに分布しているちょっと変わった美術館です。今回はそんな人気の美術館、神奈川県立近代美術館葉山館の全貌について詳しくご紹介したいと思います。

神奈川県立近代美術館 | 葉山にある海が見える美術館

葉山 神奈川県立近代美術館

出典元:Instagram

神奈川県立近代美術館は三浦半島の海岸に位置する美術館です。ここにはもともと高松宮家の別邸があった場所で、自然の中でゆったりと過ごせる休養地として知られています。企画展やイベントが多く開催される場所で、市民の憩いの場所として重宝されています。

この葉山館からの眺めは素晴らしく、海面に反射する光や海に沈む夕日などを眺望できる場所としても非常に人気があります。

葉山の神奈川県立近代美術館の特徴

葉山にある神奈川県立近代美術館は、日本で最初の公立近代美術館である「鎌倉近美」の活動実績を継承し、美術館の社会的役割を追求してきた美術館です。葉山の自然との調和を考え、目の前の海岸と背後の山を意識し、海と山にきらめく光に象徴される明るく開放的な建物になっています。

それでいて美術館としての基本的な役割である美術品の収蔵機能にも力を入れて、密閉型の恒温恒湿収蔵庫と自然光を取り入れた展示室を完備しています。館内からは海をさまざまな角度から眺められるようになっていて自然を感じながらゆっくりと過ごすことができる美術館です。

展示室

1階に設けられた展示室は自然光を取り入れた展示室や海を臨む開口部のある展示室、天井の高さが異なる展示室など、4つの空間が広がります。木目張りの床からは柔らかい温もりが伝わり、居心地の良さを作っています。

講堂

講演会や上映イベントなどを行えるスペースです。視聴覚設備が整っているためさまざま目的で利用することができます。ワークショップや団体来館時などにも利用されています。

レストラン オランジュブルー

葉山 神奈川県立近代美術館

出典元:Instagram

葉山の一色海岸を望むことができる美術館のレストランです。レストランでは絶好の眺望を楽しみながら、地元で採れた食材を使ったオリジナルメニューを楽しむことが液ます。美術館併設のレストランとは思えないほどお料理はおいしく、非常に人気の高いお店です。

【店舗情報】
・住所:神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1 神奈川県立近代美術館 葉山 1F
・TEL:046-875-0919
・営業時間:10:00~17:00(L.O.16:30)
・定休日:月曜日 年末年始
・HP:神奈川県立近代美術館

ミュージアムショップ

美術館が所蔵する絵画や版画などをモチーフにしたオリジナル商品や展覧会の図録などを販売しているお店です。他では入手できないものも数多くあり、お気に入りの作家の作品を身近に感じることができるものです。

美術図書室

美術館の地下1階に設けられているのが無料で利用することができる美術図書室です。地下に位置しているにもかかわらず、大きな窓からは緑や光が覗き込み、ゆったりと過ごすことができます。

【基本情報】
・TEL:046-875-2800(内線)322
・営業時間:9:30~17:00
・定休日:月曜日 年末年始

子ども連れにうれしい施設

子供が小さいとなかなかいけないと思ってしまうのが美術館。ですが、神奈川県立近代美術館は小さなお子さんがいるお母さんにも美術館を楽しんでほしいとさまざまな設備が整えられています。

美術館自体も親子で楽しめるようになっていて、ベビーカーでも歩きやすい造りになっています。また美術図書室には美術に関する子供のための絵本も完備されています。

ベビーカーOK

葉山 神奈川県立近代美術館

出典元:Instagram

小さな子供がいるお母さんにうれしいのがベビーカーで入館して施設を巡れるということ。駐車場からエントランスまで、エントランスから館内すべて移動がしやすいのも嬉しいポイントです。また美術館ではエントランスホールで無料でベビーカーを借りることができます。

授乳室完備

授乳室

出典元:Instagram

エントランスホール近くに設けられているのが授乳室。美術館で授乳室を完備しているところはあまりないのでうれしいですよね。授乳室にはミルクを適温で作ることができる専用の蛇口もあり、身軽に訪れてミルクを作ることができます。

企画展

葉山 神奈川県立近代美術館

出典元:Instagram

神奈川県立近代美術館では年に数回、企画展を行っています。企画展で行われているのは近現代アーティストの作品を扱った展覧会や上映会などさまざま。重要文化財やなかなか見ることができない作品の展覧を行っていることも多く、見る価値ありです。

カテゴリー