ズボンをいつまでも美しく。タイプ別で見るズボン収納のコツとアイディア

クローゼット収納の中でも特にスペースを取り、かさばってしまう「ズボン」。皆さんはどのように収納していますか?今回は、引き出しにまとめて収納しているという方に必見! ズボンの賢い収納術をまとめてみました。ズボンはその素材とタイプ別で収納すると、ずっと長く着ることができるんですよ。ズボンのタイプ別で見る適切な収納術をチェックしていきましょう。
pbook 2016.08.29

収納するとかさばるズボンたち

pants

出典元:Instagram 

クローゼットを整理整頓しようとすると、かならず出てくる悩みが「ズボンの収納」です。畳んで収納しようとするとどうしても厚みがでてしまい、引き出しも棚もスペースを取る収納が難しいアイテムのひとつなんです。

今回は、そんな収納が難しいズボンの収納術をまとめてみました。ズボンは、その収納方法で型崩れを防ぐことができます。ポイントはズボンのタイプと素材に合った収納をすること。さっそくズボンを傷めずに綺麗にクローゼットに収納する方法をチェックしていきましょう!

融通が効くジーンズはこうやって収納しよう

pants

出典元:Instagram 

ズボンの中でも一番多くクローゼットに収納されていることが多い「ジーンズ」。もともとは作業着として使われていたズボンなので、収納方法も融通のきくアイテムです。

畳んだりクルクルっと巻いたりしても、比較的痛みにくいズボンアイテムなのでクローゼット収納をするときにはお好みの方法で自由にしまうことができます。さっそくおしゃれで使いやすいジーンズの収納アイディアをみていきましょう。

重ねて収納しても大丈夫

pants

出典元:Pinterest 

デニムは摩擦や重さに堪えられる丈夫な素材なので、クローゼット収納のときも収納棚にこのように重ねて収納することができますよ。さまざまなタイプのジーンズを何本も持っている場合は、このように畳んで置いておきましょう。見た目もすっきりおしゃれに見えますね。

フックにかけて収納してもステキ

pants

出典元:Pinterest 

ジーンズやデニムショートパンツはかならずベルトを通すための「ベルトループ」がついていますよね。ベルトループにフックをかければ、簡単にハンガー収納と同じようにしてジーンズをしまうことができます。

ダメージデニムや、装飾が付いているジーンズなど、重ねて収納すると型崩れが心配なものはこうやってフックにかけて収納してみましょう。

見せる収納で「はしご」にかける

 

pants

出典元:Pinterest 

最近はクローゼットに洋服を全て収納してしまうのではなく、見せる収納も注目されています。ナチュラルで爽やかなカラーのジーンズは見せる収納にぴったりの洋服アイテム。

こうやってはしごにかけて収納すると、まるでお店のディスプレイのようにジーンズをしまっておけますよ。

しわが付きやすいズボンはハンガー収納が必須

pants

出典元:Instagram 

しわが目立たないジーンズと比べて、レーヨン素材や、コットン素材のズボンは畳んで収納してしまうとせっかくアイロンをかけたのにしわしわ......なんてことも。しわになりやすい素材のズボンはできるだけハンガーにかけて収納しましょう。

ズボン用のラックを取り付けてみる

pants

出典元:Instagram 

カスタマイズができるクローゼットシステムには、ズボン専用のハンガースペースも取り付けられます。普通のハンガーのよりも少し太めで、二つ折り程度でズボンが収納できるのでしわ防止にもなるんですよ。

ズボンが多いときに便利なラック

pants

出典元:Instagram 

しわになりがちなズボンがたくさんある......そんなときはこのようなズボン専用のファッションラックを揃えてみるのもいいですね。

こちらもだいたい二つ畳でハンガーにかけられるタイプの収納ラックで、ハンガーの端を持ち上げてズボンを取り出します。ズボンを片付けるときにもスムーズに収納できる便利なアイテムです。

型崩れしないとっておきズボン収納

スーツの収納には適切なハンガーを選ぼう

pants

出典元:Instagram 

ズボンアイテムの中には、畳んで収納にもハンガー収納にも注意しなければいけないものあります。「スーツパンツ」がそのひとつ。ドライクリーニングが必須のスーツパンツ。

収納はハンガー収納がおすすめですが、ハンガーの「クリップ」を注意して選びましょう。このようにプラスチックタイプのものやクリップの挟む力が強いものなどは、収納の仕方によってはスーツパンツに跡がついてしまうので用心です。

このように木製の全体的にクリップの力が加わるタイプのパンツハンガーがおすすめです。クリップの内側はスーツを傷めないようなフェルト生地が付いているのが特徴です。

ハンガーを取り付けるときには、スーツパンツを逆さにして裾部分をクリップで留めます。そうすることでスーツを着たことでできたしわを伸ばすことができるんですよ。

ショートパンツはフックにかけて

pants

出典元:Pinterest 

基本的にはデニム素材でできているので、どんな収納方法でもいいショートパンツですが、中にはダメージ加工がされたものや装飾がついたデザインのものも.....。

重ねて収納したり丸めて収納すると型崩れの原因になるようなショートパンツは、ベルトループのところにフックをかけて吊るして収納しましょう。ジーンズと違い畳むと取り出すのが大変なショーパンはこうやってかけてしまった方がすぐに取り出せて便利なんですよ。

ストレッチ性のあるものは丸めて収納する

ストレッチ性のあるレギンスやレギパンなどは、ハンガーにかけて収納すると伸びきってしまうことも。重ねて収納する手もありますが、厚みの少ないズボンは重ねてしまうと取り出しにくいですよね。

そんなズボンはクルクルっとやさしく丸めて収納してみましょう。しわが気にならないタイプのズボンならこうやって丸めて収納してスペースを節約してもいいですね。

この記事のキーワード

関連記事