あなたのコートは大丈夫?正しい収納術で大切なコートを守ろう!

シーズンごとに衣替えする時期になると、収納に悩むのアイテムと言えば「コート」ではないでしょうか? ロング丈で厚みがあるとなおさら収納しにくいですよね。さらに長い期間そのままにしていたら、いざコートを着ようというときに傷んでいた! 虫に食われていた!なんてことも……。今回はそんな悩めるコートの適切な収納術をご紹介します。

コートってどうやって収納してる?

coats

出典元:Instagram

冬ものアウター、皆さんはどのようにして使わないシーズンに収納していますか?クローゼットのハンガーにそのまま….という方もいるかもしれませんね。クローゼットにスペースがないお家は、シーズンごとにコートを収納ボックスに片付けている方もいるのではないでしょうか。

一年を通して着る時期が限られているコート。実は収納の仕方が十分でないと、傷みの原因や虫食いの被害にあうときもあるんですよ。

今回はそんな収納に悩みがちなコートのおすすめな収納術をまとめてみました。

冬物コートは収納する前が大事!

coats

出典元:Instagram

寒い冬の間、たっぷり着こなしたコートたち。使わなくなってもそのままにしてる……なんてことありませんか? コートの素材によっては、お手入れをせずに収納すると次のシーズンに取り出したら傷みが激しくなっている!なんてことになりかねません。

コートを1シーズン使い終わったら、キレイにした後に収納するのがコートをずっと使い続ける最重要ポイントなんですよ。

しっかり洗濯しよう

coats

出典元:Instagram

洗濯できるものやドライクリーニングできるコートは、シーズンが終わり使わなくなったらかならず洗ってから収納しましょう。お気に入りで毎日着ていたコートであればなおさら、外気にさらされホコリや汚れ・汗がたっぷりついています。

長期的に部屋のどこかへ収納してしまう前に、かならずキレイな状態にしておきましょう。

コートの素材によっては、そう簡単に洗濯やドライクリーニングができないものもありますよね。そんなときは天気のいい日に陰干ししておくだけでも、雑菌を十分に除去することができます。

除菌スプレーなどを先にコートに吹きかけておいて、直射日光をさけた場所でこのように干しておきましょう。

防虫剤を入れてコートを守ろう

coats

出典元:Instagram

コート自体の汚れを落としたら、防虫剤を入れてしっかりとコートを守りましょう。防虫剤は密閉された空間で効果を発揮します。引き出しや収納ボックスに入れる場合は、しっかりと閉まった状態で使いましょう。

coats

出典元:Instagram

最近では、市販の防虫剤とは別に、ナチュラルなハーブやエッセンシャルオイル・木材を使用した防虫剤が売られているんですよ。

こちらは防虫と防臭効果がある「くすのきオイルとスティック」。科学製品のものに抵抗がある方や子どもがいるご家庭におすすめです。

吊るして収納と、畳んで収納どっちがいいのか見極めが大事

coats

出典元:Instagram

コートを収納する準備ができたら、次はどのように収納するかに気をつけましょう。コートは素材やデザインによってハンガーに吊るして収納した方がいいものと、しっかりと畳んで収納した方がいいものがあるんですよ。

しわになると面倒な皮素材のコートは吊るして収納しましょう。また長い間畳んでしまうと型崩れが気になるウール素材のコートはハンガー収納が適しています。

例えば、厚みのあるダウンジャケットはスペースを取るので畳んで収納した方が楽です。さらにニットのコートなど長い間ハンガーに吊るしておくと伸びきって型崩れしやすい素材のものは、できるだけ畳んで収納してあげましょう。

このようにしてバッグに収納して防虫剤を入れておいてもいいですし、圧縮をかけてスペースを節約するのもおすすめです。

使わないときの収納場所と方法にこだわろう

coats

出典元:Instagram

吊るすコートと、畳んで収納するコートと分けたら本格的にクローゼットに収納していきましょう! 畳んで収納するコートは、密閉力のある収納ボックスに入れるのがおすすめです

100均でも購入できるジッパー付きの柔らかな収納ボックスは密閉力もよく防虫剤を入れるとより効果があります。写真のような半透明の収納用引き出しにコートを入れておけば、いざコートを取り出すときにすぐ中身がわかるので使いやすいですね。

ハンガー収納のコートはカバーをかけて

coats

出典元:Instagram

収納方法でハンガーに吊るしてしまっておくことにしたコートは、できるだけコートカバーを上からかけて収納しましょう。長い間手をつけないアウターは、時がたち空気に触れていると傷みの原因になります。

さらにホコリがつきやすくなるので、カバーをすっぽりかぶせて防虫剤を入れ次回使うときまでしっかり守ってあげましょう。

クローゼットはパンパンにしない

coats

出典元:Instagram

それぞれのコートを適切な収納方法と場所にしまったら、最後はできるだけクローゼットをパンパンにさせないように気をつけながら次の冬を待ちましょう。

隙間なくぎっしり洋服が収納されているクローゼットは、風通しが悪くなり湿気の多い日本ではカビの原因になります。せっかくきれいに、適切に収納したコートも湿気がこもった空間にしまっていては水の泡です。

クローゼットに全て収納したいからと隙間なく洋服を詰めていないか、自宅のクローゼットをもう一度確認してみてくださいね。

冬が待ち遠しくなるコート収納

coats

出典元:Instagram

いかがでしたか?ほかの洋服アイテムと比べると、長い間使うことができるコート。せっかくお気に入りのコートを着るのだから、お手入れもしっかりしてあげたいですよね。

今回は大事なコートのおすすめ収納術を紹介しました。ポイントは収納前にきちんと汚れを落とすこと、そして適切な収納方法と場所を考えてコートひとつひとつ丁寧に収納することです。

簡単な収納術なのでぜひ試してみてくださいね。

関連するキーワード

カテゴリー