インスタ映えのサクふわホットケーキ。浅草カフェ「珈琲天国」で至福のひと時

国内外問わず多くの観光客が訪れる浅草。数々の老舗店が立ち並ぶエリアですが、知る人ぞ知るレトロなお店としてひそかな人気を集めているのが「珈琲天国」です。レトロな空間の中でいただく絶品ホットケーキはやみつきになるおいしさ。今度の週末は、「珈琲天国」で至福のひとときを楽しみませんか?
pbook 2016.09.09

ひそかな注目を集める老舗の喫茶店

珈琲天国

出典元:Instagram

浅草六区通りにあるこじんまりとしたレトロカフェ「珈琲天国」。観光客でにぎわうエリアから一歩入ると目に入ってきます。お店を切り盛りするのは元OLの上野留美さん。喫茶店好きが高じて2005年に「珈琲天国」をオープンしました。徐々に口コミで評判になり、今ではすっかり人気店に。

店内に入ると、ガチャポンや星占いの機械があったりと昔懐かしい雰囲気。地元の常連さんも多く、まったりとしたひとときを過ごしたいときにぴったりです。飾らないアットホームさもあるので、思い立ったときにふらりと寄れるのも嬉しいポイント。浅草ならではのレトロな気分にひたれます。

サクサク&ふわふわ!絶品ホットケーキ

「珈琲天国」に根強いファンが多い大きな理由は、名物のホットケーキ。近年はパンケーキが流行していますが、ここで食べられるのは昔懐かしいホットケーキです。

注文してからほどなくして「天国」と焼印を押された二段重ねのホットケーキが登場。1〜1.5cmくらいのほどよい厚さで幼いころに食べた懐かしい記憶を呼び起こします。バターをひとかけら、メープルシロップとともにトッピングして早速食べてみましょう!

ホットケーキの表面はサクサク、中はふんわり。卵の豊かな香りとやさしい甘みが口の中に広がります。余計なものは何も入れないシンプルな味わいが魅力。メイプルシロップとバターの風味が絶妙にマッチして、一口で幸せな気分になれます。

サクサク&ふわふわ食感に仕上げるポイントは、注文をつけてから粉を混ぜ、銅板で焼くこと。ていねいに混ぜて空気をふくませると、独特のふんわり食感が出ます。銅板は熱伝導率がよくムラなく加熱できるので、こんがりおいしそうな焼き上がりに。

珈琲天国

出典元:Instagram

メープルシロップ×バターでスイーツ系として食べるのはもちろんのこと、ソーセージのセットにしてお食事として食べるのもおすすめ。やさしい甘みのホットケーキとパリッとジューシーなソーセージは相性抜群です。

意外な組み合わせのようにも見えますが、ぜひ試してもらいたいホットケーキ&ソーセージセット。ランチタイムにお店を訪れたらぜひ注文してみてください。

ホットケーキのお供にぴったりなコーヒー

珈琲天国

出典元:Instagram

ホットケーキと一緒に頼んでおきたいのが、コーヒー。「珈琲天国」という名前がついている通り、コーヒーにもしっかりこだわりがあります。

お店用にオリジナルブレンドされたコーヒーは豊かな香りが特徴。ホットケーキのおいしさを引き立て、幸せな時間を盛り上げてくれます。お店のマークである「天国」という文字がカップに刻印されているのもポイント。

珈琲天国

出典元:Instagram

コーヒーを飲み終えるころにカップの底を見てみると「大吉」の文字が!これは全てにあるのではなく、ごく限られたカップのみに刻印された特別な大吉。

コーヒーを飲んで大吉が見えてきたらとても嬉しい気持ちになれますよね!そうした心遣いも喫茶店好きの店主ならでは。おみくじ感覚でコーヒーを堪能できます。

珈琲天国

出典元:Instagram

お店自慢のブレンドコーヒー豆は購入も可能です。オリジナルの缶はカラフルなバリエーションがそろっており、並んでいる様子を見ているだけでワクワク気分。

缶の色をそろえるためにコレクションしている人も多いのだとか。ときどき新色も出るので、要チェックです。レトロでポップなデザインはキッチンインテリアに映えます。

ほかのメニューも見逃せない

珈琲天国

出典元:Instagram

ホットケーキ以外にも喫茶店ならではのメニューが充実。特に食べておきたいのがホットドッグです。特注のパンには「天国」の刻印。軽く焼かれた表面はカリッ、中はふんわりとした食感を楽しめます。

たっぷりの肉汁あふれるソーセージも美味。シンプルな食べ物だからこそ、それぞれの素材のおいしさが引き立ちます。

ホットドッグは、プレーンのほかにチリドッグ・チーズドッグ・ベーコンドッグといった4種類がそろっています。チリドッグにはピリ辛なひき肉がのってスパイシーな味わい。

チーズドッグはジューシーなソーセージとまろやかなチーズの相性がばっちりです。ボリュームのあるベーコンドッグは食べ応え満点。全種類を制覇したくなるおいしさです。

この記事のキーワード

関連記事