本の片付けが楽しくなる。無印の収納家具を使った本の収納術

無印良品の「組み合わせできる木製収納」と「壁に付けられる家具シリーズ」をご存知ですか? 本の収納をもっと楽しくおしゃれにしてくれる自由なスタイルが今大人気なんですよ。本の収納に使いたくなるこのふたつの無印収納家具の魅力と、素敵な活用例をご紹介します。
pbook 2016.09.09

本の収納に無印アイテムを使おう

読書が大好き!という人でなくても、気がつくと本の数がいつのまにか増えている......ということありませんか? 本の収納には無印で展開されている家具を使ってみましょう。

ポイントは「カスタマイズのしやすさ」。 無印の2つの収納家具をつかっているおしゃれな本収納をまとめてみました。

無印で本収納その1: 「組み合わせて使える木製収納」

こちらが今無印好きな方から注目を集めている「組み合わせて使える木製収納」基本的には本棚として使う収納です。

一見シンプルでナチュラルな家具ですが、ちいさなこだわりがたくさん詰まっているんです。さっそくこのアイテムの魅力をチェックしていきましょう。

部屋のスペースに合わせて選べる奥行き

こちら木製収納の本体。部屋のサイズに合わせて高さを選べるほかに、奥行きも選ぶことができるんですよ。アパートやちょっとしたスペースにすっきりと収まる奥行き14cmの収納棚は、文庫本がすっきりおさまる深さ。

部屋のスペースを占領することなく、本を収納できるのでとっても便利なんです。

こちらは奥行き21cmのスタンダードなサイズの木製収納です。本や小物がおさまる用途の広いシェルフなので本もたっぷり収納することができます。

 組み合わせできるパーツで収納が楽しくなる

組み合わせできる木製収納は、部屋のスペースに合わせてカスタマイズできる本体が魅力ですがその組み合わせするパーツも魅力のひとつ。

一番人気はこちらの「マガジンラック」です。本や雑誌を立てて収納するだけでなく、このパーツを使うことで本の表紙を見せて収納することができます。

使わないときは棚の下にスライドして収納することができます。

木製収納のパーツの中でも特に便利な、「ガラス扉」。大切な本をホコリや外気から守る役割も果たしてくれますよ。ガラス扉をつけるだけで、本棚の印象がより上質になります。

木製収納の活用例

部屋の雰囲気が変わる本棚

無印のおしゃれな本棚は、使い方次第でいろいろな表情を見せてくれます。もともと本に手が届きにくい棚の一番上は、表紙を見せて収納できるパーツを取り入れてディスプレイ重視で収納しましょう。

小物やレイアウトにもこだわっているので、部屋全体の印象も本棚だけでガラッと変わります。

アートギャラリーのような本棚

mujibookcase

出典元:Instagram

シンプルな木製シェルフ本体とマガジンラックを組みあわせた本棚です。収納たっぷりな棚部分は使い勝手も抜群。今読みたい本や雑誌はマガジンラックに表紙を見せて置いておきましょう。

棚自体はシンプルでナチュラルなので、合わせて飾るアート作品がよく合いますね。

シーズンごとに棚の印象を変えて

mujibookcase

出典元:Instagram

例えばクリスマスシーズンになったら、クリスマス関連の絵本や本に小物を本棚に飾っておくのも素敵です。イベントごとにディスプレイを自由に変えることができるのでなんだか自宅に図書館がるような気分にさせてくれますよ。

廊下に立ち寄れる書斎を作ろう

本棚は何もリビングルームや個室におく必要はないんですよ。奥行き14cmの薄さが特徴の無印本棚は、廊下やちょっとしたスペースに置いても邪魔にならないサイズ感が魅力。

廊下に置いておけば、部屋に戻る途中で読みたい本をじっくり探すことができますね。

無印で本収納その2: 「壁につけられる家具」シリーズ

今賃貸でも気軽にインテリアコーディネートを楽しめるとして大人気なのがこちらの「壁に付けられる家具」シリーズです。

石膏ボートに取り付けることができて、壁に大きく穴を開ける必要なく壁面収納ができるんですよ。

壁に本棚が付けられる「箱」

縦にも横にも自由に設置できる箱タイプ。サイズも1段から3段まであるので部屋と収納したいものに合わせて、自由に組み合わせることができますよ。

飾り方自由自在の「棚」

 

例えばおきにいりの本や写真を収納として、ディスプレイとして飾ることができる棚は、シンプルに壁に取り付けてもいいですし他のパーツを組み合わせてオリジナルの壁面収納を楽しむのもいいですね。

この記事のキーワード

関連記事