絶対喜ばれるから買いたい!宮城のおすすめお土産ランキング20

東北地方最大の都市、仙台市を有する宮城県。そんな宮城県には、たくさんのお土産があります。今回は何かと人の出入りが多い宮城県「らしい」お土産から、20個をピックアップ。これをランキングにしました。それでは、宮城県のお土産事情を見ていきましょう。
pbook 2016.09.12

東北地方最大の都市・仙台市有する宮城県

松島

出典元:Instagram

東北地方最大の都市・仙台市を有する宮城県。そんな宮城県の人口は200万人。これは、日本の人口ランキング第14位に位置する規模となります。

そんな宮城県ですが、人口も多ければ人の出入りも多くなるのは当然のこと。今回は、観光で、ビジネスで、帰省で、あらゆるシチュエーションで使える喜ばれるお土産をランキングで紹介していきます。

第20位 気仙沼ホルモン

気仙沼ホルモン

出典元:Instagram

気仙沼市を中心として食べられてきた「気仙沼ホルモン」。生の豚ホルモンを用いり、味噌ニンニクダレに白もつも赤もつも一緒に漬け込むことになっています。

通常、ホルモンはゆでて焼いて食べるものですが、気仙沼ホルモンは生で焼いて食べるので、より本来のホルモンのおいしさを味わえます。

第19位 松華堂カステラ

松華堂カステラ

出典元:Instagram

宮城の有名菓子店、「松華堂菓子店」。ここはカステラをメインに様々なお菓子を販売していますが、そのカステラは持ち帰ることもできます。松島町の「さくらたまご」、盛岡市の「あかしあ蜂蜜」など、地元の食材をたくさん使用した絶品カステラは、ぜひ宮城おみやげにしたい逸品です。

第18位 伊達絵巻

伊達絵巻

出典元:Instagram

一見かまぼこのように見える品ですが、実はバウムクーヘンです。小倉餡やアイスを、卵をたっぷり練り込んだ生地で包んだもので、「和風版バウムクーヘン」といっていい商品です。パッケージには伊達政宗がプリントされていますので、宮城らしいお土産を持ち帰りたい人はぜひ。

この記事のキーワード

関連記事