世界自然遺産の島をトレッキングで巡ろう!屋久島人気観光コース3選

世界自然遺産に登録されている屋久島をトレッキングで巡ってみましょう。島の9割が森林で太古の自然が残っている屋久島は、縄文杉や大王杉をはじめとする屋久杉の森や映画「もののけ姫」の舞台となった白谷雲水峡など神秘的で自然の偉大さを感じるスポットがいっぱい。大自然の中でここでしか味わえない感動体験ができますよ。
pbook 2016.07.19

縄文杉トレッキング|かなりハードですが感動もひとしお

屋久島

出典元:Instagram

屋久島といえばやはり縄文杉!屋久島観光で一番人気があるのがこの縄文杉を訪れるトレッキング・コースです。なんと屋久島を訪れる多くの観光客がこれが目的でやってくるとのこと。

標高600mの荒川登山口から出発して標高1,300mの縄文杉まで行って帰ってくる往復22kmの日帰り登山コースです。所要時間は10時間以上。山道を長時間歩くかなりハードなコースなので体力に自信のある人向き。屋久島は非常によく雨が降ります。

十分な装備で参加してください。行程の目安としては、荒川登山口を午前7時前に出発して縄文杉からは遅くとも午後1時には引き返してください。もし午後1時の時点で縄文杉に辿り着いていない場合は、そこから出発地点にUターンしてください。

トイレは3時間後到着予定の大株歩道入口まではありません。出発前に必ず済ませておいてくださいね。また携帯電話は縄文杉地点以外は繋がらないようです。それでは出発します。

屋久島

出典元:Instagram

最初の8kmはトロッコ道が続きます。これは伐り出した屋久杉を運搬するために作れたもので運が良ければトロッコに出会えるかも。比較的楽に歩ける区間なのですがここでは頑張り過ぎすに、後の登山道に備えて体力を温存してください。

屋久島

出典元:Instagram

トロッコ道が終わると、大株歩道からいよいよ山道に入ります。ここからがかなりハード。歩道入口から600mほど歩くと有名なウィルソン株があります。600mといえばすぐに着くように思いますが山道なので30分はかかってしまうのです。

ウィルソン株は切り株で、中が空洞になっていて入ることができます。上を見上げるとハート型をしていることから恋愛成就のパワーがあると言われていますよ。

 屋久島

出典元:flickr

ウィルソン株からさらに1.1km先に大王杉があります。推定樹齢3,000年。この木は縄文杉が発見されるまで、最も古い屋久杉とされていて屋久島のシンボルでした。高さが24.7m、胸高周囲が11.1mもあり、中は大きな空洞になっています。

屋久島

出典元:flickr

トレッキングの折り返り地点は、日本で最も太い木といわれる縄文杉です。樹齢はかつては7,200年といわれてましたが、科学的に計測した値は2,170年とのこと。高さは25.3mで胸高周囲が16.4mとほかを圧倒する大きさです。

このコースにはほかにも三代杉、仁王杉、翁杉杉、夫婦杉など有名な大木があり、ハードですが達成感があり、何よりも美しく力強い自然を間近で見られるのが魅力です。

なおこのコースが初めての人は安全のためガイドまたは経験者と一緒に歩きましょう。

基本情報

名称:縄文杉トレッキング
住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町
アクセス:屋久島空港または宮之浦港から屋久杉自然館へ車で移動、荒川登山バスへ乗り換えてバスで40分荒川登山口下車(荒川登山口は一般車両の乗り入れが規制されています)、登山道から縄文杉まで11km
TEL:0997-43-5900(屋久島町商工観光課)
料金:荒川登山バス券片道¥870(バス乗車料金¥690+協力金¥180)
参照元:屋久島ガイド協会

ヤクスギランド|もう少し手軽に屋久島の自然に親しむ

屋久島

出典元:Instagram

せっかく屋久島に来たので自然を満喫したいけれど、縄文杉トレッキングのようなハードなものは体力的に無理。そんな人におすすめなのがヤクスギランドです。

ここは世界自然遺産には含まれていませんが、屋久島森林生態系保護地域の保全利用地区になり広大な森林には有名な屋久杉の巨木も散在しているんです。散策コースは4つ。

30分でまわれるものから150分かけてまわるものまであるので、体力と自分が見たい屋久杉で選びましょう。園内に入ってすぐに迎えてくれるのがくぐり栂(ツガ)。根元に空洞があってその下を通っていきます。

屋久島

出典元:Instagram

歩くこと20分ほどで美しい渓谷にかかる荒川橋に到着します。ここから各コース分かれます。

屋久島

出典元:Instagram

150分コースで訪れる一番奥地にある蛇紋杉。1997年の台風で倒れてしまいました。ここから太忠岳へ向かうコースもあります。倒木の前に休憩所があるので一息つきましょう。

屋久島

出典元:4travel

ヤクスギランドで最も太い三根杉。胸高周囲が9.3mもあります。樹齢はここでは比較的若くて1,100年。

屋久島

出典元:Instagram

ここで一番古い屋久杉である仏陀杉は、たくさんのコブがお釈迦様を連想させるとのことで別名釈迦杉とも呼ばれています。樹齢は1,800年。

屋久島

出典元:Instagram

1つの切り株から小杉が2本育った珍しい双子杉。これが見えてくればゴールも近いですよ。ヤクスギランドは全体的に歩きやすく、誰もが楽しめるコースです。

基本情報

名称:ヤクスギランド
住所:鹿児島県熊毛郡安房太忠嶽国有林内
アクセス:「安房」より車または路線バスで約30分
TEL:0997-46-4015
料金:森林環境整備推進協力金¥300、ヤクスギランド・白谷雲水峡併用協力金¥500
営業時間:8:30~16:30
定休日:なし
参照元:屋久の旅

白谷雲水峡|もののけ姫の世界の神秘の森

屋久島

出典元:Instagram

屋久島といえば屋久杉と映画「もののけ姫」に出てくる苔むした森をイメージしますが、「もののけ姫」のあの深い森のモデルになったのが白谷雲水峡です。ここは林野庁が選定した自然休養林で、近年訪れる人が増えました。

屋久島に来たらせっかくですのでこの神秘の森へも行ってみましょう。別名「もののけ姫の森」と呼ばれる苔むす森を抜けて太鼓岩の絶景ポイントへ行った帰ってくる往復6kmのコースで、約6時間の行程です。

途中サルや鹿に遭遇することも多いですよ。往路では江戸時代に屋久杉の伐採運搬のために作られた道、楠川歩道を通ります。

屋久島

出典元:Instagram

1時間15分ほど歩くとくぐり杉があります。この下をくぐってこの先の白谷小屋で休憩いたら、いよいよもののけ姫の森と呼ばれる苔むす森へ入っていきます。

屋久島

出典元:Pinterest

苔むす森では全てが苔に覆われています。まるでここだけ太古から時間が止まってしまったみたいでとても幻想的な光景ですね。足元が滑りやすいので注意して歩いてください。

屋久島

出典元:Instagram

森を抜けて急斜面を登って行くと太鼓岩に到着します。眼下に広がる壮大な原生林の眺めが素晴らしく、苦労して登ってきた甲斐がありますよ。

屋久島

出典元:Instagram

帰りは苔むす森を抜けて原生林歩道を通ります。白谷雲水峡で一番大きな奉行杉をはじめ、たくさんの巨木を見ることができます。

基本情報

名称:白谷雲水峡
住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦岳・石塚国有林内
アクセス:宮之浦港から車で約30分。屋久島空港から車で約45分
TEL:0997-42-3508
料金:協力会¥300
参照元:屋久島観光協会

屋久島に来たら大自然を心ゆくまで楽しむ

いかがでしたか?日本で最初に世界自然遺産に登録された屋久島では太古から続く貴重な動植物の生態系が維持されていて、ほかにはない豊かな自然が残っています。ここを巡るにはやはりトレッキングが一番。ぜひ自分の足で自然の中に入っていって間近で見てください。

この記事のキーワード

関連記事