博多の情緒を感じながら紅葉を楽しむ! 秋の博多を散策しよう

歴史と風情と賑わいのある街、博多。その博多が一年のうちで一番美しいのが秋、紅葉の頃です。今回は博多の街中にある紅葉が美しいスポットを散策してみましょう。由緒ある神社やお寺、博多商人の粋を感じさせる庭園、博多の町人文化体験などをまわり博多の情緒を体感しましょう。
pbook 2016.09.19

楽水園|茶の湯を愉しみながら博多商人の「粋」を体験

最初に訪れるのは、博多のビル街の一角にある日本庭園「楽水園(らくすいえん)」です。ここは紅葉が綺麗なので有名で、博多駅からも1kmと近く、お買い物の合間にでもふらっと立ち寄れます。

1906年に博多商人の下澤善右衛門親正が建てた住吉別荘を1995年に福岡市が改修し日本庭園を整備して楽水園として開園しました。周囲は焼石、焼け瓦を粘土で固めて作る独特な博多塀で囲まれていて、門から中に入るとそこは別世界です。

庭園は池泉回遊式の日本庭園で、散策路があり、野点ができる広場もあります。自然石で作った滝や水琴窟もあり趣が感じられます。紅葉も美しいですね。まさに都心のオアシスです。

楽水園

出典元:Instagram

園内にある茶室は親正が建てた茶室を復元したもの。

お茶会で利用されていなければ一服300円でお抹茶がいただけます。季節のお菓子がついていますよ。茶室からは風流な茶庭を眺めることができます。季節の移り変わりを感じさせる茶庭を眺めながら茶の湯を愉しむ、博多商人の「粋」がここにあります。

【基本情報】
・住所:福岡市博多区住吉2-10-7
・アクセス:西鉄循環バス「TVQ前」下車・徒歩2分、または博多駅から徒歩で12分
・TEL:092- 262 - 6665
・営業時間:9:00~17:00
・料金:大人 100円 子ども 50円
・駐車場:あり 普通車300円
・定休日:火曜日
・HP:楽水園

櫛田神社|博多の総鎮守であるお櫛田さん

櫛田神社

出典元:flickr

次は博多文化で重要な神社、櫛田神社へ行ってみましょう。楽水園からは徒歩10分ほど。博多っ子からは「お櫛田さん」の愛称で親しまれています。

福岡市の総鎮守として最古の歴史があり、正殿に大幡主命、左殿に天照皇大神、右殿に素戔鳴尊をお祀りしています。

博多祇園山笠や博多おくんちを行っている神社としても有名です。境内には一年を通して博多祇園山笠の飾り山が展示されているので見てください。。

櫛田神社

出典元:flickr

楼門を入る時は天井に注目してください。干支恵方盤が吊り下げられていて、今年の恵方を確認できますよ。

また拝殿の破風の左右に掲げられている風神雷神も、風神があかんべえをしながら雷神から逃げているユーモラスなものとなっています。

霊泉鶴の井戸では本殿の地下から湧き出る霊水を不老長寿を願いながら飲むと良いといわれています。一口ごとに自分の分、家族の分、大切な人の分と願いながら飲んでみましょう。

樹齢千年ともいわれる有名な「櫛田のぎなん(ぎんなん)」も見てみましょう。櫛田神社の御神木であり長寿延命のシンボルとされています。

【基本情報】
・住所:福岡市博多区上川端町1-41
・アクセス:地下鉄中洲川端駅または祇園駅から徒歩5分
・TEL:092-291-2951
・参拝時間:4:00~22:00
・料金:なし、境内の博多歴史館は入館料300円
・定休日:なし
・参照元:クロスロードふくおか

博多町家ふるさと館|博多の歴史と文化を知ろう

博多町家ふるさと館

出典元:Instagram

次に立ち寄るのは、博多町家ふるさと館。櫛田神社からは徒歩2分で来れます。

ここは、明治・大正時代の博多の暮らしと文化を紹介する施設です。建物は明治中期に建てられた町家を移築したもの。展示棟・町家棟・みやげ処があります。

博多町家ふるさと館

出典元:Instagram

ここでは古くから博多に伝わる祭事や行事、歴史や文化が学べますよ。

また博多の伝統工芸の制作が日替わりで実演されていますよ。それに合わせて博多張子、博多独楽、博多曲物、博多人形の絵付け体験が有料でできます。

また博多織は毎日実演と無料体験(持ち帰りはできません)を行っています。ぜひチャレンジしてみてください。 写真は博多張子の絵付け体験の様子です。

【基本情報】
・住所:福岡県福岡市博多区冷泉町6-10
・アクセス:西鉄バス「キャナルシティ博多前」下車・徒歩3分、または博多駅から徒歩で15分
・TEL:092-281-7761
・営業時間:10:00~18:00
・料金:大人 200円、中学校以下 無料
・定休日:12月29日~12月31日
・HP:博多町家ふるさと館

東長寺|弘法大師が建てた最古の寺

東長寺

出典元:Instagram

次に行くのは博多町家ふるさと館から歩いて5分の東長寺です。ここは真言宗の寺で、弘法大師が建てた日本最古の寺として知られています。

東長寺で最初に目に入るのが純木造総檜造りの美しい5重塔。最上部の伏鉢状の部分に弘法大師が持ち帰った仏舎利が治められているとのこと。塔の朱色と紅葉が晴れた空によく合いますね。

東長寺

出典元:Instagram

ここで必ず見て欲しいのが本堂2階の大仏殿にある仏像です。福岡大仏とも言われ、高さ10.8m、重さ30トン、この大きさは木造のものでは日本一なんです。よく見ると後ろの壁面に小さな仏様がびっしりといらっしゃいます。その数なんと5000体!

さらに仏像の台座内にも入ってみましょう。ここで「地獄極楽めぐり」を体験できます。怖ろしい地獄絵図を見ながら進むと、突然真っ暗で何も見えない空間にやって来ます。ここからどうやって極楽に行き着くのかは自分の目で確かめてみてください。

【基本情報】
・住所:博多区御供所町2-4
・アクセス:地下鉄 「祇園駅」1番出口すぐそば、または博多駅から徒歩12分
・TEL:092-291-4459
・営業時間:9:00~17:00
・料金:なし
・定休日:なし
・参照元:クロスロードふくおか

この記事のキーワード

関連記事