ITオンチの私でもわかった!MVNOと格安simをやさしく説明♪

「格安スマホにすると通信料が安くなる」。そんな噂を聞いて、格安スマホについてネットで検索してみたものの、画面上には「MVNO」や「格安sim」といった聞き慣れない言葉がいっぱい。結局何が何だかよくわからなくて、困惑している人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、「MVNO」や「格安sim」について基礎の基礎から解説していきます!

登場人物

illust_men

illust_women1

 

目次

MVNOとは

格安simとは

結局、MVNOと格安simで何ができるの?

キャリアからMVNOに乗り換えると変わること

MVNO・格安simで、スマホをもっとお得に使おう

MVNOとは

顔

最近よく聞く「MVNO」って一体何物なの?

顔

MVNOは、他社から通信回線を借り受けて、ユーザーにリーズナブルな値段でサービスを提供する事業者のことです。

MVNOの意味

顔

MVNO(エム・ブイ・エヌ・オー)とは、Mobile Virtual Network Operatorの略で、日本語では「仮想移動通信業者」と訳します。

顔

仮想移動通信業者…?日本語なのに意味がよく分からないわ。

顔

仮想移動通信業者というのは、簡単に言えば、ドコモやauなどのキャリア(移動体通信事業者)から通信回線を間借りしてサービスを提供している会社のことです。

顔

以前はドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアでしかモバイル通信を提供できませんでしたが、仮想移動通信業者の登場によって、他の会社でも提供可能となったんです。

顔

つまりMVNOというのは、通信設備を自社で持っているドコモのような会社から、回線の一部をレンタルして、ユーザーに通信サービスを提供している会社、ということね。

MVNOはなぜ安い?

顔

MVNOのデータ通信プランは、キャリアの料金プランよりもかなりリーズナブルな値段設定となっています。

顔

それは嬉しいわね。でも、どうして安くなるの?

顔

その理由は、通信施設の維持費や端末・サービスの開発費、実店舗にかかるコストなどがかからないためです。
MVNOでは、契約ユーザー数に応じて必要な分だけキャリアから回線をレンタルするので、無駄のない経営が成り立っているんですよ。

顔

通信施設の維持費って凄くお金がかかりそうだもんね。そういうコストがかからない分、ユーザーにも安い値段でサービスを提供できるんだね!

格安simとは

そもそもsim(simカード)とは何なのか?

顔

「格安sim」って言葉も最近よく聞くんだけど、これは何なの?

顔

先輩はsimカードって知ってますか?

顔

simカードって携帯に差し込む小さいカードのことでしょ?これが無いと通信ができなくなるって聞いたことがあるけど…。

顔

そうなんです。simカードには、端末で利用する電話番号などの重要な情報が書き込まれているので、カードが無くなってしまうと携帯電話で通信を行うことができなくなるんですよ。

格安simとは

顔

格安simは、MVNOで提供しているsimカードのことです。3大キャリアで提供しているsimカードよりもずっと安い値段で販売されているため、「格安sim」と呼ばれているんです。

顔

MVNOで売られているsimカード=格安sim、なんだね!

顔

はい。この格安simを、一定条件を満たしたスマホ・タブレットに挿入することで、MVNOを介したデータ通信が可能となります。
格安simは、家電量販店でも購入できますよ。最近は大手スーパーのイオンでも格安simを販売しているほどです。

「データ通信専用SIM」と「音声通話SIM」がある

顔

ところで、格安simには2種類あるって話を聞いたことがあるんだけど。

顔

「データ通信専用sim」と「音声通話sim」のことですね。
まず、「データ通信専用sim」は、名前の通りデータ通信のみに対応したsimです。音声通話はできません。ただし、LINEアプリなどで提供しているIP電話は利用することが可能です。

顔

一方、「音声通話sim」では090、080、070の番号で音声通話やSMSの送受信ができます。緊急電話や一部のフリーダイヤルへも発信できますし、MVNOによっては転送電話や留守番電話サービスを提供していることもあります。

顔

本格的な音声通話をしたい人には、音声通話simの方が良さそうだね。

関連するキーワード

カテゴリー