サイズ感に気をつけて♪スウェットで作る大人かわいいコーデたち

汗をかいても気にならず、適度な厚みがあるから着心地も抜群。スウェットは、伸縮性や吸汗性、そして防寒にまですぐれている、まさに現代がほこるスーパー素材です♪でも、快適なぶんラフに偏る傾向も否めません。そこで、大人女子にもオススメできるスウェットの大人っぽかわいいコーデをご紹介します。

パーカーでつくる、スウェットの大人かわいいスタイル

ファッション

出典元:ZOZOTOWN

フロントにファスナーのないプルパーカーは、カジュアルな印象のコーデにぴったり。スウェットはカジュアル寄りになるというイメージがあります。でも、パーカーは、フード部分がお顔まわりに陰影を作ってくれて、大人っぽいニュアンスが出しやすいです。さらに、全体をモノトーンでまとめれば、シックな雰囲気に。足元とボトムスを黒で引き締めれば、パーカーの大人かわいいスタイルが叶います。

 

ファッション

出典元:WEAR

コンパクトなサイズ感。袖丈も着丈もジャストか少し短めぐらいをチョイスすると、大人のスウェットパーカースタイルを簡単に作ることができます。大人かわいいスタイルは、サイズ感がとても大切。身幅はほどよいゆとり具合であるのに対して、フードは大きめでボリュームのあるデザイン。シンプルなデザインであれば、キレイめなくるぶし丈タックパンツと合わせるだけでもラフでカジュアルなコーデが完成します。ヒール靴と上品なバッグとの着合わせにもスウェットプルオーバーパーカーは大活躍です!

 

スウェットワンピースで大人かわいいコーデ

ファッション

出典元:WEAR

スウェットワンピを大人っぽく着こなしたいとき、ポイントとなるのはほどよい露出。大人かわいいスウェットコーデは、膝丈のワンピで。膝下、肘下、そして首元の鎖骨あたりに素肌で抜け感を出せるデザインのものを選ぶと着こなしやすくなります。スウェットワンピは、思いっきり脱力したゆるさが出せるとより大人らしい雰囲気に仕上がります。袖をたくしあげて、ポインテッドトゥ靴を合わせて、シックな味付けを。

 

ファッション

出典元:MAGASEEK

気取らない大人の女性らしさが出せるスウェットワンピースは、膝丈くらいの長さを選ぶとほどよくカジュアルにコーデしやすいです。スウェットワンピは、着心地が良くて快適なのが魅力ですが、ゆったりとしたシルエットやざっくりとした生地感のために、すこしラフすぎなイメージになってしまうこともあります。だらしない印象を与えてしまわないように注意したいのがサイズ感です。身幅にゆとりのあるサイズがトレンドですが、袖幅や袖口は幅狭めのデザインを選ぶと大人っぽい着こなしが楽にできます。袖をたくしあげるようにしたり、足元に白をもってきたりして、抜け感をつくってコーデしましょう。カレッジプリントのカジュアルなワンピなら、黒やネイビーなどダークカラーを選んで。そんなふうに抜け感と引き締めをうまく作ると大人かわいいコーデに仕上がります。

 

スウェットスカートは腰回りをタイトに

ファッション

出典元:ZOZOTOWN

マキシ丈のスウェットスカートは、合わせるアイテムによってはとても大人っぽく着こなせます。スウェット独特の柔らかさやリラクシーな雰囲気は、カジュアルさがキワだちますが、トップスをコンパクトにまとめることでバランス良くコーデできます。トップスにテラコッタカラーなどの明るめ色を使ったり、チェックシャツを腰巻きすると、ほどよいアクセントに。ダークトーンのスニーカーで足元を引き締め、コンパクトなヘアスタイルでさっぱりと。

 

ファッション

出典元:MAGASEEK

子どもっぽくなりがちな膝丈のスウェットスカートを大人かわいく履きこなすには、タイトシルエットがマストです。全体がぼやけたイメージにならないように、柄トップスや差し色カーデでアクセントをつくりましょう。スカートの選びかたは、腰まわりがすっきりとしているもの。ウエスト部分にはゴムだけではなく、紐も付属しているとサイズ調整が楽なのでおすすめ。足元に、アクセントとなるサンダルをもってきたり、黒のクラッチなどの小物でコーデを引き締めましょう。

 

スウェットトップスでエフォートレスに

ファッション

出典元:WEAR

エフォートレスシックなスウェットコーデには、ボトムスにフェミニンなアイテムを合わせるとステキ。スウェットトップスのサイズ感はジャストに近いものを選んで、ボトムスのフレアラインとの違いをキワ立たせると、大人シックな雰囲気が出しやすくなります。ニット帽で高さを出したり、足元ヒールでスタイルアップしたり。ファッション小物で大人っぽさを出して、コーデしましょう。

 

ファッション

出典元:Pinterest

スウェットをデニムと合わせると、ラフなコーデにありがちなイージーなスタイルになりがちです。大人かわいいコーデにするためには、大ぶりのアクセサリーや、ハードな印象のヒールパンプスなどを合わせて。デニムもスキニーなスリムシルエットのものを合わせながら、女性らしいラインを強調しましょう。抜け感のあるエフォートレスなコーデでありつつも、モードなスタイルに仕上がります。

 

カテゴリー