ちょっと懐かしいが最旬!レトロムードたっぷりの秋のトレンドコーデ一覧♪

今年の秋冬もレトロが流行中。昨年から引き続きの小花柄やボウタイブラウスをはじめ、2016年注目は「ロングスリーブ」デザイン!秋冬のトレンドキーワードをチェックして、一足先に季節と流行を先取りしたコーディネートをお楽しみください。
pbook 2016.09.26

ポイントはシルエットと色使い!この秋トレンドのレトロコーデ

2016年秋冬も押さえておきたいレトロな着こなし。ボルドーやマスタードなどの色使いから、小花柄やチェック柄、さらに今期はシルエットにも注目!ハイウエストのロング丈や、新トレンドの「ロングスリーブ」など知っておきたいキーアイテムをまとめてみました。お気に入りのコーディネートを見つけて、さっそく挑戦してみてくださいね♡

①今年一番注目は「ロングスリーブ」

ロングスリーブって?

Rachelさんの「ベルスリーブ プルオーバー◆(IENA)」を使ったコーディネート

出典元:WEAR

今年の秋冬特に押さえておきたいトレンドアイテム「ロングスリーブ」や「フレアスリーブ」のデザイン。手が全部隠れてしまうくらい長い袖が特徴です。存在感のあるルックスなので、色味や柄はシンプルなものが多く、合わせるアイテムを選ばないのもうれしいポイント。一枚持っているだけで旬な着こなしが叶うアイテムです。

上品な素材がポイント

Suzyさんの「《予約》ジョーゼットボンディング スリットブラウス◆(IENA)」を使ったコーディネート

出典元:WEAR

キレイな素材がポイントのこちらは、柔らかな質感が女性らしさをアピールします。ゆったりとしたシルエットに、ニットスカートのラフな雰囲気、スニーカーで軽やかな足元で程よくカジュアルダウンされています。全体的にふんわりとしたカラーコーディネートですが、ブラックのスニーカーで引き締め効果もありますね。

フレアなラインが印象的

NBB STAFF03さんの「フレアスリーブチュニックニット(NATURAL BEAUTY BASIC)」を使ったコーディネート

出典元:WEAR

指先に向かってフレアに広がるシルエットが印象的なニット。少し指が見える長さが絶妙で、女性らしい華奢な雰囲気を演出してくれますね。レトロなマスタードの色味が暖かく、クラッチバッグの素材やシューズのスウェードとマッチして秋冬らしいスタイリングに仕上がっています。

フレア×タイトがレトロな雰囲気

kanaさんの「ELIN ボリュームフレアスリーブプルオーバー(ELIN)」を使ったコーディネート

出典元:WEAR

とことんエレガントに仕上がったコーディネート。たっぷりとスカートのようなフレアが存在感のあるトップスに、タイトなスカートが女性らしいラインを演出しています。ウエストはしっかりとマークされ、メリハリのあるシルエットに。ポインテッドとスタッズがエッジの効いた足元で、洗練された着こなしです。

②レトロを盛り上げる「ベレー帽」

秋らしい色使い

miho🅰ニコさんの「ボリューム袖ミラノリブニット(couture brooch)」を使ったコーディネート

出典元:WEAR

キャメルのトップスにキャメルのベレー帽、ブラックのフレアスカートは広がり方によって表情を変えるデザインで、秋らしいカラーとこだわりのアイテムでフェミニンなコーディネートに仕上がっています。足元も黒の靴下とエナメルのレースアップシューズでまとめられ、統一感のあるスタイリングですね。スモーキーなブルーのファーバッグがアクセントになっています。

カーキとボルドーの組み合わせ

yukiさんの「FLUFFY FUR BAG(AMERI)」を使ったコーディネート

出典元:WEAR

ハードなライダースと、存在感バツグンの大きなファーバッグが印象的なコーディネート。カーキのベレー帽に、ブラウンのトップス、深いワインレッドのロングスカートと、落ち着いたトーンながらもたくさんの色を使ったスタイルは、ブラックのアウターとシューズでまとまりを演出している、技ありコーデです。

ロングスカートがどこか懐かしい

KANAMATSUIさんの(BY MALENE BIRGER)を使ったコーディネート

出典元:WEAR

間隔の空いたボーダートップスに、パキッとした色味がインパクトのあるロングスカートを合わせたコーディネート。ヘアアクセサリーのように被ったベレー帽が更にレトロな雰囲気を漂わせます。小物はブラックで統一され、赤いスカートが映えるスタイリングですね。

チェックスカートとも相性抜群

miisuuzuukiiさんの(GU)を使ったコーディネート

出典元:WEAR

ニット素材のようなかわいらしいベレー帽に、大柄のチェックスカートが相まってレトロな雰囲気です。少しスリットの入ったようなデザインと、斜めに走るブルーのラインでスタイルアップ効果抜群。トップスをはじめ、小物類はブラックでまとめてレトロな中に大人っぽさを感じるコーディネートです。

③小花柄

ヴィンテージ感がたまらない

ぐっさんさんの「BAND COLLAR FLOWER OP(MOUSSY)」を使ったコーディネート

出典元:WEAR

しっかりと首元が詰まったデザインと、小花柄を大胆にあしらったロング丈が懐かしさを感じるワンピースです。一枚で存在感のあるアイテムなので、小物は色味を押さえてブラックで統一。ローカットのレースアップシューズをチョイスすると、よりスッキリとしたラインを演出できそうですね。

ライダースジャケットをオン

OGATAさんの「チャンキーヒールブーツ(HARE)(HARE)」を使ったコーディネート

出典元:WEAR

エンジ色をベースにした花柄のロングスカートにライダースジャケットを合わせてスパイスをプラス。足元のブーティもエナメル素材で、アウターの質感とマッチしていますね。インナーにしたトップスは少し袖の長いもので、ジャケットからチラ見えする着こなしが今年らしいです。

マスタードカラーがレトロ

ぽんさんの「ウーレンクォーター プルオーバー◆(Spick & Span)」を使ったコーディネート

出典元:WEAR

マスタードカラーに小さな花柄がデザインされたスカート。ボルドーのファーバッグとマッチして秋らしく、そしてレトロな雰囲気です。トップスとシューズはブラックで揃え、全体的に引き締まった印象ですね。

パフスリーブが差のつくポイント

おりこさんの「WEGO/サテンプリーツスカート(WEGO)」を使ったコーディネート

出典元:WEAR

こちらも首元がしっかりと詰まったデザインのレトロなシャツ。パフスリーブも印象的で女性らしいラインを演出してくれていますね。少し光沢のあるようなプリーツロングスカートも雰囲気バツグンで、色使いや柄の使い方など、お手本にしたい技がたっぷりです。

この記事のキーワード

関連記事