休日はベイサイドで楽しもう!福岡・ベイサイドプレイス博多、観光満喫ガイド

福岡の海の玄関である博多埠頭。その博多埠頭旅客ターミナルと一体化した複合商業施設「ベイサイドプレイス博多」をご紹介します。海に面したこの施設では、アクアリウムやクルーズ船のほか、特産品などを取り揃えたショップやグルメスポットなど見どころいっぱい!また、温泉施設もあるのでゆっくり過ごしたい人にもおすすめです。
pbook 2016.09.26

都市と港が交わる場所 ベイサイドプレイス博多とは

福岡の海の要所である博多埠頭。ここは、壱岐・対馬、五島航路など国内の定期航路や、市営渡船のターミナルがあり、韓国・釜山港行きの高速船やフェリーが運行する中央埠頭とともに福岡の海の玄関です。その博多埠頭に1991年にオープンした複合商業施設がベイサイドプレイス博多です。

2010年に「都市と海辺が交わる場所」としてリニューアル。ショッピングやグルメはもちろん、タワーやミュージアム、四季を通じてのお祭りイベント、温泉施設も加わり、いつ誰と来ても素敵な感動に出会えるとっておきのコミュニティプレイスとして愛されるスポットです。

地元民だけでなくアジアの各地から多くの人が訪れるようになりました。

【基本情報】
・住所:福岡県福岡市博多区築港本町13-6
・アクセス:天神、博多駅から西鉄バスで約15分、「博多ふ頭」下車すぐ、または「国際センターサンパレス前」下車徒歩5分
・TEL:092-281-7701
・営業時間:店舗による
・定休日:店舗による
・HP:ベイサイドプレイス博多

ロードトレインに乗って海辺のお散歩を楽しむ

ベイサイドプレイス博多と福岡国際ターミナル(中央埠頭)の間を走る無料のロードトレインに乗ってみませんか? 時速5kmでゆっくりゆらゆら、片道約15分の海辺のお散歩が楽しめます。

乗車サービス券をお持ちの方優先です。乗車前にベイサイドプレイス博多内のミルキーウェイ、湾岸市場、または国際ターミナルの案内所で乗車サービス券をもらいましょう。

潮風に吹かれながら景色を楽しめますよ。日曜日と祭日に運行します。運行日・運行ダイヤについてはベイサイドプレイス博多のホームページをご参照ください。

ベイサイドプレイス博多のシンボル! 圧巻のアクアリウム

アクアリウム

出典元:Instagram

ベイサイドプレイス博多のシンボルといえば、施設の中央にあるこのアクアリウムでしょう。直径約9m、高さ約8mの巨大水槽の周りにはオープン当初よりいつも人が集まっています。

水槽内には大きなエイやウミガメをはじめ、トラフザメやコブダイ、鮮やかなキンギョハナダイに700匹のルリスズメダイなど30種類3,000匹の魚たちが泳いでいます。

中でも体長2mのウミガメやエイは人気者。ゆっくりと泳いでいる姿はなかなかの圧巻ですよ。優雅に泳ぐ魚たちの姿に癒やされます。

博多港のランドマーク 博多ポートタワーと博多湾ベイサイドミュージアム

博多ポートタワー

出典元:Instagram

博多埠頭にそびえる高さ100mの博多ポートタワーは博多湾のランドマークです。1964年に建てられたこのタワーは、東京タワーや名古屋テレビ塔を手掛けた内藤多仲氏による設計で、レーダーや無線通信などで博多湾を出入りする船舶の管理を行っています。

おすすめは地上70mのところにある展望室。なんと無料で登れるのです。360度のパノラマビューが楽しめますよ。

博多ポートタワーの足元にあるのが博多湾ベイサイドミュージアム。展示や模型、映像コーナーやコンテナクレーン体験ブースもあり、楽しみながら博多湾が果たしている役割を学べますよ。

【基本情報】
・住所:福岡市博多区築港本町14-1
・TEL:ポートタワー 092-291-0573、ミュージアム 092-282-5811
・開館時間:ポートタワー10:00~22:00、ミュージアム10:00~17:00
・料金:無料
・定休日:なし
・HP:博多湾

この記事のキーワード

関連記事