簡単なのにふわっふわ♡パンケーキはホットプレートで作るのがベストみたい♪

今話題のパンケーキ!お店のようなあの食感は、なかなか真似できないものですよね。そんなふわふわなパンケーキがおウチで簡単にできちゃうとしたら、いかがでしょう!?今回は、パンケーキをふわふわにするコツからおすすめレシピ、さらにはおすすめ器具まで、一挙にご紹介しちゃいます。
pbook 2016.07.04

ふわふわなパンケーキを作るコツ!


出典元:instagram
朝食やオヤツの定番、パンケーキですが、最近では専門店も増えて「家で手軽に食べられるもの」という感覚から、「外でおしゃれに食べるもの」という感覚へシフトチェンジしているように感じます。「自分で作ると、お店のようにふわふわにならない!」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?実は、ほんの少しのコツを覚えるだけで、お店のようにふわふわのパンケーキを自宅で作ることができるのです!

ふわふわの秘訣はマヨネーズ!?


出典元:http://www.muen-genen.com/
聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、生地を作るときにマヨネーズを少量混ぜると、驚くほどふわっふわになるのです!作り方は簡単。いつものパンケーキを作る要領で、卵と牛乳を混ぜます。そこにマヨネーズを大さじ1入れて、かたまりがなくなるまでよく混ぜます。まずここまでが、ひとつめのポイントです。

生地は混ぜすぎないこと!


出典元:http://muryoku-hatsuden.com/
そしてここも重要なポイントなのですが、ホットケーキミックス(もしくは粉類)を加えたら、混ぜすぎないように注意しましょう!ぐるぐるとかき混ぜるのではなく、さっくりとかき混ぜるイメージです。粉っぽさがなくなり、少しダマが残っている程度で混ぜるのをやめます。さっくりとかき混ぜることによって、程よく空気を含んでふっくらふわふわなパンケーキになるのです。

じっくり弱火で火を通すにはホットプレートが最適!


出典元:http://39.benesse.ne.jp/housekeep/
ここが最後のポイントです。ホットプレートを弱火で熱し、温まったところに生地を流し込みます。火力は強くせず、弱火でじっくり焼きます。表面にフツフツと気泡が見えてきたら、ひっくり返して反対も同じようにじっくり焼きます。時間があるなら、両面で大体15分くらいかけて焼くと、ふわふわに仕上がりますよ。フライパンだと場所によって温まり具合が変わってしまいますが、全体にまんべんなく火が通るホットプレートなら、きれいに仕上がるので、ご自宅にある方はぜひ使ってみてください。

できあがり♪


出典元:instagram
これで、できあがりです。「マヨネーズの味はしないの?」と言う声も聞こえてきそうですが、大丈夫!マヨネーズの味はせず、ふわふわの食感だけが味わえますよ。では、ポイントをおさらいしてみましょう。ポイント1、牛乳と卵にマヨネーズを大さじ1混ぜる。ポイント2、粉を入れたらさっくり混ぜる。ポイント3、ホットプレートを弱火にしてじっくり時間をかけて焼く。この3つのコツを抑えるだけで、あの有名店のようなふわふわ食感のパンケーキがおウチでも味わえてしまうのです!

ホットプレートで作るふわふわパンケーキレシピ!


出典元:instagram
上記では、マヨネーズを生地に加えたレシピをご紹介しましたが、そのほかにもパンケーキをふわふわにする材料がたくさんありました!以下にまとめてみましたので、いろいろ試してお好みのパンケーキを開発してみてくださいね。

ホットプレートで簡単パンケーキ


出典元:instagram
ホットケーキミックスは使わず、メレンゲとドライイーストを使うことでふわふわ食感を実現したパンケーキです。「メレンゲ」と聞いただけで、ふわっふわで幸せな味を想像してしまいますよね!メレンゲパンケーキを体感してみたい方は、ぜひ一度お試しあれ。

笑顔がご褒美♪もっちりパンケーキ


出典元:http://www.recipe-blog.jp/
こちらもホットケーキミックスは使わないレシピですが、ポイントはヨーグルト!ヨーグルトを入れることで、ベーキングパウダーとヨーグルト酸が働き、ふわふわ食感を味わえます。プレーンヨーグルトを使用することで、さっぱりとヘルシーなパンケーキを召し上がることができます。甘さが物足りないと言う方は、メープルシロップやハチミツなどをトッピングしてみてはいかがでしょうか。

子どもと一緒に、お絵かきパンケーキ


出典元:instagram
お子様のオヤツに最適なレシピです!キッチンで作って出すのではなく、お子様と一緒に作りながら、いろいろな絵を描いて楽しめるのが良いですね。BRUNOホットプレートのマルチプレートを使っているので、小さくて厚みのあるふわふわパンケーキができあがります。ホットプレートを活用して、ぜひ絵心の限界に挑戦してみてはいかがでしょうか。

おしゃれすぎるBRUNO(ブルーノ) コンパクトホットプレート!


出典元:http://www.rakuten.co.jp/
このおしゃれなホットプレートBRUNO(ブルーノ)は、テレビや雑誌でも取り上げられている人気商品なので、見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。コンパクトながら250℃まで温度調整が可能で、さらにこのホーロー風のおしゃれなデザインが「ホームパーティーに最適!」と、世の女性たちから絶大な支持を集めています。

マルチプレート(別売り)でプチパンケーキはいかが?


出典元:http://www.rakuten.co.jp/
「パンケーキはホットプレートで焼くのがおすすめ!」と前記しましたが、このホットプレートはまさにパンケーキを焼くのに最適です。付属の平プレートで普通サイズのパンケーキを焼くも良し、この別売りのマルチプレートでプチパンケーキを作っても良し、さまざまなバリエーションを楽しむことができます。マルチプレートで焼いたパンケーキを使って、どら焼きやハンバーガー風パンケーキなどのアレンジを加えることもできるので、おすすめですよ。

パンケーキ型(別売り)もかわいい!


出典元:http://www.rakuten.co.jp/
こちらも別売りですが、型に生地を流し込んで焼くことで、こんなにおしゃれでかわいいパンケーキができてしまうのです!型はシリコン素材になっていて、ほかのホットプレートやフライパンでもお使い頂けるので、ちょっとした贈り物として型だけをプレゼントしても喜ばれそうですね。

ホームパーティーにおすすめ!


出典元:http://idea-onlineshop.jp/
BRUNO(ブルーノ)は、これ一台でパンケーキだけではなく、さまざまな料理を楽しむことができます。レシピの幅が広がり、簡単なのに料理上手に見えてしまうかもしれませんよ!?また、A4サイズ程度の大きさなので、人が集まるホームパーティーなどでも場所を取らずにコンパクトに置くことができます。

おウチでもふわふわパンケーキで幸せの味♪

お店のパンケーキももちろん美味しいですが、おウチにいながらも、あのふわふわ食感を味わえたらすてきですよね?今回のレシピやコツ、器具などを参考にして、ぜひご自宅でもお店さながらのパンケーキに挑戦してみてくださいね。ご自宅が、一気におしゃれカフェに大変身してしまうこと間違いなしですよ!

この記事のキーワード

関連記事