シリアルパッケージでDIY!エコでおしゃれな収納ボックスの作り方

朝食に食べるシリアル。そのシリアルボックスは食べた後どうしていますか? 今回は、ふだんゴミとして捨ててしまうシリアルボックスをエコに再利用するDIY術をご紹介します。気軽にトライできる収納ボックスの作りかたを3つまとめてみました!
pbook 2016.09.26

シリアルを食べたらはボックスを取っておこう!

cereal

出典元:Instagram

朝食にぴったりなシリアル。そのパッケージそのまま捨てていませんか?

今回は、普段がゴミになってしまうシリアルボックスをおしゃれな収納ボックスに変身させるDIY術を3つご紹介します。

あっという間にできちゃうので、ぜひチェックしてみましょう!

シリアル収納ボックスその1: マガジンフォルダーが作れる

普段は買うような収納ボックスが、シリアルボックスで簡単に手作りできちゃうんですよ!

最初のDIY術は「マガジンフォルダー」。シリアルボックスをカットしたりラッピングペーパーで包むだけでできちゃう、とってもおしゃれなマガジンフォルーダを作ってましょう。

 

用意するもの

用意するのもふたつだけ。

使いたいシリアルボックスと、100均やクラフトストアなどで購入できるラッピングパーパーだけです。

ラッピングペーパーは、ペーパーの裏がシールになっているものを選ぶとこの先の工程が楽になりますよ。

作り方

用意しておいたシリアルボックスをマガジンフォルダーの形にカットするので、まず切りやすいようにラインを引いてておきます。

ボックスの横部分をラインを描きます。この時、ボックスの上部分から5cmほどのところを目安に線を引きましょう。

 

反対側のサイド部分も同じようにまっすぐラインを引いていきますが、こちらはボックスの底部分できるだけ近いところに線を描きます。

底から役10cmほど離れたところを目安に描いていきましょう。

 

ボックス両サイドに線を引き終わったら、その横の線をつなげるようにフロント部分にもラインを引いていきます。

ボックス全てのサイドに線を引いたらカッターで切り落としていきましょう。

 

ボックスをカットすると、このような形になります。

マガジンフォルダーらしいシルエットになりましたね!

形を作ったら、用意しておいたラッピングペーパーを広げて、ボックスがすっぽりかぶさるように配置します。

 

ラッピングペーパーは、ボックス底部分のスペースを余分にとっておくと、このように折ってラッピングすることができます。

全体的にボックスのサイズよりも大きめに、ラッピングペーパーで包むようにしましょう。

 

ボックスをすっぽり包んだら、余分なペーパーをカッターで切り落としていきます。ラッピングペーパーをピンっと張った状態で切っていくのがポイントですよ。

 

デスクにインテリアとして

使うラッピングペーパーの柄を変えれば、いろいろなマガジンフォルダーを作ることができます。部屋のイメージに合った自分だけのマガジンフォルダーをデスクに置いておくだけで、おしゃれなインテリア小物にもなりますよ。

シリアルボックスは、たいていマガジンやA4サイズのノートがすっぽり入るサイズなのでこのようにかさばりやすい雑誌やノートをまとめておくことができます。

 

シリアル収納ボックスその2:引き出しの仕切りケースに

細々した文房具や、イヤホンに書類など引き出しの中ってどんなに気をつけていても、片付けに悩むスペースです。

そんな悩める引き出し収納は、シリアルボックスを使ったDIY収納ボックスでお悩み解決しちゃいましょう!

 

用意するもの

用意するのは、使いたいシリアルボックスを最低4個と、カラフルなギフト用のラッピングペーパーだけ!

シリアルボックスの数は、引き出しのサイズにあわせて変わります。

作り方

まず引き出しのサイズにあわせてシリアルボックスを組み合わせていきます。

通常サイズの引き出しならだいたいシリアルボックスが横に4つフィットします。

縦にもボックスを並べたいときは、サイズの小さいシリアルボックスが1つフィットします。

 

引き出しに使うシリアルボックスを並べたら、そのままの状態で高さを調節します。

引き出しを閉めたときにボックスが引っかからないように、引き出しの高さよりも1-2cm短くボックスをカットしていきましょう。

 

お好みのラッピングペーパーでボックスの内側をカバーしていきます。ボックスの外側は、引き出しに入れると見えないので、ラッピングする必要はありません。

内側のラッピングは、ボックスによって柄を変えてもいいですね!

 

全てのボックスをラッピングしたら完成!

収納したいアイテムにあわせてシリアルボックスのサイズや配置を変えれば、カスタマイズの仕切りトレイができます。

 

引き出しの中がすっきり!

かさばりやすいマスキングテープや、イヤホンにスタンップなど、ボックスをうまく配置すればこんなにすっきりとした引き出し収納ボックスとして使えるんですね!

 

シリアル収納ボックスその3:書類や封筒もきっちり収納

書類や封筒って、引き出しにそのまま収納しておくと取り出しにくいし収納に困る文房具アイテムのひとつです。

取り出しやすい収納ボックスをシリアルボックスとマスキングテープで作ってみましょう!

用意するもの

用意するものは、サイズの同じシリアルボックスふたつと、お好みのマスキングテープ。

シリアルボックスをふたつ組み合わせる為、ボックスは幅が同じものを選びましょう。

作り方

シリアルボックスのフロント部分を斜めになるようにカットしていきます。

ひとつ目のボックスの右側はボックスのトップ部分のおよそ2-3cmのところから、左側はおよそ10cmのところで切るようにしましょう。

ふたつ目のボックスは、最初にカットしたものよりも高さが低くなるようにカットします。

 

 

シリアルボックスふたつをカットしたら、ボックスふたつを正面にした状態で重ね合わせます。その状態のまま外側をマスキングテープでぐるぐるとテーピングします。

 

マスキングテープの余分な部分をボックスの形にあわせて切り取っていきます。

封筒や書類が取り出しやすい収納ボックスに

サイズ違いのシリアルボックスを重ねてテープでとめるだけで、収納たっぷりの ペーパーフォルダーができちゃいます。これなら、封筒や紙も一枚ずつ簡単に取り出すことができますよね!

 

この記事のキーワード

関連記事