年中頼れるフランクアンドアイリーンのシャツ!秋冬おすすめコーデ集

たくさんのスタイリストが賞賛するフランクアンドアイリーン(Frank and Eileen)のシャツたち。シンプルな白シャツがもっとも有名ですが、キレイめのカラーシャツやストライプ、ネルシャツなどさまざまな生地で作られています。体に寄り添ったラインなので、秋冬にもインナーとして大活躍!
pbook 2016.09.27

秋冬こそ、フランクアンドアイリーン!

寒い季節、セーターやジャケット、ベストなどを着るとき、インナーには何を合わせていますか?薄手のカットソーやタートルなども候補ですが、大人女子らしいきちんと感を出すにはやっぱりシャツが理想的ですよね。でも、シャツをインナーとして合わせると脇下あたりがゴワゴワしたり、背中のシルエットがキレイに出なかったり、身動きがしづらくなったりと不都合を覚えることも多いのではないでしょうか。フランクアンドアイリーンは、そんなときにとても頼れるアイテム。体の動きを妨げないキレイなシルエットで、インナーとしてもかなり使えるんです!

黒セーターのインナーとして使う

黒セーターのパンツスタイル

パンツスタイル

出典元:WEAR

秋冬用に誰もが一つはもっている黒セーター。ヘビロテする方も多いのではないでしょうか。そしてコーデが楽なだけに、マンネリしてしまうという傾向もあります。そこで、フランクアンドアイリーンのシャツをインナーとして着てみると、顔色も明るくなりきちんと感も出せるのでおすすめ。フランクアンドアイリーンのシャツは、襟の大きさや袖丈・着丈などに配慮してあり、セーターと重ねて着用しても程よいバランスが出せるのが嬉しいところ。黒パンツと合わせてすっきり!

黒セーターのスカートスタイル

スカートスタイル

出典元:WEAR

モヘアセーターとシャツの組み合わせは、かなり難易度が高いので敬遠されがち。モヘアはふわふわした柔らかい素材なので、インに合わせたシャツがもたつき、結果としてキレイなシルエットが出せません。とくに大人の女性ならキレイに見せたい二の腕・ウエストまわりがモゾモゾしてしまいます。ところがフランクアンドアイリーンのシャツは、程よい柔らかさのある目の詰まった生地を使っているのでモヘアと合わせても大丈夫。襟幅を狭めにとっていることで、襟立ての着こなしにもしっくりきます。

ジャケットとシャツを合わせる

黒ジャケのインナーとして

黒ジャケット

出典元:WEAR

テーラードジャケットを羽織るなら、インナーには白シャツを着たくなるものですよね。でも、フロントあきの具合がしっくりこなかったり、妙に着丈が長くてバランスがとりづらかったりという悩みはつきものです。ジャケットをキレイに着るには、インナーになにを合わせるかということがとても大切。フランクアンドアイリーンの白シャツなら、すべての悩みを一気に解決してくれます!パンツを合わせたときに、タックインしなくてもだらしなくない長さなので重宝します。

ライダースのインナーとして

ライダース

出典元:WEAR

ハードなライダースジャケットをきてコンサバなイメージにコーデ。カッコいいのですが、肩肘張った感じで違和感が出てしまうというリスクがあります。キマり過ぎておかしいなと感じたときに、フランクアンドアイリーンのギンガムシャツを挟むととてもナチュラルな印象に。大人っぽいかわいらしさも出せるので、おすすめのコーデです。

スカートスタイルにもぴったり

ブロックチェックシャツ

ブロックチェックシャツ

出典元:WEAR

スカートスタイルにもフランクアンドアイリーンのシャツはしっくりなじみます。スカートに合わせるときには、甘すぎ防止のために格子が大きめのブロックチェックがおすすめ。ほんのり辛口も加わり、大人カッコいいオシャレが叶います。

ストライプシャツで女っぽいコーデ

ストライプシャツ

出典元:WEAR

色っぽいスカートルックに、ストライプシャツを合わせるスタイルはコーデの定番。今なら、ぜひタックインして腰まわりをすっきりさせて着こなしましょう。スカートはフレアやタックスカートもいいですが、ペンシルスカートなどのタイトなシルエットでクラッチバッグを合わせるとすんなりまとまります。細身のスカートは、シャツをインするとウエストあたりがもたつく心配がありますが、フランクアンドアイリーンなら大丈夫です。

この記事のキーワード

関連記事