ずっと使いたから。DANSKホーロー鍋のたった2つの簡単なお手入をチェック♪

北欧生まれのホーロー鍋「ダンスク鍋」。あらゆる料理に使えると今大人気のキッチンアイテムです。今回はダンスク鍋をすでに持っている方やこれから購入しようかな?と考えている方必見!ダンスク鍋を長く愛用するための正しいお手入れ方法をご紹介します。シンプルで簡単なお手入れ術は要チェックですよ!
pbook 2016.09.29

北欧雑貨好きに人気のダンスク鍋

dansk

出典元:Instagram

北欧生まれの「ダンスク鍋」ご存知ですか?

おしゃれなデザインとカラフルな見た目が魅力のこのお鍋、料理好きの主婦の方の間で人気のアイテムなんですよ。

今回はそんなDANSK鍋をずっと使っていける、簡単なお手入れ方法をご紹介します。適切なメンテナンスで長くダンスク鍋を楽しみましょう。

 

そもそもダンスク鍋って何?

そもそもダンスク鍋とはどんなものなのでしょうか?

可愛らしいころんとしたフォルムが特徴のダンスク鍋は「ホーロー」素材でできている鍋です。

金属製の鍋にガラス質の加工釉薬を高温で焼き付けているのが特徴で触るとガラス質のような肌触りですが、もとは金属質の素材でできています。

 

使いやすさが魅力!

dansk

出典元:Instagram

ホーローのダンスク鍋の特徴は、熱伝導の良さと焦げにくさ。さらに匂いや色移りのしにくさです。

他の鍋に比べて調理しやすいダンスク鍋は、さまざまな料理を楽しむことができます。コトコト煮込むような野菜スープや火加減が重要なご飯まで炊けちゃうんですよ。

 

お手入れ①やわらかいスポンジで洗おう

dansk

出典元:Instagram

さまざまな調理に使えるダンスク鍋。
便利なホーロー鍋もお手入れ次第では痛めてしまうことがあります。ここでは、大事なダンスク鍋を長く愛用するための洗い方をご紹介します。

 

使い終わったらやわらかいスポンジと洗剤で優しく洗おう

ホーロー鍋のダンスクを洗うときには、やわらかいスポンジでやさしく洗うのがポイント。

ホーローは硬いたわしや、金属製のスポンジでこすって洗うと表面にこまかい傷ができてしまい、のちのち小さなサビがつく原因になります。

しっかり洗いたいところですが、食器用洗剤と写真のようなやわらかいスポンジで丁寧に汚れを落としてあげることでずっと長く使うことができるんですよ。

 

dansk

出典元:Instagram

もともと焦げつきにくいホーロー素材でできているダンスク鍋。このくらいしっかり火を通して使っても、やわらかいスポンジを使って簡単に汚れを落とすことができます。

ゴシゴシとこすらなくてもスルッと汚れは落ちてくれるのでスポンジで洗うだけで十分なんですよ。

 

洗ったらしっかり乾かすのがポイント

DANSKのホーロー鍋のお手入れで気をつけたい一番のポイントは「よく乾かすこと」。使いやすいダンスク鍋ですが、唯一の弱点はサビ。

長い間水分が残った状態だとサビがつきやすくなり、一度サビてしまうと調理がしにくくなります。スポンジでやさしく汚れを落としたあとは、しっかりと水気をとりまししょう。

さらにダンスク鍋のふた部分はサビつきやすいので特にしっかりとふきんで水気を取るのがポイントです。

 

お手入れ②焦げつきが目立ってきたら重曹を使おう

もともと焦げつきにくいホーロー鍋のダンスクですが、ずっと使っていると特にお鍋の外側が焦げやすくなります。そんな時に使える簡単なお手入れ方法をチェックしていきましょう!

 

重曹を使って簡単お手入れ!

ずっと長い間使い続けたダンスク鍋は、特に外側に焦げがつきやすくなります。特に直火にかける鍋の底面はこのように気をつけていてもコゲが目立つようになるので、定期的なお手入れが必要です。

 

そこで使うのが「重曹」。

鍋の外側の焦げを落とすときは、ティースプーン一杯分の重曹を水に溶かし、キッチンペーパーに染み込ませた状態でやさしくふき取っていきます。

何度かこの工程を繰り返すことで、コゲが目立っていた鍋の底面がこんなにつるりときれいな状態にもどるんですよ。

 

鍋の内側のコゲが気になるときは......

鍋の内側に使う際は、小さじ2-3杯の重曹を水に混ぜ弱火で10分ほど加熱をするだけでOK。

さらに食用油を1-2滴ほど垂らしておくことで汚れを落としやすくします。

汚れが徐々に浮いてきたら火を止めてお湯が冷めるまでそのままの状態にしておき、スポンジで普段のように洗うだけでコゲを落とすことができますよ。

 

この記事のキーワード

関連記事