コンフォートサンダルで作るエフォートレスシックな足元♪大人っぽいコーデ

ノームコア、エフォートレスシックなど、力の抜けた着こなしが年齢を問わず広まっています。そんな着こなしには、抜け感たっぷりのコンフォートサンダルを合わせれば間違いなし!サンダルで作る足元の大人っぽいコーデを、合わせるボトムス別にご紹介します。
pbook 2016.07.20

デニムを合わせてボーイッシュなスタイル

デニムサロペットでボーイッシュな着こなしに

サロペット
出典元:Style Cruise
ベーシックなコンフォートサンダルには、デニムを合わせれば一番しっくりおさまります。抜け感重視でデニムを選ぶなら、ホワイトがおすすめ。人気のサロペットパンツも、足を覆うボトム部分がスリムなシルエットのものを合わせるなら、大人シックなコーデに。ボーイッシュよりになりますので、ブレスレットできらめきをプラスしたり、後れ毛を出したヘアスタイルでツヤっぽさも。バッグや時計などのファッション小物をサンダルと同じ色で統一すればまとまりやすいです。

カットオフデニムのフリンジをリンクさせて

フリンジデニム
出典元:WEAR
正統派のコンフォートサンダルに、切りっぱなしのフリンジデニムを合わせて抜け感を。ゆったりしたリラックス感のあるワンピースを、デニムの上に重ねて女子感もプラス。デニム裾とバッグの長めフリンジ、そしてネックレストップにもフリンジを使ってリンクさせて。旬の雰囲気を出しつつ、コーデに統一感が出ます。ワンピースだけでは抜け感過多になってしまうところに、デニムをはさむことでうまくナチュラルっぽさも出て、オシャレなコーデに仕上がっていますね♪

スカートでフェミニンに女子らしく

カーキのフレアラインスカート

カーキプリーツスカート
出典元:WEAR
プリーツスカートのようなグッドガールなアイテムとコンフォートサンダルを合わせるならソックスをさせば簡単。投入したいスカートは、黒やグレー、カーキなどのダークカラーを選んで、それに合わせたカラーソックスを。トップスに合わせたTシャツは、ゆるめのサイズをチョイスして、スカートにイン。身幅はゆったり、ウエストまわりはすっきりさせましょう。スカートのふわっとしたシルエットや、足元のボリュームで全体に重さが出るので、ヘアスタイルはアップなどして軽めに。

心地良い麻のプリーツスカート

プリーツスカート
出典元:ZOZOTOWN
細かくたたまれたプリーツが、まるでふんわりとしたギャザーのような雰囲気のスカート。このスカートのように、麻やコットンなどの天然素材で作られたスカートはナチュラル感がたっぷりで、着心地も抜群。そして女子らしさもさりげなくアピールできます。爽やかなブルーのボーダーカットソーと合わせれば、マリンルックにも。エフォートレスな気取らないコーデの仕上げには少し背伸びしたレザーバッグがお似合い。足元のサンダルとカラーリンクさせて。

細身のキレイめパンツで大人マニッシュに

ストライプパンツでマニッシュコーデ

ストライプパンツ
出典元:BAYCREW'S
素足で履いたホワイトのコンフォートサンダルに、太めのストライプパンツを合わせる大人コーデ。ストライプが太幅であることで、よりマニッシュな雰囲気が出ます。全身をモノトーンでまとめるべく、トップスには黒のアイテムを。足元の白と、手元のバッグ、そして頭にかぶった帽子は色をリンクさせて統一感をはかることが重要。シガレットパンツを選べば、女らしいシルエットが出ますので、コンフォートサンダルでも、十分に色めきのあるコーデに仕上がります。

ベージュのタックパンツと合わせた大人コーデ

ベージュパンツ
出典元:WEAR
薄いベージュの2タックパンツはしっかりとしたチノ生地を選べば、落ち着いた大人な雰囲気に。深めに入った2タックがつくる今っぽいテーパードラインは、膝下がよりすっきり見えします。そこへ、コンフォートサンダルで抜け感をプラスするには、ぜひ素足で。トップスに白を選ぶとさわやかさが加味されて、とても好印象です。タックパンツの上品さと、コンフォートサンダルのラフさがほどよくマッチしてとてもこなれたコーデに。

揺れる裾ラインを楽しむキュロットコーデ

黒のキュロットパンツ

黒のキュロット
出典元:WEAR
黒のエフォートレスなサンダルは、どんなスタイルにもしっくりきます。たとえば、キャミワンピや、キュロットなどを重ねたトレンドっぽい着こなしにもぴったりです。裾幅が広いワイドなキュロットは、それ自体が重みのあるアイテムなので、足元のコンフォートサンダルと相性抜群。揺れるネックレスや、きらめくアクセとコーデして、女らしさもアピールしましょう。

ホワイトのキュロットパンツとさわやかコーデ

スリッパサンダル
出典元:ZOZOTOWN
コンフォートサンダルのなかでも、足首のストラップがないスリッパタイプのものは、より抜け感が多め。そんなスリッパサンダルを大人っぽく着こなすには、ゆったりとしたシルエットのキュロットがおすすめです。ヘルシーでエフォートレスシックなコーデのためには、ボトムスを淡色系でさわやかにまとめてみましょう。ネイビー×ホワイトでマリンルック風にカラーコーデしたら、仕上げはゴールドの太めバングルでツヤをプラスして。

この記事のキーワード

関連記事