春夏にこそ投入したい!コーデを格上げするストールの使い方特集

ストールはけっして秋冬だけのものではありません。春夏にこそ、使えるアイテムなのです。明るい太陽の光に映えるビタミンカラーや、簡単にこなれ感を醸し出せる渋みのあるカラーなど。ストールをうまく投入していけば、いつものコーデが見違えますよ!春夏ストールのいろんな使い方を特集します。

コーデの幅をグっと拡げてくれる春夏ストール

ストールは、コーデを格上げしてくれる優秀なファッション小物です。お顔まわりに使えば、顔を明るくみせてくれますし、首から掛けて垂らすように使えば、大人っぽい抜け感も醸し出せます。カラーや素材によって使い分ければ、いろんなテイストのコーデに用いることができてとても便利。春夏だからこそのストールコーデ案をご紹介します。

お顔まわりにストールを!配色の冒険を楽しむ

首元に大きめのストールをぐるっとひと巻きする

コーデ

出典元:WEAR

ツルっとした素材感の、ペイズリー柄ストールをお顔まわりにぐるぐると巻きつける。すると、簡単に小顔効果が狙えます。ビタミンカラーやパステルなどの明るい色をもってきたくなる位置なのですが、ベージュ地の色味は肌色をキレイに見せてくれるから春夏にはぴったり。ストール以外を黒メインでまとめてみると、大人シックな着こなしが叶います。ストールのボリュームを活かすには、シンプルなIラインコーデがおすすめ。足元にはフラットサンダルなどで抜け感を出すことをこころがけて。

柄のストールを首にひと巻き

コーデ

出典元:BLOGLOVIN’

シルクの大判ストールは、自分に合うお気に入りのものをいくつか揃えておくと良いですね。顔を明るくみせてくれる柄ものを選べばいろいろ使えて便利です。春夏に投入する柄ストールは、グリーンやオレンジなどのビタミンカラーを使ったものが一番!白ベースのコーデにも、明るい色でアクセントがつくれますし、シルクなら品があり、かつ記憶に残ります。ハンサムな印象のパンツスタイルに、黒パンプスを合わせて、そこへ上品な柄ストールを首巻きすれば、今どき感も抜群です!

ストールの首掛けで脱力感を投入

プリーツ入りのシワ感ストールを使って

プリーツ入りのシワ感ストール

出典元:WEAR

見るからに柔らかな素材感の多色プリーツストール。ベースとなるグレーに、ブルーグレーを配色した大人っぽい色味のものをチョイスすると、簡単にシックな着こなしが叶います。ストールを首掛けしたコーデは、裾が腰まわりでユラユラ揺れて、女っぽい表情を出してくれるので、どんなコーデベースでもフェミニン寄りに仕上がります。合わせるアイテムは、ストールとリンクした色のワンピや黒のサンダルなどを選んでシンプルにまとめることで、ストールの存在感をアピールしましょう。

元気な色で抜け感をプラス

元気なカラー

出典元:WEAR

ブルーと白といった爽やかな組み合わせに、イエローやオレンジ、グリーンのビタミンカラーをプラスしたストール。太陽の光に映えそうな配色は、春夏の首掛け候補にぴったりです。派手な色目で使いづらそうにも見えますが、Tシャツとデニムに合わせるといったスタンダードな着こなしにグっと華やぎをプラスしてくれるので、大助かりのアイテム。足元は素足にコンフォートサンダルで抜けのある女らしさを出せば、大きめバッグを合わせても重々しくなりません。

肩掛けするならキレイ色で!

全身黒の差し色としてキレイ色のストールを

キレイ色ストール

出典元:WEAR

ガーゼのような素材感の目の粗いストール。フリンジも長めでユラユラ揺れる感じがフェミニンな印象です。全身黒のスタイルは、キリリと引き締まった雰囲気が出せますが味気ない印象にもなりかねません。そこへ、淡めのキレイな色をストールで投入することで、抜けのある都会的なコーデにまとまります。

柄ストールもキレイ色をチョイス

キレイ色柄ストール

出典元:WEAR

ストールの肩掛けコーデをオシャ見えさせるには、柄ストールでもキレイな発色のものを投入するのがおすすめ。ブルー系地色なら、清涼感があって春夏のストールとして使い回しが効きます。柄は大柄のほうがはっきりとした明るいイメージに着こなせます。柄ストールを投入するときは、ストールの存在感をきちんとアピールできるように、ベージュワンピなどオーソドックスな色味を合わせて。足元は無難な色をチョイスするとGood!洋服と同色か、あるいは肌馴染みの良いベージュがおすすめです。

カテゴリー