化粧下地で透明美肌を手に入れよう!基本の化粧下地の塗り方教えます♡

肌悩みをファンデーションやコンシーラーで隠している人は多いと思います。でもその悩み、化粧下地でカバーできるって知っていますか?肌の凹凸だけじゃなく、くすみやムラ、化粧もちまでよくする化粧下地!!今回は、透明美肌の土台、そんな地味に凄い化粧下地について調べてみました。基本の塗り方から化粧下地の種類までご紹介します。
pbook 2016.10.08

肌の透明感は化粧下地できまる!!化粧下地とは?

化粧下地

出典元:Pinterest

化粧下地は、スキンケアの後に顔に付ける化粧のことです。顔の色むら、くすみなどをカバーして肌を均一に仕上げてくれる化粧の基礎。化粧の土台を作る一番大切な部分です!!

自己流でしている人も多いと思いますが、ベースメイクによって化粧持ちや肌の透明感がグッと変わってくるのを知っていますか?ベースメイクの基本をおさらいして肌美人を目指しましょう!!

地味にスゴイ!!化粧下地の役割とは?

化粧下地の効果

出典元:Pinterest

1. 毛穴やシミをカバーする。
2. ファンデーションの密着をよくする。
3. 肌の色むらを均一にする。
4. 肌のキメを整える。
5. 毛穴にファンデーションが落ち込むのを防ぐ。
6. メイク落としの際にメイクを落としやすくする。

化粧下地の効果はこんなにもあるんです。今までコンシーラーやファンデーションで厚塗りをしていた人も、化粧下地を薄く重ね塗りするだけで、シミやシワが目立たなくなるので試してみてくださいね。

下地を塗る前に、まずは基礎化粧で下準備を

基礎スキンケア

出典元:Pinterest

化粧下地を塗る前にやること、それは基礎スキンケアです。基本は、洗顔→化粧水→美容液→乳液→日焼け止め→化粧下地の順番で行いましょう。

化粧持ちや化粧ノリを良くするためにも保湿はしっかりと!!保湿をすると化粧が崩れてしまうと思う人もいるかもしれません。それは間違いです!

保湿不足だとお肌は水分が足りないと勘違いして過剰に皮脂を出してしまいます。過剰に出た皮脂によって化粧崩れが起きないように保湿はしっかりと行いましょう。

基本の化粧下地の塗り方

1. 両ほお・額・あご・鼻の頭の5箇所にパール一粒分つづのせる

下地の塗り方

出典元:Pinterest

化粧下地を各箇所に目印として乗せてあげると、ムラになりにくく均一に化粧下地を伸ばす事ができます。

化粧下地は塗りすぎると顔が白く見え浮いてしまいます。必ず適量を守るようにしましょう!化粧下地の適量は基本的にはパール粒大です。

2. 両側の頬から伸ばしていく

下地ほおからのばす

出典元:http://roseyou.jp/

まずは両側の頬から伸ばしていきます。中指、人差し指、薬指の第2関節くらいまで使って指全体で顔に馴染ませます。

3. 鼻筋部分と小鼻まわりに伸ばす

鼻筋

出典元:Pinterest

鼻筋から小鼻にかけて優しく伸ばしていきましょう。小鼻の毛穴がきになる人は、毛穴を埋めるように手の指でポンポンと押さえると毛穴が気にならなくなります。

4. 額から髪の生え際にのばす

おでこ 塗り方

額の部分は、髪の生え際に向かって伸ばすとムラなく伸ばせます。

5. あごの部分を円を描くようにのばす

顎の部分  塗り方

あごの部分は、フェイスラインに沿って円を足描くようにくるくると伸ばしましょう。円を描くように伸ばす事でムラなく伸ばせます。

6. フェイスラインを伸ばし、なじませる

なじませる

出典元:http://roseyou.jp/

フェイスライン全体を手の腹軽く弾ませながら伸ばして馴染ませます。この一手間で、ファンデーションの乗りがよくなり化粧崩れがしにくくなります。

7.目元部分を伸ばす

目元を伸ばす

出典元:http://roseyou.jp/

目元や口周りは薄く、優しく塗ることが大切です。動きが激しい場所は、化粧下地を塗った後のファンデーションがヨレやすいので、下地は薄く塗り、丁寧に馴染ませましょう。

8.最後はスポンジで仕上げて

綺麗に仕上げるポイント

出典元:Pinterest

キレイにな仕上がりのポイントは、最後にスポンジを使って化粧下地をなじませことです。スポンジが、余分な化粧下地を吸い取ってくれ、肌への密着も早くなります。

この記事のキーワード

関連記事