肌の悩みはコントロールカラーで解決!!基本の使い方教えます♡

コントロールカラーを試してみたいけどどう使えばいいか分からないという人も多いと思います。くすみや、クマなど肌のお悩みはコントロールカラーでカバーできるって知っていましたか?今回は、自分にあったコントロールカラーの使い方について基本からお教えします!コントロールカラーをうまく使いこなして透明美肌を手に入れちゃおう♡
pbook 2016.10.15

コントロールカラーって?

コントロールカラーとは

出典元:Pinterest

BBクリームやCCクリームの使用で化粧下地を使わなくなった人も多いと思います。

しかし、パーティーや結婚式など、きちんとメイクして出かけたい日は、化粧下地とファンデーションで仕上げた方が薄づきでキレイに仕上がるのを知っていますか?

化粧下地の中でもコントロールカラーは、お肌の悩みに合わせてカラーを選ぶことができるので、肌の凹凸だけでなく、くすみやクマ、肌に色ムラを目立たなくすることができます。

まずは準備!!自分にあったコントロールカラーは?

準備

出典元:Pinterest

自分に合うコントロールカラーがわからない場合は、調べてみましょう。

1. 顔全体が映る鏡の前に座る。
2. はっきりしたオレンジとはっきりしたピンクの折り紙を用意し、交互に口元に当てる。
3. 肌の色がパッと明るく見えたほうはどちらでしたか?
4. オレンジの色紙で肌色が明るい印象になった人はイエローベース、ピンクの色紙で同様に見えた人はブルーベースとなります。

一般的には、

1. イエロー:くすみを抑えてお肌を明るく見せる
2. ピンク:血色よく健康的に見せたい
3. オレンジ:目の下の茶グマ等を隠したい
4. グリーン:お肌の赤みを抑える
5. ブルー、パープル:お肌に透明感が欲しい

色別☆コントロールカラーの詳しい使い方

1.くすみカバーにはイエロー

くすみイエロー

出典元:Pinterest

・オススメな肌:肌が黄色い人。くすみ、シミ、そばかす、肌の色ムラ、クマなどの肌悩みがある人。

・注意事項:顔全体OK。シミ、そばかす、クマがひどい方は「部分使い」がGood!

とくに肌の悩みがわからないなという人や色選びに困った場合は、とりあえずイエローを選べば失敗しにくいです。また、小鼻(鼻横)の軽い赤みを抑えることも可能。

2.血色カバーにはピンク

ピンク

出典元:Pinterest

オススメな肌:青白い人、血色が悪く見える人。血色を良く見せ肌の色が明るくなります。青あざ、ほくろなどの傷を隠すのにも使えます。

注意事項:顔全体に塗ると赤ら顔になってしまうので部分使いがオススメです。

3.目の下、茶グマにはオレンジ

オレンジ

出典元:Pinterest

・オススメな肌:青白い人、血色が悪く見える人。肌のくすみがひどい・茶色くくすみがちな人、肌のたるみをカバーしたい人にオススメです。若々しい印象になります。

・注意事項:顔全体に塗ると赤ら顔になってしまうので部分使いがオススメです。

4.赤みやにきび跡にはグリーン

グリーン

出典元:Pinterest

・オススメな肌:肌の赤みがメイクでも隠せない、赤ら顔、りんご頬、ニキビ跡、小鼻(鼻横)に赤みがある肌にオススメです。

・注意事項:グリーンは赤みが気になるところに部分使いでぽんぽんと叩き込むように使ってください。顔全体に塗ると顔が白浮きしてしまい顔色が悪く見えてしまいます。また、黄色くくすみがちな肌もクリアにみせてくれる効果があります。

全体的にくすみが気になる場合、グリーンを塗ってみたものの白浮きが気になる場合は、小鼻の赤みなど、多少の赤みも抑えてくれる「イエロー」の使用をオススメします!

5.黄くすみ、シミには青みで中和するブルー

ブルー

出典元:Pinterest

・オススメな肌:黄色くくすんだ肌、青白いくすみをカバーするのにオススメです。黄くすみ消して澄んだ肌色に見せてくれます。色黒でナチュラルな白肌に見せたい人にもオススメです。

・注意事項:肌が色白の人は血行が悪く見えてしますのでオススメできません。

コントロールカラーを塗る順番はいつ?

コントロールカラーの塗る順番はファンデーションの直前です!!

1. スキンケア
2. 日焼け止め
3. 化粧下地or全体用コントロールカラー
4. 部分用コントロールカラー
5. ファンデーション

の順番になります。部分用コントロールカラーを使う場合は、必ず化粧下地を塗ってから使ってください。

この記事のキーワード

関連記事