悩んだらこのお土産を。大人に喜ばれる宮崎のグルメお土産10選

青島や高千穂峡のパワースポット巡りから帰ってきたら、おいしいお菓子を食べながら観光地の土産話に花が咲く! そんなシーンに欠かせない、宮崎旅のお土産を10品ピックアップしました。
pbook 2016.07.11

1. なんじゃこら大福 | 宮崎市内に7店舗

なんじゃこりゃ大福

出典元:Instagram

ずっしりと重いおまんじゅう、中身はあんにくるまれて、まるごと栗・イチゴ・チーズが入っています。「なんじゃこらー!!!」と驚いてしまうこの大福は、お菓子の日高の看板メニューです。生菓子なので、お土産店に並んでいるわけではありません。来県したゲストから「気になっている和菓子があるのですが、店舗まで連れて行ってもらえませんか?」と、指名買いが多数! 空港近くの店舗は売り切れている場合がありますので、事前にお問い合わせをしてご購入ください。

◯店舗情報
店 舗:お菓子の日高 本店
住 所:宮崎県宮崎市橘通西2-7-25
電 話:0985-25-5300
営業時間:9:00~21:00
公式サイト:お菓子の日高

2. 長饅頭 | 午前中で売り切れる

長饅頭

出典元:Instagram

宮崎銘菓物産展などに出典していることもありますが、基本的には店舗で午前中には売り切れてしまうほどの人気です。わざわざ買ってきていただいたのだと、県民なら手土産にうれしい、高岡名産の「長饅頭」。やわらかい求肥につつまれた棒状のまんじゅうは形状もめずらしく、でも当日中に食べないとすぐ固くなってしまいます。旅行で来県したならば、最終日朝イチで入手して、お帰りになってからご自宅でお茶を入れながらお召し上がりください。

◯店舗情報
店 舗:長饅頭
住 所:宮崎県宮崎市高岡町高浜2674-1
電 話:0985-82-3366
営業時間:7:30~売り切れまで
食べログ:長饅頭

3. 南国屋今門のチーズ饅頭 | これぞご当地お土産

チーズ饅頭

出典元:Instagram

宮崎の和菓子店ならどこでも製造しているといってよいほどの定番「チーズ饅頭」の本家は、小林市駅前にある南国屋今門です。製造直後のサクッとした食感も、少し時間をおいてしっとりした食感も、よい味わいです。チーズ臭さはまったくないクリーミーな舌触りです。お味は、シンプル・抹茶・チョコなど店舗により工夫がこらされています。生菓子ではありますが、日持ちがするよう個別パックで、さらに冷凍対応している店舗も多いので、お近くの和菓子店でお問い合わせください。宮崎市内からえびの高原へお立ちよりの際は、ぜひ南国屋今門へお立ち寄りください。

◯店舗情報
店 舗:南国屋今門
住 所:宮崎県小林市本町67
電 話:0984-22-3074
営業時間:8:30~21:00
食べログ:南国屋今門

4. つきいれ餅 | ご当地フルーツ日向夏入り

つきいれ餅

出典元:Instagram

秋篠宮殿下が宮崎に来県されたおり、献上された「つきいれ餅」。小豆・日向夏・ミルクの味がありますが、おすすめは日向夏です。日向夏は宮崎特産の柑橘類で、さわやかな風味が口のなかに広がります。

◯店舗情報
製造元:金城堂本店
住 所:宮崎県宮崎市橘通東2-2-1
電 話:0985-24-4305
営業時間:10:00~17:00
Faceboookページ:金城堂本店

この記事のキーワード

関連記事