お花も花瓶も大切。リサラーソンの「ワードローブ」花瓶で彩りの生活を♪

個性的なアニマルモチーフの陶器が有名な「リサラーソン」。北欧雑貨を家に置きたい方がこぞって揃えるアートなインテリア小物を手下げている陶芸家のリサですが、花瓶もデザインしているって知っていましたか? 今回はリサラーソンがデザインするおしゃれな花瓶「ワードローブ」シリーズをご紹介します。花瓶に合わせたいおすすめのお花の挿し方も一緒にチェックしていきましょう!
pbook 2016.10.11

デザインにあわせて花を飾りたくなる花瓶

アニマルモチーフのかわいいインテリア陶器が有名な「リサラーソン」。

でも彼女の有名作品はインテリア小物だけではないんですよ。

今回はリサラーソンが手がける陶器花瓶「ワードローブ」をご紹介します。

おしゃれでかわいらしい花瓶と、ワードローブ花瓶に合う花の選び方もチェックしていきましょう。

 

リサラーソンの「ワードローブ」シリーズ:ドレス

バタフライスリーブのロングドレスが、とってステキな「ドレス」。

エレガントで清楚なドレスをそのまま花瓶にした、とってもかわいらしいデザインですよね。

ネックラインの部分に花を挿して飾ることができます。

 

色は定番人気のホワイトカラーに、
淡いスカイブルーと濃いブルーの3つ。

全部並べて置いて、グラデーションカラーを楽しむのもいいですよね!

 

ドレス花瓶におすめの挿し方その①:一輪挿しがおすすめ

キレイな三角形のシルエットが特徴的なドレス花瓶。

ボリュームのある花束を飾るよりも、
一輪挿しでシルエットを活かした飾り方をする方が花瓶がよりキレイに見えますよ。

花瓶の色はどんな花にも合わせやすいニュートラルなカラーなので、鮮やかな花を一輪挿しにして楽しんでみましょう。

 

ドレス花瓶におすめの挿し方その②:バラの一輪挿しでフェミニンなイメージ

vase

出典元:Instagram

エレガントでフェミニンなドレスをデザインした花瓶なので、

飾る花も、鮮やかなで豪華なタイプのものを選んでみましょう。

おすすめは、バラの一輪挿し。
一輪だけ挿しても、バラの華やかさとドレス花瓶のエレガントさが際立っていますよね。

 

リサラーソンの「ワードローブ」シリーズ:ベスト

ドレスデザインの次に人気なのが、こちらの「ベスト」花瓶。

ドレスタイプと比べると、しっかりと思っみがあるデザインが特徴の花瓶です。

ナチュラルで温かみのある色味なので、どんな花とも相性がいいのが嬉しいところ。

 

ナチュラルなカラーは、他のワードローブシリーズの花瓶とも相性抜群です。

ベスト花瓶は、背丈が低めなので丈の高いドレス花瓶と一緒に飾ってバランスをとるのもおすすめです。

花を飾らなくてもインテリア小物として使えるのも魅力ですよ。

 

ベスト花瓶におすめの挿し方その① 丈の低い花を飾ろう

ベスト花瓶は、他の花瓶と比べると背丈が低めです。

なので飾る花はできるだけ背丈の低いものを選ぶと失敗することなく、

バランスよく花を飾ることができます。

 

ベスト花瓶におすめの挿し方その② 花びらにボリュームのあるものも素敵!

vase

出典元:Instagram

ずっしり感のあるベスト花瓶は花びらにボリュームのある花を合わせると、バランスよく飾ることができます。

ガーベラやポピーなど、花弁が大きめも花束を挿して華やかさをプラスしてみましょう。

 

リサラーソンの「ワードローブ」シリーズ:スカート

こちらは「スカート」花瓶。

まるで実際に誰かがスカートを履いているような立体的なシルエットが特徴的ですよね。

爽やかでどこかアンティークな雰囲気のライトブルーを使った、清涼感あふれる花瓶デザインになっています。

 

vase

出典元:http://www.lbl.jp

横から見ると女性らしいスカートシルエットを楽しむことができます。キレイなカーブがデザインされていることで、花瓶がよりフェミニンでおしゃれに見えてきますよね。

ただの花瓶ではなく、シルエットにこだわりがあるのがリサラーソン花瓶の魅力のひとつです。

 

スカート花瓶におすめの挿し方その① ドライフラワーでクラシックに

アンティーク調のカラーが特徴的なスカート花瓶には、ドライフラワーを合わせて大人に仕上げるのがおすすめです。

色味のすくないドライフラワーも、鮮やかなスカートのブルーと縦にナチュラルに入ったストライプ柄が、

飾る花をより立体的に華やかに見せてくれます。

 

スカート花瓶におすめの挿し方その② ワイルドフラワーと相性がいい

普通の花瓶よりも背丈が低いので、小さめの花束を挿して楽しむのにぴったりのスカート花瓶。

中でもタンポポやカモミール、菜の花などのワイルドフラワー系の花との相性がいいんですよ。

ワードローブシリーズの花瓶の中では、部屋のイメージを壊すことなく、いろいろなコーディネートが楽しめる花瓶タイプです。

 

この記事のキーワード

関連記事