無印ユニットシェルフを活用したキッチン収納10パターン♪

便利でアイディア満載な収納アイテムが揃う無印良品。今回は、そんな無印でキッチン収納に便利だと大好評の「ユニットシェルフ」をご紹介します。キッチン収納の悩みどころをきっちり解決してくれるアレンジのしやすさと活用術をチェックしていきましょう。
pbook 2016.10.12

キッチン収納はカスタマイズしたい!

muji

出典元:Instagram

お気に入りの食器やキッチン雑貨を集めていると困ってくるのが「キッチン収納」。

でもキッチンって人それぞれ収納したいアイテムや、収納したい場所って違いますよね。

キッチンの収納はどれだけカスタマイズできるかが鍵なんです。

今回はキッチンを自分用に簡単にカスタマイズできちゃう大人気の収納アイテム、「無印のユニットシェルフ」の魅力とその活用術をご紹介します!

 

カスタマイズできる無印のユニットシェルフ

ステンレスユニットシェルフ・オーク材棚セット

こちらが主婦の間で大人気の収納アイテム「ステンレスユニットシェルフ」。

ぬくもりを感じられる木製の棚にサポート部分のフレームはステンレス製という、
異素材をミックスした無印らしいシンプルなユニットシェルフです。

 

ひとつひとつパーツがバラバラになるので他のパーツとの組み合わせがしやすく、

サイズもさまざまなのでキッチンのスペースに合ったシェルフを選ぶことができます。

 

ステンレスユニットシェルフ・ステンレス棚セット

 

熱くなるものや木製の棚だとシェルフが傷むアイテムを収納するときには、

全てステンレスでできたユニットシェルフもあります。

収納したいものに合わせて素材も変えられるのでとっても便利なんですよ。

 

キッチンのニーズに合わせたユニットシェルフ活用例

活用術その① パントリーコーナーとして使う

無印のユニットシェルフの一番の魅力は、ご家庭それぞれのキッチンのニーズに合わせた収納ができること。

もともと収納が少ないお家や一人暮らしのアパートには、こうやってユニットシェルフをパントリーコーナーとして使ってもいいですよね。

いつも使うんだけど大きくて収納できない炊飯器や、調理に必須だけど収納に困るボウルなども収納してみましょう。

 

活用術その②電化製品をまとめて収納

muji

出典元:Instagram

重さにも十分耐えられる耐久性のあるユニットシェルフ。

こんな風に重さのある電化製品だってたっぷり収納できちゃうんですよ。

毎日使う炊飯器やトースターオーブンに、本格派のオーブンまで全てまとめて収納できちゃいます。

さらにレシピ本や、キッチン小物だってカゴに入れて余ったスペースにしっかり収納!

ユニットシェルフひとつでこれだけ収納できるのは嬉しいですよね。

 

活用術その③ 並べてキッチンカウンター代わりに

muji

出典元:Instagram

ステンレス製のユニットシェルフは、汚れても掃除がしやすく扱いやすいのが特徴です。

こんな風にユニットシェルフを横にいくつか並べたら、キッチンカウンターとして使うことができるんですよ。

キッチンのスペースに合わせた長さのカウンターができるのは便利ですよね。

 

活用術その④ 食器棚として

muji

出典元:Instagram

冷蔵庫横の微妙に空いたスペースや、まだまだ収納できるスペースはあるんだけどぴったりな家具が見つからないとき、

無印のユニットシェルフなら、幅の種類が豊富なので隙間にぴったりはまるシェルフが見つかります。

こちらは背の低いシェルフに細めのシェルフを組み合わせて隙間スペースを埋めた活用術。

違うサイズのものを組み合わせて、キッチンのスペースに合ったシェルフを自分でカスタマイズできちゃいます。

 

パーツを組み合わせたアイディアユニットシェルフ活用例

ステンレス追加用ワイヤーバスケット

無印のユニットシェルフは、棚だけでなく他のパーツも追加してカスタマイズできるんですよ。

こちらはステンレス製の追加用ワイヤーバスケット。

無印のユニットシェルフのサイズに合わせてワイヤーバスケットのサイズも変更することができます。

 

活用術その⑤ 引き出しをつけてスパイスやカトラリー入れに

muji

出典元:Instagram

そのワイヤーバスケットをシェルフに取り付けた活用術です。

棚にそのまま収納するのが難しいカトラリーやガラスのジャーなどは、こうやって引き出し収納として片付けておくのがおすすめです。

 

ステンレス追加用ポリプロピレンバスケット

こちらもワイヤバスケット同様にユニットシェルフに追加できる、ポリプロピレンのバスケットです。

半透明なので、生活感のでる見せたくないアイテムを上手に隠して収納することができます。

 

活用術その⑥ 見せたくないパッケージものは半透明引き出しに

muji

出典元:Instagram

オーク材の棚とステンレスユニットシェルフに引き出しを組みわせた活用術です。

見せて収納してもいいようなお米ジャーや電化製品などはそのまま棚に、見せたくないアイテムは引き出しにしまい上手に収納されていますね。

引き出しに収納できない背の高いアイテムは、同じく無印のファイルボックスに入れて収納するのがおすすめです。

 

活用術その⑦ ガラス戸付きの食器棚と組み合わせ

muji

出典元:Instagram

こちらは無印の食器棚を組み合わせたなんともアイディア溢れる活用術。食器棚を取り付けるだけで、ガラッと印象もかわりますね。

引き戸をつけることで棚収納するだけでは安定感のない食器も、安心してユニットシェルフに収納することができます。

 

活用術その⑧ 長〜い作業場テーブル下収納に

muji

出典元:Instagram

キッチンにスペースがある方や、長いカウンタースペースがある方におすすめの活用術です。

長いカウンターの下のスペースをユニットシェルフを使って有効利用しています。

見せる収納棚にはいつも使う食器やキッチン雑貨を収納して、生活感のでるようなものや棚収納が難しいものは引き出しにしまっておくなど、

収納したいアイテムにあわせて棚や引き出しを自由に追加できるのは、無印のユニットシェルフだからこそなせる技ですね。

活用術その⑨ 引き戸や木の引き出しを組み合わせて

muji

出典元:Instagram

こちらは棚に引き出しに引き戸にと、あらゆるパーツを組み合わせた活用術です。

一番上は引き戸にすることで隠して収納しつつ、アイテムは取り出しやすいように工夫されています。

細かく分けて収納したいタオルやクロスなどはワイヤーバスケットに。

一番下の棚は低めにしてペットボトルを寝かせて収納できるようにカスタマイズされていますね。

 

活用術その⑩ ポリプロピレン引き出し収納と組み合わせる

muji

出典元:Instagram

棚収納ではなく全てのスペースを引き出し収納に使いたいときも、ユニットシェルフが大活躍しますよ。

普通の引き出しだとアイテムごとに収納するのは難しいですが、無印のポリプロピレン引き出しケースを組み合わせれば重ねて収納することができるので、

こんな風に細かい引き出し収納をすることができます。

 

この記事のキーワード

関連記事