週末、彼とどこいこう?私から提案する5つの東京水族館デート

「今度はどこにデートへ出かけようかなあ」と思ったときは、水族館をチェックしてみてはいかがですか?東京にある水族館は、かわいい海の生物と触れ合えたり、大迫力のショーを見られたり楽しみどころがたくさん。数ある中でも特におすすめしたい水族館をご紹介します。
pbook 2016.07.15

1. すみだ水族館 | スカイツリーで海の生物と触れあおう

すみだ水族館

出典元:Instagram

東京の名所「スカイツリー」の敷地内に位置する「すみだ水族館」。都会にいながら海の生物と間近で触れ合えることから、高い人気を呼んでいます。

5,000枚の鏡を敷き詰めた空間でクラゲが泳ぐ「クラゲ万華鏡トンネル」やサメをはじめとした迫力のある生物の姿を見られる「東京大水槽」など見所が多数。

1日いても飽きないと評判です。

大人限定の体験プログラムも楽しんで

すみだ水族館

出典元:Instagram

「すみだ水族館」の魅力的なところは、ただ見るだけでなく体験も楽しむことができる点。特に注目したいのが大人限定の体験プログラムです。

双眼鏡でペンギンの寝姿を見る「ペンギンワッチ」や、大水槽を双眼鏡で覗いてダイビング気分を楽しむ「ブルーナイトダイビング」など、バラエティ豊かなプログラムが充実。いずれも夜間に開催されるので、夜のデートにもぴったりです。

【基本情報】
住所:東京都墨田区押上一丁目1番2号 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
TEL:03-5619-1821
営業時間:9:00~21:00※入場受付は閉館の1時間前まで ※季節により変動あり
定休日:年中無休
HP:公式サイト

2. アクアパーク品川 | リニューアルしてパワーアップ!

アクアパーク品川

出典元:Instagram

品川駅から歩いてすぐの好立地にある「アクアパーク品川」。2015年にリニューアルされ、さらにパワーアップした水族館に生まれ変わりました。テーマは「音・光・映像」。

海の生物たちが生き生きと動き回る姿に音や光、映像で演出をほどこし、ほかでは見られない幻想的な空間を作り上げています。迫力のドルフィンパフォーマンスも必見。昼と夜の2バージョンがあるので、ぜひ両方見てみたいですね。

光と水の幻想的な世界観を楽しんで

アクアパーク品川

出典元:Instagram

カップルから人気を集めているのが「ジェリーフィッシュランブル」です。幅9m、奥行き35mという大空間には、ゆらゆらと泳ぐ幻想的なクラゲの姿。季節ごとに変わる音や光が空間内を満たし、ロマンチックな雰囲気になっています。思わず時間を忘れて見とれてしまいそうですね。

【基本情報】
住所:東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)
TEL:03-5421-1111(音声ガイダンス)
営業時間:時期によって異なるので、公式サイトをご参照ください。
定休日:なし
HP:公式サイト

3. しながわ水族館 | 1日をかけて巡りたい見所がたくさん

しながわ水族館

出典元:Instagram

品川でもう1つチェックしておきたいのが「しながわ水族館」。

アマゾンや東南アジアからやってきた珍しい魚が見られる「世界の大河から」や愛らしいアザラシに癒される「アザラシ館」など、さまざまな見所がたくさんあることで有名です。女性から人気を集めているのが「クラゲたちの世界」。水量や形状の違う4種類の水槽に4種類のクラゲを展示してあり、幻想的な姿を楽しめます。LEDを用いた光の演出も素敵。

青空の下でイルカショーを満喫

しながわ水族館

出典元:Instagram

開放的な「イルカ・アシカスタジアム」では、青空の下でイルカショーを見られます。ダイナミックな水しぶきをあげる様子は、迫力満点。ほかに、女性ダイバーと魚のパフォーマンスが素敵な「水中ショー」やアシカのユニークな芸がかわいらしい「アシカショー」など、多種多様なショーが見られるのが嬉しいポイントです。

【基本情報】
住所:東京都品川区勝島3-2-1
TEL:03-3762-3433
営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日:毎週火曜日、1月1日※祝日、春休み、GW、夏休み、冬休みは火曜日でも休まず営業。
HP:公式サイト

4. 葛西臨海水族園 | 約650種類の生物がお出迎え

葛西臨海

出典元:Instagram

47の水槽に、約650種類の海の生物が集まった「葛西臨海水族園」。特に人気なのが、水中と陸上の両方から見られるペンギンゾーンです。生き生きと泳ぎ回るペンギンや、陸上でお休みしているペンギンなど、さまざまな愛らしい姿を観察することが可能。建築家・谷口吉生氏が設計した独特なドーム型の外観も必見です。

元気に泳ぐマグロの姿を楽しんで

葛西臨海

出典元:Instagram

ペンギンゾーンに次ぐ目玉としてあげられるのが「マグロアクアシアター」。2015年にはここで飼育されていたマグロの大量死が話題になりましたが、今では新しいマグロが入り、元気に泳ぐ姿を見られます。群れをなして泳ぎ回るマグロの姿は、迫力満点!

【基本情報】
住所:東京都江戸川区臨海町6-2-3
TEL:03-3869-5152
営業時間:9:30~17:00 ※入園および入園券・年間パスポートの発売は16:00まで
休園日:水曜日(水曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)、年末年始(12月29日~翌年1月1日)
HP:公式サイト

この記事のキーワード

関連記事